ozanarinaozari1

ット上のニュースなどを読んでいると、「これは書き間違いかな?」と思える言葉に出会いませんか。その時は気が付かずに流し読みたものの、後で「あれ?」と思うもよくあります。

最近そういった言葉で気になったのが、「おざなり」「なおざり」という言葉。しかもこの2つの言葉は似ていますが、決して書き間違いではなく、それぞれ違う意味の言葉のようです。どう違うのか気になりますね。

見た目にも紛らわしい「おざなり」と「なおざり」、その意味や違い、そして使い分けについてまとめてみました。

スポンサーリンク

おざなりとは?なおざりとは?

おざなり

おざなりを漢字で書くと、「御座なり」と書きます。その語源は、お座敷遊びの「太鼓持ち(幇間)」の隠語と言われています。

太鼓持ちとはお座敷で芸を披露する男性のことで、お客さんの盛り上げ役。よく上司を持ち上げる人のことを「太鼓持ち」と言いますが、その語源はこの太鼓持ちなんですね。

□浅草のたいこもちの芸

*現在では芸者以上に太鼓持ちの数は減っていて、その芸はとても貴重なものになっています。

しかしお座敷というのは、粋でない人や遊びの流儀をわかってない人には軽視される場所。そんな「相手にしたくない客」に対して、太鼓持ちはわからない程度に適当にあしらいました。この適当に相手している事を、隠語で「おざなり」と言ったのだそうです。

そこから転じて、おざなりは「いい加減に物事を行う事」を指す言葉となりました。

なおざり

一方のなおざりを漢字で書くことはあまりありませんが、「等閑」という字を当てます。文字から見て判る通り、おざなりとは別の言葉なんです。語源もおざなりより更に古く、平安時代にすでにあった言葉と言われています。

なおざりの「なお」には、そのままという意味が。なおざりの「ざり」は「さり」という言葉で、「去る」という言葉だったと考えられています。この「去る」は立ち去るなどの「去る」ではなく、手を付けない・避けると言った意味。

この2つの言葉が合わせる事で、「物事をなにもせず放置する」という意味となります。

そこから転じて、「いいかげんなこと、物事をおろそかにすること」となりました。

スポンサーリンク

「おざなり」と「なおざり」の違いや使い分け方

どっちも言われて嬉しくない

適当に物事を行うおざなりと、物事を放置してしまうなおざり。どちらも適当ですし、マイナスのイメージしか感じられません。

事実これらの言葉は褒め事ではなく、対象となる人や物事を否定する言葉です。

もし「あなたはおざなりだ」「あなたはなおざりだ」と言われたら、反省しましょう。

ozanarinaozari2

やってはいる「おざなり」

とはいえ意味を考えると、「おざなり」と「なおざり」では意味合いが違います。

もう一度書きますが、おざなりは「物事を適当に行なっていること」を指します。という事は褒められたものではないですが、「物事を実行」しているんです

例えば宿題があったとします。しかしあなたは、宿題なんかやりたくありません。そこであなたはスマホやテレビでも見ながら、だらだら宿題を片付けたとしましょう。親が見たら、きっと片付けなさいと怒られる状態ですね。これが「おざなり」です。

「おざなり」は、次のような使い方をします。

・そんなおざなりなやり方じゃ、いい加減なものしか出来ないよ。
・クレームに対しておざなりな態度されたら、お客様だって腹を立てるに決まってる。
・おざなりに勉強してたけど、テストは一応解けたかな。

やってすらいない「なおざり」

一方のなおざりですが、「いい加減に物事を放置し、おそろかにする」事を言います。

先ほどの宿題を例に出せば、宿題の提出期限が迫っているのに手を付けす放置。あるいは「そのうちやるよ」と言いながら、いつまでたってもやろうとしない状態です。

そんなあなたを見た親は、いい加減に宿題やりなさい!と怒るでしょうね。こんなどうしようもない状態が、「なおざり」です。

やらなきゃいけない物事に対して、現実逃避したり口だけでやろうともしない。おざなりと比べると、やっているだけ「おざなり」のほうがまだマシ

やろうとすらしていない「なおざり」は、おざなり以上に反省しないといけない状態です。

「なおざり」は、次のような使い方をします。

・なおざりにしたって、出来上がらないんだから、そろそろやりなさいよ
・お客様のクレームをなおざりにした結果、再びお客様からクレームが入ってしまった。
・テスト勉強をなおざりにしたから、テストが全く解けなかったよ。

せめておざなりに、そしてきちんとしよう

人から「おざなり」「なおざり」と指摘された場合、その態度や状況を反省しなければなりません。しかも意味を把握した上で「なおざり」と指摘したのなら、ダメな人と言われたようなもの。

おざなりは一応言われたことをやっていますが、なおざりはやっていません。とりあえずはおざなりでも良いですから、言われたことを実行しましょう。その上でおざなりではなく真面目に取り組んで、きちんと仕上げるようにしたいですね。