年1月のお正月には、1年の目標を決める方が多いですよね?あるいは4月に目標を立てる方も多いでしょう。

その中には、

  • 日記を書く
  • ランニングを続ける
  • ダイエットで痩せる
  • 語学の勉強をする

…など、継続して行う事を目標にする人もいるのでは。

しかし、毎日続けるつもりが、いつの間にか止めてしまうこともよくありますよね。

こんな時に良く言われるのが、「三日坊主」ということわざ。有名なことわざですが、どうすれば続けられるようになるのでしょうか。

三日坊主の意味や由来とともに、克服する方法についても紹介します

スポンサーリンク

三日坊主の意味とは

長続きしない

三日坊主とは、何事も長続きしない人のことを指す言葉。また物事が長続きしないことに対しても、三日坊主は使われます。

三日坊主を人に対して使う場合、その人は過去に何度も同様の経験をしています。

一つのものごとを最後まで続けず諦め、別の物事に手を付けてそれも途中で放棄。何度も繰り返す飽きっぽさが、「三日坊主」だと言われる状態。

ですので、初めての挑戦が長続きしなかった場合は、三日坊主とは言わないんですよ。

三日以内ではない

なお三日坊主の「三日」ですが、三日以上続けば大丈夫というものではありません

三日は期間が短い例えですので、少なくとも一ヶ月程度は継続する必要があります。そしてそれが毎日の習慣として根付くことが、最終的な目標として求められるんですね。

三日坊主のことわざの由来

厳しい修行に耐えられず

三日坊主の三日は短い例えでもありますが、実は仏門に関わる例えでもあります。

現代でも僧侶になるには、厳しい修行を積む必要があります。しかも世俗の誘惑を断ち切り、食事も粗食ですし、当然恋愛も禁止。

意を決して仏門に入っても、これらの修行に耐えられない人もでてきます。その結果、三日と持たずに逃げ出す人も多かったことから、三日坊主という例えが生まれました。

三日でマスター

あまり使われない例えですが、三日坊主には仏門に関する驚異的な意味もあります。

それは、集中して三日間で仏の教えを身につけて悟りを開く人、というもの。

そこから転じて、短期間ですべての物事を覚える人という意味にも使われます。

しかし三日坊主と言えば、長続きしない例えがとても有名。そのため、褒め言葉としては使いづらいので、使わないほうが懸命です。

スポンサーリンク

三日坊主を克服する方法!

具体性を持った目標を

三日坊主に例えられるような、物事が長続きしない方にはいくつかのパターンがあります。

ひとつは、目標が具体的ではないことです。

例えば「痩せる」という目標を立てた場合、

  • いつまでに達成するのか?
  • 何キロ体重を落とすのか?

といった具体性がありません。

そのため「そのうち痩せればいい」という考えになりがちで、具体的な行動を起こさないことも。その状態が続いた結果、「目標だけ立てて何もしない三日坊主」となってしまうんです。

目標はできるだけ具体的に持つようにしましょう

高すぎない目標を

物事が長続きしないもう一つのパターンが、高すぎる目標です。

先程の痩せる例えで言えば、「1ヶ月以内に20キロのダイエット」といったものが高すぎる目標。無茶をすれば実現も可能かもしれませんが、そこまでの道のりを思うと挫けそうになりますよね。

毎日頑張っても手応えが感じられず、やがてやる気が失せてしまう。その結果、挫折してしまい、三日坊主となってしまうんです。

少し頑張れば実現できそうな目標をたてるのが続けるコツです

小さな達成感と続けやすい状況を

三日坊主にならないようにするには、毎日コツコツ続けやすい状況を作ることが大切です。

例えばダイエットを例に取ると、次の目標なら取り組みやすくなりませんか?

  • 1日30分運動するのではなく、まずは3分運動して徐々に時間を延ばす。
  • 1週間ごとに体重を測り、500gでも体重が減少していたら目標達成とする。
  • 10キロの減量を大きな目標として、モチベーション維持に務める。

三日坊主になるのは、やろうという意欲が起こりづらくなるからです。

そのためには少しでもいいので、毎日続けやすくすることが重要。その上で小さな達成感を重ね、やがて大きな目標へと向かっていく。

繰り返すうちに毎日の習慣として身につけば、三日坊主は卒業できますよ!

長く続けること

三日坊主には、長続きしない・飽きやすい人という意味があります。また目標を立てても結局実行せず、口だけだという印象にも繋がりかねません。

地味でも小さなことでも、毎日続けることができるのは長所とも言える特徴。そのためには続けやすく、達成しやすい目標から始めることがとても大切です

三日坊主を指摘された事がある人は、少しでいいので毎日続けることから始めませんか?