ハロウィーン魔女

本でもすっかり定着したハロウィンですが、シーズンになるとあちこちで趣向をこらした仮装が見られますね。

今や様々な場所で、ハロウィンパーティーやイベントが開催されますが、ディズニーリゾートでも毎年ハロウィンのスペシャルイベントが開催されています。

それが、「ディズニー・ハロウィーン!」

見て楽しむだけでなく、様々なディズニーキャラクターの仮装で入場ができたりと、とっても夢いっぱい!

そこで覚えておきたい、ディズニーハロウィーン、2018の日程。そして仮装の期間やルールについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ディズニーハロウィン2018の日程は

ハロウイン

超ロング期間!

西洋では毎年10月31日に行われるハロウインですが、実は日本でハロウィンが広まったきっかけの一つが、「ディズニー・ハロウィーン」。東京ディズニーランドで1997年から開催されて、人気となったからなんです!

そんなディズニー・ハロウィーン2018の日程は次の通りです。

  • 開催日程:2018年9月11日(火)~10月31日(水)
  • 開催場所:東京ディズニーランド・東京ディズニーシー
  • 仮装OKの期間:2018年9月10日(月)~10月31日(水)

51日間もの超ロング期間、ディズニーリゾートがハロウィン気分で盛り上がります。ハロウィーンを先取りしたい人も、何度も行きたい人にとってもうれしいですね。

仮装OKな期間は?

ディズニー・ハロウィーンの仮装OKの期間は、9月10日(月)~10月31日までとイベント期間より1日長め。イベントが始まる前日から、ディズニーキャラクターのフル仮装を楽しめるので、こちらも先取りしたい人にはうれしいですね。

また今年もディズニーランド・ディズニーシーの、両方で仮装が楽しめますよ。

ディズニーハロウィーンの主なイベント・見どころ

主役はゴースト!

ディズニーハロウィンでは、毎年主役となるキャラクターが登場します。

今年の主役は、ちょっぴり怖いゴースト!あちこちでゴーストのデコレーションが登場し、びっくりさせながら楽しくイベントを盛り上げてくれます。

ディズニーランドの楽しみといえばパレードですが、こちらもゴーストが主役に。「スプーキー“Boo!”パレード」というテーマで、新しい仲間の誕生を祝ってパーティーを繰り広げるんですよ!

ミッキーマウスと仲間たちも、ちょっぴり怖いコスチュームで登場するのも見逃せませんね。

□ディズニーランド 2017 ハロウィン 【スニーク 初日初回】 パレード ハロウィーン・ポップンライブ

*2017年のものなので内容は変わりますが、楽しそうなパレードですね!

ヴィランが登場!

ディズニーシーでは「ザ・ヴィランズ・ワールド」と題して、クールでかっこいいハロウィンイベントが!普段は表に出てこないディズニー・ヴィランズ(悪者たち)が、ハロウィンでは主役となるんですよ。

ミッキーマウスたちも、こちらではヴィランズ風のコスチュームでちょっぴりワルな雰囲気に。ショーもヴィランズが大活躍するので、いつもと違ったディズニーシーが楽しめますね。

□ディズニーシーハロウィーン2017のヴィランズバナー

*ディズニーシーのあちこちに、ヴィランズモチーフが隠れているんですよ!

限定スペシャルグッズも!

ディズニーハロウィンでは、毎年限定のスペシャルグッズがたくさん販売されています。

2018年も、東京ディズニーランドでは「スプーキー“Boo!”パレード」をモチーフとしたぬいぐるみバッチをはじめとして、75種類のグッズが発売される予定。またディズニーシーでは、ヴィランズ風の限定グッズが発売予定です。

クールでかっこいいアイテムは珍しいので、遊びに行ったら手に入れたいですね!

スポンサーリンク

ディズニーハロウィーン、仮装のルールについて

仮装できるキャラクターについて

仮装する準備

ディズニーハロウィン期間中の仮装ですが、いくつかのルールが設定されています。

まず、仮装出来るのは、ディズニーキャラクター限定。ですので、他のアニメキャラクターの仮装をしてはいけません。入場ができなくなりますので注意してくださいね。

対象のディズニーキャラクターについては、次の通りとなります。

  • ディズニーの映画・実写を含む番組・ゲームに登場するディズニーキャラクター
  • 東京ディズニーランド・シーに登場するディズニーキャラクター
    (アトラクションに登場するキャラクターを含みます)
  • 東京ディズニーランド・シーでのパレードやショーなどプログラムに出演するダンサーや出演者
    (過去実施分も含みます)

例えば、「ミッキーマウス」や「くまのプーさん」、「アナと雪の女王」の「アナ」や「エルザ」、「ズートピア」の「ジュディ・ホップス」は、ディズニーキャラクターなので当然OKです。

実写映画の場合も、「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、毎年男の子に人気の仮装テーマですね。変わったところでは「スターウォーズ」シリーズも、実はディズニーキャラクターなので仮装していいんです。

「このキャラクターは仮装できるの?」と疑問に思われる場合は、「東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター(0570-00-8632)」に直接問い合わせてみると確実です。

また、仮装対象作品はこちらで確認できますよ。
ディズニーの「仮装対象作品」(2018年)

魔女と対面

仮装で気をつけたいこと

ディズニーキャラクターの仮装をそのまま再現する場合に気をつけたいのが肌の露出のこと。肩紐がなくて肩が出ていたり、太ももや胸元が見える衣装だと、入場を断られてしまいます

お子様にティンカーベルの衣装を着せる場合、厚手のタイツなどでお肌の露出を控えましょう。

またピストル・刃物などの小物は持ち込めないので、ジャック・スパロウになりたい人は気をつけたいですね。

それに、極端に顔の色を変えるようなフェイルペイントも、入場を断られる場合があります。マレフィセントの仮装を考えている人は、気をつけてください。ワンポイントのフェイスシールや、ハートなどの書き込みはOKですので、その程度にとどめましょう。

魔女がたくさん

入園時に気をつけたいこと

着替えは着いてからと考えている方は、入場口近くにある着替えスペースを利用しましょう。園内のトイレや、物陰などでの着替えやメイクは厳禁です。

また、衣装によっては危険防止のために、アトラクションに乗れない場合があります。大きい髪飾りなどをしていると、他のお客様の邪魔になるため外すことを求められる場合もあります。

アトラクションを楽しむ場合は、外せるものは外してから楽しみたいですね。

関連記事:

マナーを守って楽しいハロウィン!

ディズニーハロウィーン2018は、とっても楽しいアトラクションがいっぱい。長く楽しめるのもうれしいですね。

フル仮装でぜひ楽しみたいものですが、それが恥ずかしいなら、ディズニーキャラクターの衣服だけを真似する事から始めませんか?例えば、アナの普段着なら、上に1枚羽織れば露出も少なめですし可愛いですよ。

夢の国だからこそ、守るべきルールもあります。しっかり仮装のルールを守って、楽しいハロウィンを過ごしましょう!