本の春と満開の桜は、切っても切れない関係にあります。桜色と表現される淡いピンクの花は、咲き始めから散るその時まで美しいですよね。

そんな桜の代表的な品種といえば、何といっても「染井吉野(ソメイヨシノ)」ではないでしょうか。

名前からしても美しい染井吉野ですが、実は驚きの秘密をもった桜なんですよ。

そこで、
・染井吉野の起源や名前の由来
・染井吉野の開花時期
・染井吉野の花言葉
について
ご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

染井吉野の起源や名前の由来は?

染井吉野とは

ソメイヨシノの桜

染井吉野(ソメイヨシノ)は桜の品種で、

  • 江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)
  • 大島桜(オオシマザクラ)

をかけ合わせて生まれました。

明治時代以降に全国的に広まり、日本を代表する桜の品種に。また友好の証としても、多くの染井吉野が海外に贈られました。

そのため、アメリカ、ワシントンD.C.の桜を中心に、世界中に染井吉野が育っているんですよ。

【参考記事】

種がない染井吉野

染井吉野の最大の特徴に、「種が発芽しない」点があげられます。

これは染井吉野同士で受粉しても、実や種が極端に出来づらい特徴を持っているから。そのため、別の桜の枝に染井吉野の枝を継ぐ、「接木」で増やす方法がとられています。

接木で増やす場合、元の木と同じ性質を持った木となります。

その結果、染井吉野はどの木も同じく、「一斉に開花して一斉に散る」特性が。また同じ特性を持つ安定性から、桜の開花状況を見る「標準木」にも採用されています。

一方で病気に弱い特性も引き継いでいるため、寿命が50年~100年程度と短めなんですね。

染井吉野の名前の秘密

染井吉野が誕生したのは、江戸時代末期から明治初期にかけて。江戸・染井村の植木職人たちが作り出し、桜の名所・奈良の吉野山にちなんで「吉野桜」と名付けられました。

ところが、吉野山の桜は山桜で、「吉野桜」とは全く違う品種。そのため誤解を招かないために、江戸(今の東京)・染井村で生み出された桜ということで「染井吉野」となったんですよ

開花時期はいつ?

染井吉野の開花時期は3月~4月にかけてで、一週間程度咲き続けます。

ただ、先にも触れましたが、染井吉野は桜の開花を決める「標準木」に多く採用されています。そのため全国各地の開花予想日が、染井吉野の開花時期とも言えるんですね

ちなみにウェザーニュースの2018年長期予報からわかる、桜(=ソメイヨシノ)の開花予想の時期は次の通り。

※なお、沖縄・北海道に関しては、染井吉野が少ないため、ここでは除外しています。

  • 九州   …3月22日~26日
  • 四国・中国…3月22日~26日
  • 関西   …3月27~29日
  • 東海   …3月25日前後
  • 関東   …3月22日~25日
  • 東北   …4月4日~18日
スポンサーリンク

染井吉野の花言葉は?

桜全体の花言葉は?

染井吉野の花言葉を紹介する前に、桜全体の花言葉を紹介します。

桜の花言葉は、次の3つ。

  • 精神の美
  • 優美な女性
  • 淡白

この中の「精神の美」は、アメリカ初代大統領・ジョージ・ワシントンの逸話から取られた西洋の花言葉。

幼い頃ワシントンは、父が大事にしていた桜の木を誤って傷つけてしまいました。そのことを父に正直に話したところ、「正直な告白は桜千本に値するほどだ」と息子の告白を褒めました。

この話は実話ではないのですが、その正直な告白は精神の美しさにつながるもの。そこから逸話に関係している桜に、精神の美という花言葉がつけられたんですね。

染井吉野の花言葉は

桜は品種によって花言葉が異なりますが、染井吉野にもふさわしい花言葉があります。

それは、

  • 純潔
  • 優れた美人

…というもの。

「優れた美人」と言う花言葉は、開花する姿が特に美しく感じられることからつけられたもの。そして「純潔」の花言葉は、接木でのみ増える点が清らかさと結びついて付けられたものなんです。

染井吉野もそうですが、桜は枝を折ってしまうとそこから病気になりやすい木。庭木の枝をプレゼントするには適していませんので、満開の光景をプレゼントしたいですね。

染井吉野の大きな桜

お花見に行こう!

【関連記事】

井吉野(ソメイヨシノ)は桜の代表的な品種で、本州を中心に多く見られる桜でもあります。桜の開花日にも深く関わっているため、染井吉野が咲いたら桜が咲いたと言っていいほど。

そんな染井吉野ですが、接木でのみ増える変わった特徴が。そのため近所の桜も名所の桜も、文字通り「同じ染井吉野」の可能性が高いんですね!

実は奥深い染井吉野の下で、みんなでお花見を楽しみませんか?