syotyumimaijiki1

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです。

便りを出す時期を間違えたら失礼に当たらないか、そういった不安もつきまといます。

頂いた暑中見舞いについても、すぐに返答してよいものなのか、残暑見舞いとして出すのが良いのか、迷ってしまいますよね。

意外と知らない暑中見舞いについて、いつから出すべきなのか、いつまでに返答すべきなのかなど、2017年度の時期についてまとめてみました。

スポンサーリンク

暑中見舞いはいつからいつまでに出すの?

暦の上での「夏」に…

一般に「暑中見舞いを出す目安」となるのは、梅雨が開ける頃からお盆に入る前までとなります。

暦の上でのタイミングで言えば、二十四節気の一つ「小暑(しょうしょ)」から。その年によって多少のズレがありますが、2017年は7月7日からが小暑となります。

「暑中見舞いの終わりの時期」は、暦の上で秋となる「立秋」の前日まで。今年の立秋は8月7日ですので、その前日の8月6日までが暑中見舞いを出すタイミングになります。

簡単にまとめると、以下の期間が暑中見舞いを出す時期となりますね。

  • 小暑(2017年は7/7)~ 立秋前日(2017年は8/6)
  • 梅雨明け頃お盆に入るまで

ただし暑中見舞いを出す時期は、この日からこの日までと定められているものではありません。多少時期が早くても、既に暑いようであれば失礼には当たりませんので、そこは臨機応変に行きましょう。

syotyumimaijiki2

残暑見舞いの時期はいつから?

暦の上で秋になってから

次に残暑見舞いを出すのは、いつからが適切なのでしょうか。

それは暦の上で「秋」になってから

「秋なのにまだ暑いですね」という挨拶となるからですね。

暦の上での秋は「立秋」。さきほど説明した通り、2016年は8月7日が立秋となります。実際のところは、お盆が過ぎてから出す時に使うぐらいで問題ないでしょう。

残暑見舞いを出せる期限は、一般的には「白露(はくろ)」までと言われています。これは暦の上では、空気が冷えてきて霧(露)が出来始める頃で、2017年は9月7日となります。

ただし9月を過ぎて残暑見舞いを出すのは、受け取る側が遅いと感じる可能性も。一般的には、8月31日までに残暑見舞いを出すようにしましょう。

簡単にまとめると、以下の期間が残暑見舞いを出す時期となります。

立秋(2017年は8/7) ~ 白露(2017年は9/7)*一般的には8/31まで

syotyumimaijiki3

かもめーるは8月31日までに

年賀状に使う「お年玉付き年賀はがき」が発売されているように、「暑中見舞い用はがき」も発売されています。郵便局から「かもめーる」の名称で、くじ付きはがきが2017年は6月1日より発売されます。

イラストや文面があらかじめ印刷されたものもあるので、一文を添えるだけで出せて便利ですね。

一つ気をつけて欲しいのは、かもめーるについているくじの抽選は2016年は9月5日に行われること。ですから、「かもめーる」を使う場合は、8月31日までに相手に届く必要があります

9月5日以降の場合、はずれたくじのはがきで送っていることになるので、失礼になってしまいますね。発売期間も2016年は8月26日までなので、その日までに出す暑中見舞いに使うようにしましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いの返事はいつまでに返せばいいの?

返事は忘れないうちにすぐ出そう!

暑中見舞いのはがきを頂いたら、早いうちに返礼をしましょう。後回しにすると忘れてしまいがちですので、頂いたその日のうちに出すのが理想的です。

とは言え、はがきが無くてすぐには出せないこともあるかもしれません。その場合、遅くても3日以内には返礼を出し、1週間以内に相手に届くようにするのがマナーと言えるでしょう。

syotyumimaijiki4

返礼は暑中見舞い?残暑見舞い?

返礼を出す時に気になるのが、暑中見舞いとして出すべきなのか、残暑見舞いとして出すべきなのかですね。

暑中見舞いの時期に「暑中見舞い」が届いた場合

この場合は、返礼も暑中見舞いで問題無いでしょう。

8月に入ってから暑中見舞いが届いた場合

返礼が相手に届く時期を逆算して考えてみましょう。

  • 相手に届く時期がお盆前 → 暑中見舞い
  • 相手に届く時期がお盆中・お盆後 → 残暑見舞い

が適切です。

白露直前に「残暑見舞い」が届いた場合

悩ましいですが残暑見舞いで出さないほうが無難です。残暑見舞いでは無く、秋の挨拶の文面で、「お見舞い頂きありがとうございます」と添えたはがきで返答しましょう。

暑中見舞いは暑いうちに!

暑中見舞いは暑い事への気遣いと、近況などを尋ねるための挨拶状です。前倒し気味になるのは問題ないのですが、遅くなってしまうのは相手に余計な負担を掛けてしまいます。

頂いた挨拶状には返答することになりますが、挨拶文に悩む微妙な時期だと相手も困ってしまいますよね。そのためにも残暑見舞いの時期になる前に出すのが、相手も返答が出しやすいのでは。

暑中見舞いは暑い内に出して、相手も暑いですねと返答しやすくする気遣いを心がけましょう。