雲と空

から伝わる慣用句は、日常的に使うことも多いですよね。しかし取引先や上司に意味を尋ねられた時に、正しい意味を知らないと困ってしまうこともあります。

そんな慣用句の一つとしてあげられるのが、雲泥の差(うんでいのさ)です。どんな場面で使うのが良いのか、由来も含めて覚えておきたいですね。

そんな「雲泥の差」の意味や由来、そして使い方の例文や類語について紹介していきます。ぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク
 

「雲泥の差」の意味

大きな違いや差がある

差がある

雲泥の差とは、次の意味がある慣用句です。

  • 二つの事柄に、とても大きな違いがあること。
  • 二つの事柄の間に、身分や境遇などでとても大きな差があること。

雲泥の差の”雲泥”ですが、

  • 「雲」は空に浮かぶ「天のもの」
  • 「泥」は地面にある「地のもの」

です。

空に浮かぶ「雲」と、地面の「泥」では、とても離れていますよね。

また「天」は身分が高くかけ離れた存在や、神様のような存在という意味もあります。一方の「地」は「天の下にあるもの」として、一般の人々を表しています。

そこから身分や境遇・重要度などに大きな差や違いがあることを、「雲泥の差」と表現しているわけですね。

「雲泥の差」の由来

友は出世してしまった

2つの方向がある

雲泥の差という言葉は、古代中国で生まれました。

唐の時代の詩人・白居易(はくきょい)が作った「傷友」という詩に、次の一文があります。

「昔年洛陽社 貧賤相提擕 今日長安道 對面隔雲泥」

日本語にすると、次の意味となります。

「昔、洛陽に居た頃は貧しいながらも助け合っていたのに、今日、長安の道で出会った時は、振り向きもしなかった。お互いの距離に、まるで雲と泥のような隔たりを感じてしまった」

出世して疎遠となってしまった友人への悲しみを詠んだ詩で、友人と自分との差を「雲と泥」に例えています。そのため雲泥の差では物理的な距離の遠さよりも、身分や境遇が離れてしまったことを表現しているんです。

日本では菅原道真がまとめた漢詩の文集「菅家文集」に、以下の言葉が登場します。

「雲泥、地の高く卑しきことを許さず」

白居易の詩は日本にも伝わり、平安時代の作品に影響を与えています。道真も白居易の「傷友」を知っていたと考えられ、天地の開きがあることを「雲泥」という言葉で表現したのでしょうね。

スポンサーリンク

「雲泥の差」の使い方

差がある二つの物事を比べて

雲泥の差は、二つの事柄にとても差があることを表現したい時に使われます。

  • 私の時代と祖母の時代では、結婚しても働くことへの理解が雲泥の差だった。
  • 同期入社だが、あの人が部長で私が係長と雲泥の差がある。
  • 沖縄と北海道では、冬の寒さや夏の暑さに雲泥の差がある。

比較する物事や人物に、大きな違いがある時に雲泥の差は使われます。自分が格下で相手が格上であり、相手が素晴らしいと表現したい時にぴったりですね。

上と下

使う状況に気をつけて

自分を含めて雲泥の差と表現する時は、注意が必要です。

自分を「雲」に例えると、自慢に取られる可能性があるからです。また兄弟や知り合いとの違いとして使ったとしても、「泥」と表現された相手はあまり良い気持ちにはなれませんよね?

状況によっては気まずくなることもあるので、その場合は別の例えを使うと安心ですね。

「雲泥の差」の類語は?

月とすっぽん

「雲泥の差」の類語に、「月とすっぽん」があります。

月は「満月」のことで、丸みを帯びた甲羅をもつスッポンとは「丸い形」という共通点がありますよね。しかし月は空にあって美しく、すっぽんは泥の中に生息する生き物です。

そこから、共通点はあるけれど他に大きな違いがある時に、「月とすっぽん」と言います。

「雲泥の差」と「月のすっぽん」は、比較する物事に共通点があるかどうかで使い分けましょう。兄弟姉妹・同級生でもいいですし、同じ人の過去と現在の違いを比べる時には「月とすっぽん」がいいですね。

月

提灯に釣鐘

提灯と釣鐘(ちょうちんとつりがね)」も、雲泥の差のように比較する時に使う言葉です。

ここで使われている釣鐘はお寺にある大きい鐘ではなく、火事のときに叩いて鳴らしていた鐘です。提灯と大きさが同じぐらいで、吊り下げて使うなどの共通点があります。

しかし提灯と釣鐘では、重さに大きな違いがありますよね。

そこから、二つの事柄に、比較にならないほど差がある時に、「提灯に釣鐘」が使われました。特に「身分に差がある」と表現する時に使われ、歌舞伎でも登場する言葉なんですね。

「雲泥の差」を使うときは意味を理解して…

「雲泥の差」とは、二つの物事・事柄に大きな差がある時に使う言葉です。天にある雲と地面の泥では、距離もそうですが境遇に大きな違いがあります。

そこから地位・身分・待遇に、大きな差がある時に使うとぴったりです。似た言葉に「月とスッポン」や「提灯に釣鐘」があり、状況に応じて使い分けたいですね。

雲泥の差はよく使う言葉なので、きちんと意味を理解した上で使いましょう!