tsukimidangomake1

年9月ごろに楽しむお月見は、季節の移り変わりを楽しむ日本人らしい風習ですね。そのお月見に欠かせない「月見団子」は、時期が来るとスーパーなどで簡単に購入することができます。

ですが、月見団子は材料さえあれば、子供でも簡単に作れるものなんです。それでいて、作りたての月見団子はすごく美味しいんですよ。

月見団子の基本的な作り方を覚えておけば、様々な和スイーツにも応用が可能。ぜひこの機会に覚えてみませんか。みんなでワイワイ作りたい、月見団子の簡単な作り方・レシピを紹介します!

スポンサーリンク

簡単な月見団子の作り方

基本の月見団子の材料は

まずは、基本の月見団子の作り方をご紹介します。
以下の材料を用意して下さいね。

○材料(団子約15個分)

  • だんご粉、または上新粉 150g
  • 水またはぬるま湯    150cc
  • 鍋(たっぷりのお湯を沸かす為)
  • ボール 2つ

「だんご粉」は、普段私達が食べているお米である「うるち米」と「もち米」を粉にしたものです。その名の通り、お団子に向いた粉で、適度な弾力のあるものが作れます。

一方の「上新粉」は、うるち米をだけを粉にしたものです。お団子にすると強いコシと弾力が生まれますが、固くなりやすい欠点も。作る際は、水よりもぬるま湯のほうがうまく練りやすくなります。

基本の月見団子の作り方

tsukimidangomake2

○作り方

  1. ボールに粉を入れ、そこに少しづつ水を加えます。
  2. 耳たぶぐらいの固さになるまで、少しづつ水を加えてつつ練ります。
  3. 生地を15等分してから、一つ一つ丸めて団子を作ります。
  4. 大きな鍋にたっぷりお湯を沸かし、団子を2つぐらいずつ入れます。
  5. 団子が白くなって浮いてくるまで2~3分待ちます。
  6. 浮いてくれば、すくい上げて冷水を入れたボールで冷やします。
  7. 冷えたら取り出して軽く風に当ててツヤを出します。
  8. 器に飾って出来上がり。

作るポイントは、水を加えて練るときに一度に水を入れ過ぎないことです。団子づくりはお子さん、茹でるのは大人と、親子で分担して作ると楽しいですよ

スポンサーリンク

「みたらし」を作ろう

そのまま食べても美味しいお団子ですが、みたらしあんをつけると更に美味しくなります。

○材料

  • 水     100cc
  • 片栗粉   大さじ2
  • しょうゆ  大さじ2
  • 砂糖    大さじ2
  • みりん   大さじ2

*みりんがない場合は砂糖を大さじ4にします

○作り方

  1. 鍋にすべて材料を入れます。
  2. かき混ぜながら弱火で加熱します。
  3. とろみが出たら出来上がり。

こちらの動画にある「みたらしあん」は、砂糖が少し多め。最初の砂糖は少なめにして、味を見ながら足していくと、丁度良い甘さに仕上がりますよ。

□みたらし団子の簡単作り方

ひと工夫加えておしゃれな月見団子

カラフルな月見団子!

基本の団子は白く出来上がりますが、材料を加えてカラフルにしてみませんか。

食紅などの着色料を使えば簡単に色がつきますが、ちょっと抵抗のある方もおられるでしょう。そこでかぼちゃオレンジの色付けを、抹茶パウダー緑色にしてみましょう。

○材料

  • かぼちゃ    30g
  • 抹茶パウダー  大さじ1
  • 砂糖      大さじ1
  • だんご粉、あるいは上新粉 150g
  • 水、またはぬるま湯    150cc
  • 鍋(たっぷりのお湯を沸かす為)
  • ボール 2つ

○作り方

  1. かぼちゃは皮をむいてサイコロ状に切ります。
  2. 切ったかぼちゃにラップをして電子レンジで3分前後加熱します。
  3. 加熱したかぼちゃを潰します。
  4. だんご粉や上新粉と一緒に、砂糖、水の順に加えて混ぜます。
  5. 生地を半分に分け、片方にはかぼちゃを、もう片方には抹茶パウダーを加えて練ります。
  6. あとは基本の団子の作り方と同じく、お湯でゆでてから冷水で冷やして完成。

オレンジの団子は、かぼちゃの自然な甘みと色がプラスされて、そのまま食べても甘い味になります。

緑の団子は、抹茶の味と香りがほのかに加わり、少し大人の味わいに。あんこを添えて食べると、より美味しい和スイーツになりますよ。

里芋型?!白血球型?!

月見だんごは白くて丸いものが一般的ですが、地方によっては違う形のものも。

大阪で食べられている月見団子は、団子を里芋の形に似せて作り、上に練りあんを乗せて並べます。三角形に積み上げず、器におはぎのように並べるんですよ。

名古屋方面では、黒糖・食紅のピンク・白の三色の団子をしずく型に作ります。こちらも里芋をイメージしているもので、砂糖で甘めの味付けするのが名古屋流だとか。

静岡の一部地域では、中心がへこんだ月見団子をつくります。色は違いますが、赤血球にちょっと似てますね。やはりこちらも積み上げずに、あんこを添えて食べるんですよ。

尚、お月見にお供えする団子の数や並べ方については、こちらの記事に書いているのでぜひ参考にしてみて下さい。
■月見団子の由来と意味。お供えする団子の数や並べ方は?

美味しく可愛く和スイーツ!

和菓子作りは難しそうなイメージがありますが、月見団子は誰でも簡単に作れるのが魅力。揃える材料も少なく、これなら初めての和菓子作りにうってつけです。

あんこを添えるだけで簡単和スイーツになりますし、砂糖無しならお吸い物の具にうってつけ。できれば月見団子の時は、ジュースやコーヒーではなく一緒にお茶を頂きたいですね。

十五夜以外でも美味しい月見団子、たくさん作ってあなたの得意料理に加えてはいかがですか?