みたらし団子のカロリーと栄養素。ダイエット向きの食べ方は?

最終更新日: | 飲食 | , , , ,

イエットを考えた時にまず思いつくのが、食べすぎないこと・スイーツを控えること・運動をすることなどですね。特に甘いスイーツはカロリーが高いイメージがあり、食べ過ぎはダイエットの天敵とも言えます。

一方で少しだけなら大丈夫とも言いますし、和菓子ならカロリー控えめとも。そんな和菓子の中でも人気のあるものに、甘じょっぱいみたらし団子があります。

美味しいだけにダイエット時に食べても大丈夫なのか気になりますね。

今回は、みたらし団子のカロリーや栄養素、カロリーを抑えるダイエット向きの美味しい食べ方をまとめてみました。

スポンサーリンク

みたらし団子のカロリーは

気になるカロリー

みたらし団子は、白玉粉などで作った串団子に、甘じょっぱい「あん」をかけた和菓子。名前の由来は、京都・下鴨神社の御手洗祭(みたらしまつり)で売りだされたからと言われています。

そんなみたらし団子のカロリーですが、平均的なカロリーは100gあたりで197カロリー

1串の重さが60~80g程度なので、1串食べると120~160カロリーを摂取することになります。

他の和菓子との比較

これだけだと和菓子の中でもカロリーが高いのかどうかが、わかりづらいかも知れません。

そこで代表的な他の和菓子と比べてみた、100gあたりと1個あたりのカロリーも紹介します。

和菓子 100gあたり 一個あたりのカロリー
みたらし団子 197kcal 約160kcal(80g)
まんじゅう 272kcal 約130kcal(50g)
大福 242kcal 242kcal(100g)
たい焼き 232kcal 232kcal(100g)
カステラ 319kcal 約160kcal(50g)

これら和菓子のなかでも、特にみたらし団子はローカロリー

1串で食べきれる点も、食べ過ぎに注意したいダイエット向きと言えますね。

みたらし団子の栄養素は

主な栄養素

カロリーだけを見た場合、みたらし団子はダイエット向きの和菓子と言えます。

一方でその他の栄養素を見た場合は、ダイエット向きと言えるのでしょうか。

そこで100gあたりの栄養素を、簡単にまとめました。

栄養素 カロリー
カロリー 197kcal
タンパク質 3.1g
脂質 0.4g
炭水化物 45.2g
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB6 0.06mg
ナトリウム 250mg
食物繊維 0.3g

みたらし団子を食べることで栄養を補う事は、残念ながら期待できません。

というのもみたらし団子は、米粉が材料の上新粉・白玉粉・もち粉でできているから。

そのため成分のほとんどが炭水化物となり、他の栄養素が少なくなっています。

更にみたらしのあんは、砂糖と醤油が主な材料。醤油には塩分が含まれるため、むくみの原因の一つであるナトリウムがやや多め。また砂糖は糖質を多く含むため、やはりダイエット時にはなるべく控えたいものになりますね。

この結果、みたらし団子はローカロリーではありますが、ダイエットを考えた場合、食べ過ぎには注意したい和菓子と言えます。

スポンサーリンク

みたらし団子のおすすめの食べ方

あんは控えめに

市販のみたらし団子を食べるときは、「(あん)」は少し落としてから食べましょう

甘じょっぱいあんは美味しいですが、つけすぎはカロリーオーバーの元。全体的に薄くついていれば、しっかり美味しさは感じられます。

少しもったいないですが、「あんは控えめ」がダイエット時の食べ方の秘訣です。

手作りしよう

団子の材料となる上新粉や白玉粉は、米粉が原料。これらの量を減らしつつ他の材料を追加することで、更にローカロリーな団子にすることが可能です。

そこであんも団子も自分で作る、ヘルシーみたらし団子の作り方を紹介します。

■材料(串5~6本分)

