「車にはじゅうぶん気をつけて!」と書くとき、
あなたは「充分」「十分」どちらの漢字を書きますか?

この2つの単語は同じような言葉ですが、
どんな違いがあるのでしょう?

また、どう使い分けることが正しいのでしょう?
間違って使っていたのかもしれません。

今日は、充分と十分の言葉の違い、また使い分けについてまとめてみました!

スポンサーリンク

充分と十分の違い

jyuubun2

十分の意味

まず、「十分」という文字を見てみましょう。

慣用句で「腹八分目」や、「十二分に頑張った」という言葉がありますね。

「腹八分目」は、少し余裕を残している様子、
「十二分」は自分の容量を超えるぐらいの様子、と表されます。

このように数字を使った慣用句は一、二、三、と増えるにつれて、
満たしていく様子として表現されます。

段々と数字が増えていって、そしてとうとう十まで達すると、
もう「満杯状態!」です。

この状態を「十分」と表記します。

充分の場合は?

それでは、「充分」の場合はどうでしょうか。

「充」を使用する他の言葉を見てみましょう。

 ・充実
 ・充足
 ・充填

これらは数字のようなわかりやすいものでなく、
「あ~満杯だな~」と感覚的な言葉として「充分」と表記されます。

簡単にまとめると、

 ☆「十分」は数量的に満たされることで、
  客観的に見ても満たされていると判断できるものです。

 ☆「充分」は計測できないもので、
  主観的に見て満たされると感じることです。

同じ発音で似ているような言葉でも中身は少し違うのです。

スポンサーリンク

十分と充分はどう使い分ける?

それでは具体的にどのようにして使い分けるのでしょうか?
どちらも「もう足りている」という状態で使用します。

これが数値的に満杯なのか、感覚的に満杯なのか、
の違いぐらいなのです。

jyuubun5

例えば、こちらの画像はダイエットした人ですが、
この画像のように「ダイエットはもうじゅうぶんした」は
どちらのじゅうぶんが入るかわかりますか?

正解は

 ・体重の数字が理想的なものならば「十分」
 ・数字は関係なくここまで痩せて満足な時は「充分」

と、使います。

他にも、感謝をするとき

「そのお気持ちだけで十分です」と書くよりも、
「お気持ちだけで充分です」と書いた方がベストです。

「ありがとう、その気持ちだけで満たされています」という
情緒的な感情を示すことができます。

逆に、食事会の皿の枚数が足りているか確認するときに

「お皿は10枚で充分です」というのは少し変なのです。
この場合は「お皿は10枚で十分です」となります。

お皿の枚数は情緒的な感情で減ったり増えたりしませんよね。
そこで「十分」を使うのです。

もう一つあげましょう!
jyuubun3
この画像の「5つのドーナツ」を一人で食べるとします。

この量でもう満足な場合は「充分です」となります。
これを5人で1個ずつ分けると、数は足りているので「十分」となるのです。

まとめ

■お腹いっぱいになる赤ちゃん


この動画の赤ちゃん、
まだ飲もうと思うと飲めるけど、満足したから眠たくなってきたようです。

こういう場合は「充分」ということになりますね。
感情的にお腹が満たされていますからね。

ということで、充分と十分の違い、そして使い分けについて見てきました。

ただ、現状を言うと、そこまで難しい区別はしていないのが現状なんですね。

学校では「十分」と統一されていることもあります

なので、厳密に言うと意味の違いがあるわけですが、
良くわからない場合は「十分」を使用したらいいでしょうね。

こうした似た言葉はいろいろありますが、
言葉の意味を知って使うと、
文章を書く時、話す時もいつもより丁寧になりますよ。