お正月、子供にとって何より嬉しいのがお年玉

お年玉を正月にあげたり、もらったりするのは日本の楽しい文化ですね。

でもそのお年玉って、外国にもあるのでしょうか?

またお年玉って英語で何というのでしょう?

外国でのお年玉の習慣お年玉の英語表現、そして実際に使える英語の例文も併せてご紹介します!

スポンサーリンク

お年玉は日本だけの習慣?

大人から子供に渡されるお年玉。日本だけの習慣なのか、気になりますよね。

otoshidama1

アジア圏では?

お年玉は、実はアジアの多くの国の習慣になっています。中国、韓国、台湾をはじめ、イスラム圏にもお年玉の習慣があるんですね。

中国や台湾では、お年玉は『圧歳銭(ヤースイチェン)』と呼ばれ、赤いポチ袋に入れてお年玉を渡します。

赤いポチ袋は『紅包(ホング・バオ)』と呼ばれているので、お年玉のことを『紅包』と呼ぶこともありますね。

ベトナムのお年玉は、中国の習慣に影響されて始まったもの。ですので、ベトナムでも赤い封筒にお金を入れてお年玉を渡します。

イスラム圏のお正月は3月の春分の日ですが、ここでもお年玉(エイディー)を送ります。コーランにお札を挟んで渡します。

ヒンドゥー圏のインドや、マレーシアの一部(インド系)でも、ディパパリデーにお年玉をもらうことができます。

子供たちは呪文のようなワラべ歌のようなものを歌いながら、商店街やホテルを訪ね歩き、お年玉をもらいます。

お年玉は、

  • お菓子だったり
  • ビスケットだったり
  • 小銭だったり

と、ハロウィーンの trick or treat(トリック・オア・トリート)みたいで面白いですね。

otoshidama2

西洋圏では?

かわって西洋の国々ではお年玉はあるのでしょうか?

実は、西洋にはお年玉の習慣はないんです

その代わりといっては何ですが、びっくりするような大きなクリスマス・ホリデーを過ごします。

両親からだけでなく、親戚からもプレゼントをもらうことができるんです。子供たちはたくさんのプレゼントを次から次へと開けていく日

ちょっと羨ましいけれど、彼らはお年玉がもらえないので、五分五分といったところでしょうか。

スポンサーリンク

お年玉を英語で説明しよう!

西洋のお友達には、『お年玉』の文化が浸透していません。こんな時は、なんと説明したらいいのでしょうか?

お年玉の文化が無いということは、お年玉にあたる単語もないということ。

ここは頑張って説明して、日本文化を知ってもらいましょう!

otoshidama3

まずは、お年玉を英語で。

  • New Year’s present(新年のプレゼント)
  • New Year’s money(新年のお金)
  • money given as a gift at the New Year(新年にもらうお金)
  • New Year’s special allowance(新年にもらう特別なお小遣い)

このように、いろいろな言い方があります。

Otoshidama と言ってしまうのも手ですね。

この時はお年玉が何かを説明する必要があります。次の2つを明確に説明することが大切ですよ。

  • お年玉はお金であること。
  • 大人が子供にあげるものであること。
  • お金でなければ『お年賀』になるからです。

    Adults give money to kids on New Year’s in Japan. Not just your kids, your relatives kids, and your grandkids if you have any. We call this custom otoshidama.

    (日本では、大人は新年に子供たちにお金をあげます。自分の子供だけでなく、親戚のこども、そして孫がいるなら孫にも。この習慣はお年玉を呼びます。)

    お年玉の表現に使える英語の例文

    otoshidama4

    お年玉の説明は、単語で表現できないのでちょっと難しいですよね。

    英語に苦手意識があると、『長いのは勘弁して・・・』と尻込みしがち。

    でも、大丈夫です!

    あなたの参考になるようにいろんな例文をあげていきます!

    子供にお年玉を説明してあげよう!

    In Japan, you get otoshidama on New Year’s. You get money from your parents and reletives!

    (日本では、新年に【お年玉】がもらえるよ。両親や親戚からお金もらえるんだ!)

    Are you excited for otoshidama? I love New Year’s cause we get money from adults!

    (お年玉楽しみじゃない?お正月大好きなんだ。だって大人からお金もらえるんだよ!)

    Do you have lots of relatives? If you do, that means you get lots of otoshidama money!

    (親戚たくさんいる?たくさん親戚がいればいるほど、多くお年玉のお金がもらえるよ!)

    お年玉をあげる立場の大人に説明しよう!

    If you don’t know how much you are supposed to give to kids for otoshidama, first thing is to find out how old the kid is. Kid’s age times 500 yen is a good amount.

    (お年玉にいくら包めばわからない時は、まず子供の年齢を知ることが一番だよ。子供の年齢に500円をかけた額を包めば心配なし!)

    You know that need to put some money aside for New Year’s, right? Us adults have to give otoshidama to kids… At least we don’t have to pick out presents since we give them money.

    (新年に向けてお金蓄えるの、忘れてないよね?僕ら大人はお年玉を子供たちにあげないといけないからさ。まぁ、プレゼント選びしなくていいだけマシだよね。お金あげるわけだからさ。)

    I’m not looking forward to New Year’s. I have lots of relatives with kids so I have to give out so much money for otoshidama….

    (正月が憂鬱だよ。子供がいる親戚がたくさんいるから、お年玉用の出費が痛いんだ・・・)

    こんな風にちょっとジョークを交えて教えてあげるのも楽しいですよね。

    日本のお年玉文化を紹介しよう!

    【関連記事】
    お年玉の意味や由来。渡すときに気をつけたいマナーとは?
    お年玉の相場や平均っていくら?あげる範囲は?

    いかがでしたか?

    あなたに英語圏のお友達がいるなら、ぜひ日本のお年玉文化を説明してあげましょう。

    お年玉そのものを表現する英語の単語はありませんが、今回ご紹介した英文の事例も参考に話してみれば伝わると思いますよ。

    日本のクリスマスは英語圏でのクリスマスより小さいけど、新年を迎えるお正月は盛大にお祝いするのが日本流だと教えてあげるのもいいですね。