  • 白玉粉   100g
  • 絹ごし豆腐 100g
  • 砂糖    大さじ1
  • 醤油    大さじ1
  • 片栗粉   大さじ1
  • 水     100cc

■ヘルシーみたらし団子の作り方

  1. 白玉粉に少しずつ絹ごし豆腐を加え、耳たぶ程度の硬さになるまで混ぜます。

  2. (1)を丸めて団子を28~30個程度作ります。

  3. (2)を串に刺します。面倒なら刺さなくてもOKです。

  4. 大きい鍋にお湯を沸かし、沸騰したら(3)を入れて3分ほど茹でます。

  5. 団子が浮いて透き通ったら、氷水に入れて冷やします。

  6. 砂糖・醤油・片栗粉・水を鍋に入れ、とろとろになるまで混ぜながら弱火で加熱します。

  7. (6)を団子に薄く塗って完成!

絹ごし豆腐を加えることで、骨を丈夫にするビタミンKやむくみ改善になるカリウムがプラス。全体的な栄養素も高まる上に、カロリーが更に控えめになります

冷えても団子のモチモチ感が持続するので、食べごたえも抜群ですよ!

□豆腐のみたらし団子

*白玉粉豆腐を混ぜるときは、手で潰すようにするとよく混ざりますよ!

ほどほどに

みたらし団子は和菓子の中では、比較的ローカロリー。ですが成分の大半は炭水化物なので、食べ過ぎには注意したいですね。

またむくみやすくなる塩分もあんに含まれるので、たっぷりあんをつける食べ方も要注意。食べるときは1串だけと決めておけば、甘いものを食べたい時に役立ちますよ

ローカロリーだからと食べ過ぎず、みたらし団子をほどほどに食べてダイエットに役立てましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

烏龍茶(ウーロン茶)のダイエット効果は?黒烏龍茶との違いは何?

コンビニで購入できるペットボトルのお茶は、昔と比べて随分と種類が増えました。 その中でも定番の

記事を読む

春の風物詩「いかなごのくぎ煮」解禁日はいつ頃?

関西地方、特に兵庫県の阪神・淡路地域では、2月下旬から3月にかけて「いかなごのくぎ煮」が作られま

記事を読む

簡単手作り!マシュマロフォンダンの作り方。味はどう?

手作りスイーツを作るなら、出来れば可愛い仕上がりにしたいですよね。 そんな方におすすめしたいの

記事を読む

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

毎日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎ

記事を読む

ローストビーフの盛り付け方!美味しそうに盛り付けるコツは?

パーティーのお楽しみといえば、美味しい料理の数々。 特にローストビーフがあるだけでテーブルが豪

記事を読む

焼き魚のきれいな食べ方とマナーについて。食べた後はどうする?

焼き魚をきれいに食べるのって中々難しいものですね。 切り身であれば、骨も少なく身も箸で

記事を読む

スイカは野菜?それとも果物?西瓜の種類とその優れた栄養・効果

https://youtu.be/EFfrm16Yf6U 夏になると、冷たく冷やしたスイカが食

記事を読む

ベーグルはダイエットの味方?気になるカロリーはどれくらい?

ダイエット中でも朝ごはんは食べたいですが、忙しくて食べないこともありがち。そんな時にすぐに食

記事を読む

いちじくの旬はいつ?その優れた栄養・効能とおすすめレシピを紹介します!

最近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやす

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黒糖に含まれる栄養とカロリーは?効果的な摂取方法もご紹介!

料理やお菓子に欠かせない砂糖は、健康のことを考えるとあまり摂り

体や心に良いジャスミン茶の効果とは?おすすめの飲み方も紹介!

毎日口にすることの多いお茶は、香りで選ぶという人が多いのではな

健康にも美容にも!ルイボスティーの効果とおすすめの飲み方!

毎日の生活でホッとしたいときに、ふと飲みたくなるのがお茶。おな

高血圧気味の方におすすめの飲み物5選!飲料を選ぶポイントは?

高血圧を放置すると、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こす可能性が

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