お疲れ様

拶は人間関係の基本。職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。「お疲れ様です」とか、「お疲れ様でした」という言葉はあなたも良く使うと思います。

でもこの2つの言葉、何が違うんでしょうか?またどんな風に使い分けるんでしょう?

そこで、「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違い、また職場でのあいさつや使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いは?

「お疲れ様です」は?

「お疲れ様です」は、仕事中の声掛けや、メールの文頭などにもよく使われるねぎらいの挨拶。目上から、目下から、どちらから使ってもよい言葉です。

ただし「仕事をもらっている立場」からは使わない方が無難ですね。

お客様に対しても使わない方がいいですが、美容院やエステなどでは良く使われています。この場合、お客さんからお店の人に対してはあまり使わないことが多いですね。

お疲れ様です

「お疲れ様でした」は?

「お疲れ様でした」は、仕事先などで、先に帰る方が「お先に失礼します」と声をかけてきた場合、こちらが応えるときに使うことが多い言葉です

ねぎらいの意味もこめた別れの挨拶なので、目上・目下どちらからでも使えます。

スポンサーリンク

お疲れ様ですとお疲れ様ですしたは、どんな風に使い分けるの?

「お疲れ様です」の使い方

「お疲れ様です」は、目上・目下を問わず、職場内の挨拶でとても良く使われます。仕事中はもちろん、社内メールの文頭などに使うことも多いでしょう。

以前いた会社では、廊下ですれ違ったときにも「お疲れ様です」と声を掛け合っていました。「無難な挨拶」と言った感じでしょうか。ただ、「朝からお疲れ様と言うのはおかしい」とか、ときには「疲れていない」などと言う人もいるので難しいところですね。

社内などで、周りの人が皆使っているようなら、それほど気にせずに使える便利な言葉だと言えます

このように「お疲れ様」はとても便利な言葉なんですが、英語には「お疲れ様」と言うそのものの表現はありません。いかにも日本的な言葉というところは面白いですね。

□お疲れ様という表現は英語にはない?!ネイティブが使うナチュラルな英会話

「お疲れ様でした」の使い方

「お疲れ様でした」の方は、仕事が終わった後のねぎらいの言葉として使われることが多いです。

「お先に」、「お先に失礼します」に対して、「お疲れ様でした」と応える感じですね。

相手がまだ残っている場合や、帰るかどうかわからない場合には、「お疲れ様です」でもいいかも知れません。

似たような言葉にはどんなものがある?

おつかれ!

「お疲れ様」に似た言葉としては「ご苦労様」があります。ただ「ご苦労様」の場合には、目上の人には使わないので注意が必要です。

秘書検定には

  • ◯「お疲れ様です」:目下から目上に対して
  • ◯「ご苦労様です」:目上から目下に対して

と明記されています。

ビジネスマナーとしては、目上の人に「ご苦労様です」と使うのは失礼にあたるので、気を付けましょう。

「ご苦労様」と言う言葉は、昔は殿様が家来に対して使った言葉だと言われます。職場でも、以前は「ご苦労様」と言う言葉がよく使われていました。

最近では、職場でも「ご苦労様」と言う言葉よりも「お疲れ様」と言う言葉の方がよく使われることが多いですね。

ただ目上の人に対して「ご苦労様」と言うことについては、今でも「失礼」だとされることが多いので、気を付けたいですね。

言葉は生き物 時代によって変わることもあります

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違い、そして使い分けについて紹介しました。

微妙な言葉の違いでも、その意味や使い方は大きく変わるものなんですね。

挨拶はやはり「形」も大切。マナーをわきまえて、言葉を選びたいものですね。