二十四節気の春の季節

レンダーを見ていると、漢字2文字で「夏至」「冬至」「春分」「秋分」・・などと書かれてる日がありますよね?夏至や冬至は知っていても、芒種や処暑になってくると、読み方からして迷うことも。

月に2度ほど登場するこれらの漢字2文字の言葉は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」というもの。季節に深い関わりのあるものですし、今でも参考になるものなんですよ!

そこで、二十四節気の意味やそれぞれの一覧、また二十四節気の名前の覚え方について紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

二十四節気の意味とは?

季節をわかりやすく

二十四節気の春から夏の時期

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、一年を二十四等分にしてそれぞれの季節に名前をつけたもの。古代中国で生まれましたが、その後日本に持ち込まれ、現代まで伝わっているんですよ。

二十四節気が成立した時代は、月の満ち欠けをもとにした「太陰暦」が使われていました。

しかし太陰暦は、季節とズレが生まれやすい欠点が。そこで季節に合わせた二十四節気が誕生し、こちらを参考にするようになりました。

ただし現在の暦である太陽暦と合わせた場合、1ヶ月程度の季節のズレが。そのため「暦の上では春ですがまだ寒いですね」と、ニュースなどで言われてしまうんですね。

二十四節気の一覧

二十四節気の秋

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれ6つにわけられているため、合計すると24つの区切りがあります。

それぞれに二十四節気としての名前がつけられていますが、その日付は毎年同じではなく、1~2日前後するので注意してくださいね。

そんな二十四節気を、2018年の日付も含めて、順に紹介します。

季節 二十四節気 日にち 記事リンク
現在の暦では 2018年
日にち
立春
りっしゅん
2月4日・5日 2月4日
暦の上では、この日から春の季節。
雨水
うすい
2月18日・19日 2月19日
雪が雨に変わる頃という意味。
啓蟄
けいちつ
3月5日・6日 3月6日 啓蟄
土が温まり、冬眠していた虫が出てくる季節。
春分
しゅんぶん
3月20日・21日 3月21日
昼と夜が同じ長さの日とされ、春の中間地点。
清明
せいめい
4月4日・5日 4月5日
全てが美しくなる時期で、また草花が咲く時期。
穀雨
こくう
4月20日・21日 4月20日 穀雨
春の最後の時期で、穀物の成長を助ける雨が降る時期。
立夏
りっか
5月5日・6日 5月5日 立夏
暦の上ではここからが夏の季節で、夏の気配が立ち始める日。
小満
しょうまん
5月21日・22日 5月21日 小満
万物が一定の大きさまで成長する時期のこと。
芒種
ぼうしゅ
6月5日・6日 6月6日 芒種
コメなどのイネ科の種まきをする目安になる時期のこと。
夏至
げし
6月21日・22日 6月21日 夏至
一年で一番昼が長い日とされ、夏の中間地点。
小暑
しょうしょ
7月7日・8日 7月7日 小暑
暑さが近づく頃。
大暑
たいしょ
7月22日・23日 7月23日 大暑
晴れが続いて気温が上がる頃で夏の最後の時期。
立秋
りっしゅう
8月7日・8日 8月7日 立秋
暦の上ではここからが秋。
処暑
しょしょ
8月23日・24日 8月23日 処暑
暑さがだんだんと収まって来る頃。
白露
はくろ
9月7日・8日 9月8日 白露
朝晩が冷えてきて、草木に露がつく時期。
秋分
しゅうぶん
9月23日・24日 9月23日 秋分
昼と夜が同じ長さの日とされ、秋の中間地点。
寒露
かんろ
10月8日・9日 10月8日 寒露
草木の露が寒さで凍りだす時期。
霜降
そうこう
10月23日・24日 10月23日
霜が降り出す時期のことで、秋の最後の時期。
立冬
りっとう
11月7日・8日 11月7日 立冬
ここからが冬の季節で、冬の気配が立ち上がる時期。
小雪
しょうせつ
11月22日・23日 11月22日
わずかながら雪が降り出す時期のこと。
大雪
たいせつ
12月7日・8日 12月7日
激しく雪が降り出す時期のこと。
冬至
とうじ
12月21日・22日 12月22日 冬至
一年で一番夜が長い日とされ、冬の中間地点。
小寒
しょうかん
1月5日・6日 1月5日 小寒
寒さが最も厳しくなる時期の始まり。
大寒
だいかん
1月20日・21日 1月20日 大寒
寒さが最も厳しい時期で、暦の上では冬の最後の時期となる。

スポンサーリンク

二十四節気の覚え方

二至二分・四立・三大小と語呂合わせから

二十四節気を順番通りに覚えるのは、なかなか大変です。

まずは順番を気にせず、「二至二分」「四立」「三大小」の14個の名前を先に覚えましょう。

言葉 二十四節気
二至二分
(にしにぶん)
・冬・春・秋
四立
(しりつ)
春・夏・秋・
三大小
(さんだいしょう)
暑・暑、雪・雪、寒・

二至二分と四立をあわせた8つを「八節」とも呼びます。

以上いずれも、漢字2文字のうち、

  • 最後の文字「至」「分」
  • 始めの文字「立」「小」「大」

…になり、特に冬の季節は、立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒と、全てそろっているので覚えやすいですね。

これ以外の10個、雨水・啓蟄・清明・穀雨・小満・芒種・処暑・白露・寒露・霜降に関しては、語呂合わせがあります。

薄いけいちゃんは、清明に告(こく)る。
(雨水)(啓蟄)      (穀雨)

消  防  署  は、 乾  燥。
(小満)(芒種)(処暑)(白露)(寒露)(霜降)

やや強引ですが、何度か唱えると意外と覚えられるもののですの、ぜひ暗記して乗り切りましょう。

二十四節気の冬の季節

各月の二十四節気の名前に関連して

各月に二十四節気は2つありますが、それらを並べた上で、月ごとに意味を関連付けると覚えやすいですよ。

月(新暦) 二十四節気 覚え方
1月 小寒・大寒 小→大へ、寒さが厳しくなっていく
2月 立春・雨水 春が近いので、薄い服の準備をしよう
3月 啓蟄・春分 虫が這い出して、いよいよ春本番
4月 清明・穀雨 生命の、雨で穀物が実る
5月 立夏・小満 夏が近づき、生気あふれる息吹が小さく満ちる
6月 芒種・夏至 防臭が必要になる夏本番
7月 小暑・大暑 小→大へ、暑さが厳しくなっていく
8月 立秋・処暑 秋が近い、しかしまだ暑い
9月 白露・秋分 露が白く、いよいよ秋本番に
10月 寒露・霜降 露が寒く、霜が降りはじめる
11月 立冬・小雪 冬が近い、小雪が舞いはじめる
12月 大雪・冬至 大雪が振り、冬本番を迎える

季節に合わせて

十四節気は1年を24等分にして、それぞれに名前をつけたもの。聞きなれないものもありますが、春分・秋分などおなじみなものも多いですよね。

それぞれに季節や気候に関係した素敵な名前があり、手紙の冒頭の挨拶にもうってつけ。一度に全ては覚えづらいですが、暗記や語呂合わせで季節の時期をあわせてゆっくり覚えていきましょう。

豊かな日本の季節を表す二十四節気を覚えて、今の時期はいつに当たるか?を確認してみるのも趣きがあっていいですね。