zutsuchigai1

日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その時は「打ち間違えた!」で終わりにしましたが、今まで気にせず打っていた事に驚きました。

プライベートなメールだったから良かったものの、これが仕事のメールだとしたらちょっと不安ですね。

気にすること無く使っている「づつ」「ずつ」ですが、実際はどちらが正しいのでしょう?

「ずつ」と「づつ」の違いや、それぞれの言葉の使い分けについてまとめてみました!

スポンサーリンク

「づつ」と「ずつ」の違いとは

現代かなづかいと歴史的かなづかい

実は「づつ」と「ずつ」ですが、どちらを使っても間違いではありません。

しかし学校の授業では、「ずつ」を使うように指導されます。更に新聞などの活字メディアでも、特別な場合を除き「ずつ」の使用が推奨されます。

実は、
「ずつ」は「現代かなづかい」
「づつ」は「歴史的かなづかい」

なんですね。

zutsuchigai2

歴史的かなづかいとは

「歴史的かなづかい」とは主に戦前まで使われてたもので、平安時代あたりの言い方を元にしています。

旧かなづかいとも言う事があり、古典の授業などでよく見かけるもの。

有名なものですと「てふてふ」があり、これは「ちょうちょ」と読みますね。書いた文字と実際の発音に違いがあることが多く、現代の私達から見るとわかりづらい部分も。

しかし当時の人たちは「そういうものだ」と教えられたので、特に不自由はしていなかったんですよ。

ただ発音と文字が違うために、昭和21年に当時の文部省が国語改革を実施。その時に文字と音が一致する言い回しに改められ、その中には「づつ」も。

そのため「づつ」ではなく「ずつ」を使うようになり、「づつ」「ずつ」と二つの言葉が使われるようになったと言われています。

スポンサーリンク

それぞれの言葉の使い分け方

基本的には「ずつ」

現代仮名づかいでは、一部の例外を除いて「ずつ」が推奨されています。改定された当時は、必ず「ずつ」を使うようにと指導されていました。

しかし昭和61年に見直しがされた際に、「づつを使っても良い」と緩和。

「づつ」も間違いではないけれど、できれば「ずつ」を使うという方針へと変わりました。

これは古典文学などで「づつ」の表現が出た時に、間違いだという誤解が生まれかねないため。現代文学でも時代背景に合わせて、あえて「づつ」を使うことへの配慮もあります。

更に年配者が「づつ」で教育を受けていたため、一般的に「づつ」が使われることが多かったのです。

前置きが長くなりましたが、普段の文章は「ずつ」の使用が好ましいです。

ですから、
一つづつではなく、一つずつ
三回づつではなく、三回ずつ

「づつ」も間違いではありませんが、相手方から間違いと指摘される可能性もありえますね。

「づつ」を使うとき

基本は「ずつ」ですが、一部の文章では「づつ」を使う場面があります。

まずは、古典文学の原文を書き写すとき。原文に忠実にですから「づつ」とあるなら「づつ」と書き写します。

同様に小説などの原文が「づつ」となっている場合も、「ずつ」に修正せず「づつ」のまま使います。

また「つ」が重なる場合は、「ずつ」ではなく「づつ」とします。

例えば「竹筒」をひらがなで書く場合、「たけずつ」ではなく「たけづつ」となります。筒は「つつ」と「つ」が重なる言葉。音が濁っても「ずつ」は使いません。

とはいえ「筒」以外で「つつ」となる字はほとんどないので、筒が例外と覚えておくと判りやすいですよ。

zutsuchigai3

「ず」と「づ」の使い分け

音が同じだけに、使い分けの難しい「ず」と「つ」のひらがな。

しかし2つの例を覚えておくと、どちらを使うのか迷いにくくなります。

□音が濁る場合
例えば「塚」をひらがなで書いた場合、「つか」となります。

もし「宝塚」と書いた場合、ひらがなでは「たからづか」となり「たからずか」とはなりません。

同じように「薄墨」の場合は、「墨」は「すみ」となるため「うすずみ」に。

この様に音が濁る場合は、「す」は「ず」「つ」は「づ」とします。

□同じひらがなが重なる場合
「筒」の例でもだしましたが、同じひらがなが重なる場合は前と同じ字を使います。

例えば「続き(つづき)」「鼓(つづみ)」などは、「ず」ではなく「づ」を。

一方で「硯(すずり)」「鈴木(すずき)「雀(すずめ)」などは、「づ」ではなく「ず」です。

子供にひらがなで言葉を教えるときは、この2点に注意しましょう。

「づつ」でも間違いではない

「づつ」と「ずつ」の違いは、文部省(現在の文部科学省)が決めた「かなづかい」の違いによるもの。

厳密な事を言えば「ずつ」を使うべきですが、昔から馴染みのある「づつ」も間違いではありません。

ですから年配の方が「づつ」を使っていても、覚え間違いではないんですよ。

公的な文章では「ずつ」が推奨されるので、注意したいのであれば普段から「ずつ」を習慣づけましょう。

一方で古典に親しむのであれば「づつ」も使うということも頭の片隅に入れておくといいですね!