和風月名について

節の話題を取り上げる時に、「今日から師走」という言葉をよく聞きますよね。またお手紙を頂いたときの冒頭分に、「弥生の候」と添えてあることも。

こうした師走や弥生といった言葉は「和風月名(わふうげつめい)」と呼ばれるもの。季節を表す言葉の一つです。

知っている言葉も多い和風月名ですが、どういうものなのか気になりませんか?

そこで、和風月名の意味や一覧を紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

和風月名とは

日本独自の名前

日本の風景

和風月名(わふうげつめい)とは、各月に独自の名前をつけた日本独自のものです

暦が日本に伝わったのは不明ですが、少なくとも日本書紀が書かれた時代には伝わっていました。しかし暦に和風月名をつけたのがいつなのかは、はっきりとしていません。

ですが日本書紀や万葉集に和風月名が登場することから、早い時期から使われていたんですね。

太陰暦から太陽暦へ

日本に伝わった暦は、月の満ち欠けを元にした「太陰暦」というもの。それに対して私達が使っている暦は、太陽の動きを元にした「太陽暦(旧暦)」というものです。

太陰暦と太陽暦では1ヶ月程度のズレがあり、そのため和風月名も実際の季節とは合わない部分もあります。

例えば旧暦では春夏秋冬は次の月になっています。

  • …1月・2月・3月
  • …4月・5月・6月
  • …7月・8月・9月
  • …10月・11月・12月

しかし旧暦に照らし合わせて見ると季節にぴったりなので、和風月名は季節を先取りしていると考えるとわかりやすいですね。

スポンサーリンク

和風月明の一覧と意味

次に、各月の和風月名とその読み方、由来を紹介します。

季節のいろどり

睦月

睦月むつき)は1月の別名で、その由来はお正月に親戚などが集まるから。睦月の「睦」には、人々が仲良く寄り添うという意味があります。

如月

如月きさらぎ)は2月の別名で、元々は「衣更着」と書いて「きさらぎ」と読んでいました。

太陰暦の2月は暖かくなりつつも一度寒なる時期で、衣服を重ねて寒さをしのいだから。如月という漢字に変わったのは、中国の古い辞書に「二月を如となすという一文があるからです。

弥生

弥生やよい)は3月の別名で、草木が生い茂る春を表しています。

現代の3月はまだ寒いですが、太陰暦の3月は今の暦で4月頃。暖かくなって草木がぐんぐん成長する様子が、よくわかりますね。

卯月

卯月うづき)は4月の別名で、ウヅキという木の花が咲く季節だから。ウヅキの花は白く、その様子が美しいことから名付けられました。

皐月

皐月さつき)は5月の別名で、「早苗月(さなえづき)」だったものが変化したものです。

早苗とは稲の苗のことで、太陰暦ではこの時期に田植えを行っていたから。また皐月の「皐」には「神様に捧げる稲」という意味があるため、この字を当てたという説もあります。

水無月

水無月みなづき)とは6月の別名で、水田に水を入れるという意味があります。

「無」という漢字が入っていますが、「無」は「~の」「~な」という助詞なので「水の月」という意味に。一方で梅雨明けで暑さが厳しくなるため、水がなくなるという意味でも使われています。

文月

文月ふみづき・ふづき)は7月の別名で、穂含月(ほふみづき)が変化したという説があります。

この時期は稲穂が膨らむ時期に重なるため、穂が膨らむ「穂含月(ほふみづき)」とも言われていたんですよ。

また七夕に短冊に願い事を書いたり、夜に書物を開いて夜風に当てる風習も。そこから「文被月(ふみひろげつき・ふみひらきづき)」と呼ばれ、変化して文月になったという説もあります。

葉月

葉月はづき)は8月の別名で、旧暦では紅葉がはじまり葉が落ちる月だから。また稲穂が張る時期にあたり、「稲張月(いねはりつき)」が変化して「葉月」になったという説もあります。

長月

長月ながつき)は9月の別名で、この時期から夜が長くなることから名付けられました。

神無月

神無月かんなづき)は10月の別名で、この時期になると全国の神様が出雲大社へ集まるという逸話が。ここの「無」は助詞なので「神の月」という意味ですが、「神様がいない月」という意味も重なっています。

ちなみに出雲大社がある島根では、「神在月(かみありつき)」と呼ばれているんですよ。

霜月

霜月しもつき)とは11月の別名で、この時期に霜が降りることから名付けられました。

師走

師走しわす)は12月の別名で、僧侶や師匠などが走り回るほど忙しいという意味があります。

また一年が終わり果てるという意味の「年果つ(としはつ)」が変化して、師走となったという説もあります。

和風月名の一覧まとめ

和風月名の一覧と読みについて表にしてまとめてみました。何度も口にしてぜひ覚えてくださいね。

季節 和風月名 読み
1月 睦月 むつき
2月 如月 きさらぎ
3月 弥生 やよい
4月 卯月 うづき
5月 皐月 さつき
6月 水無月 みなづき
7月 文月 ふみづき・ふづき
8月 葉月 はづき
9月 長月 ながつき
10月 神無月 かんなづき
11月 霜月 しもつき
12月 師走 しわす

【関連記事】
二十四節気の意味と覚え方!全日付一覧も紹介!

和風月名で季節感が・・

睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走の、和風月名は各月の別名のこと。風流な名前で季節に合わせた意味があり、1月・2月・・・というより素敵ですね。

季節の挨拶文に添えたり、和歌や短歌に取り入れるとより季節感が。それぞれの由来も覚えておくと、ちょっとした話題作りに役立ちますよ。

日本の季節が感じられる、和風月名をもっと活用しませんか?