の暑い季節などに、良くニュースのお天気コーナーで、「暦の上ではもう秋なのですが…」というフレーズを耳にしますね。

カレンダーを見てみると、そんな暦で季節を表す「季語」がいくつも見受けられます。有名なところでは、春分・秋分・夏至・冬至など・・・そんな中、あまり知られていないと思われるのが、
「処暑(しょしょ)」

「処暑」は夏の終わりの頃にあたりますが、暦の上でも季節を表す重要な意味を持っています。

2017年の処暑はいつ頃なのか、処暑の意味や食べると良い食材について、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

処暑とは

夏がおさまる

syosyo1

処暑(しょしょ)とは、二十四節気の一つ。

二十四節気とは、1年を季節ごとに二十四等分したもので、農作業では現在でも使われています。

処暑が表すものは、夏の終わり頃です。処暑の前の二十四節気は「立秋」。暦の上では、立秋から秋へと移行していき、処暑の頃に、だんだんと暑さがおさまるとされています。

台風特異日?

また処暑の頃は昔から、台風が来やすい時期とされてきました。

・二百十日  (立春から数えて210日目。9月1日頃)
・二百二十日 (立春から数えて220日目。9月11日頃)
とともに、台風特異日とも言われています。

これには根拠がないと言われていますし、統計的にみても処暑の頃はそれほど台風が多い訳ではありません。

ですが、昔からの知恵は馬鹿にはできません。急な悪天候があるかもしれないと備えておくと安心ですね。台風でなくても、激しい夕立は暑い時期にはよくあること。出かけるときは、折りたたみの傘を忍ばせましょう。

2017年の処暑の時期は

syosyo2

2017年の処暑は8月23日(水)です。二十四節気はその年によって日付は変わりますが、処暑に関しては、2023年までは8月23日となっています。

処暑の期間は、8月23日から9月6日まで。次の節気「白露」までの期間となります。

更にその次の節気「秋分」へと向かい、暦の上でも実際の季節も秋へ変わっていくんですね。

まだまだ残暑

秋へ向かっているとはいえ、現在の暦と多少のずれがあるため、実際の処暑のあたりはまだまだ暑い時期

暦や礼儀の上では処暑の前にあたる立秋から残暑とされていますが、実際には処暑あたりからが残暑と言えますね。

暑中見舞いのはがきを出し忘れていた場合は、処暑が終わる前に出してしまわないと礼を欠くことに。「残暑お見舞い申し上げます」の一文を添えて、出し忘れていた方へはがきを送りましょう。

スポンサーリンク

処暑の頃に食べられるものは

まだまだ暑い「処暑」は、夏バテを起こしやすい時期でもあります。夏バテで食欲が落ちると、ちょっとした気温の変化で体調も崩れやすくなってしまいますね。

そこで、処暑の頃に美味しく元気になるものを食べて、元気をチャージしてみませんか。

さんま+大根の黄金コンビ

syosyo3

処暑の頃から店頭に並びだす、秋の代表的な味覚といえばさんまです。新鮮なさんまは、脂も乗っていますし、塩を振って焼くだけでジューシーで美味しいおかずの出来上がりです。

新鮮なさんまならではですが、中のワタごと焼いて食べるのがオススメ!でも、苦味もあって苦手な人も多いのではないでしょうか。

実はワタにはビタミンが含まれていて、さんまの身と一所に食べると効果的に体に吸収されるんです。しかも、新鮮なさんまでしたら、ワタの苦味も薄いので、一緒に食べればあまり気になりません。

どうしても気になる場合は、さんまによく合う「おろし大根」に醤油をたらし、一緒に食べてみましょう。端箸が止まらないほどの美味しさで、いつの間にか食欲不振も吹っ飛びますよ!

□さんまの焼き方

*こちらの動画では、さんまを途中で半分に切ってますが、きれいにひっくり返せるなら切らなくても大丈夫です。

嫁もなすを食べよう

syosyo4

この時期に旬を迎える野菜といえば、茄子(ナス)も忘れてはいけません。

「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがありますが、あのことわざは意地悪な意味だと思っていまんか?そういう意味もありますが、「美味しくて食べ過ぎたら体が冷えるから控えて」という優しさでもあるんですよ。

それぐらい美味しいナスですが、実際に水分をたっぷり含むので、暑い夏に体を冷やす効果もあります。
まだまだ暑い時期ならば、食べて内側がから涼しくなって暑さを乗り切るのもいいですね。

  • 焼き魚コンロで焼いてから皮をむき、生姜とお醤油でいただく焼きなす
  • 切れ目を入れて素揚げにしてから、甘辛いタレにじゅっとつける煮浸し
  • カレーに入れても、トマトと一緒に煮込んでも、お漬物にしてもナスはとても美味しいです。主役にも脇役にもなってお財布にも美味しいナスを、たっぷり頂きたいですね。

    関連記事:ナスに含まれる栄養と効能とは?「茄子は栄養が無い」は嘘?

    まだまだ暑い処暑…

    の上では秋へと向かっているとはいえ、実際はまだまだ暑い季節の処暑

    体調管理も気をつけたいですが、食中毒もまだまだ気をつけないといけない時期です。

    美味しい食べ物で元気になろうとしても、台所をきれいにしてないと食中毒の原因にもなりかねません。調理器具はしっかり洗ってきちんと乾燥させ、調理した料理は常温で放置することは避けましょう。

    きれいな環境で美味しく料理を頂いて、元気に処暑を乗り切って秋を迎えたいですね