い夏にはクーラーなどが大活躍しますが、出来れば自然に涼みたいと思う方も多いのでは。また窓から入る熱などを上手に遮断しないと、室温が下がりにくく電気代のムダの元。

そこで活用したいのが、昔ながらの「すだれ」「よしず」です。

”すだれ”と”よしず”って見た目が似ていて違いがよくわからないと思われる方も多いのでは無いでしょうか。使い方の違いも気になりますね。

意外と知られていない、すだれとよしずの違いや使い分け方、そしてオススメの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

すだれとは

漢字で書くと「簾」

すだれは漢字で書くと「簾」または「簀垂れ」と書き、日除けや虫よけ・目隠し目的で使われる道具です。

その歴史は奈良時代まで遡ることができ、「万葉集」にも短歌として登場ずるほど馴染み深いもの。

また「御簾(みす)」という縁取りのあるすだれは、公家や武家の室内を仕切るのに使われたもの。平安時代の貴族の絵に良く描かれているので、教科書などで見たことがある方も多いかも知れませんね。

素材や大きさは

すだれは主に、細く切った竹を並べて綿糸で編み止めて作られます。最近ではプラスチック製品もありますが、現在でも主流は竹製品

大きさは様々ですが、リビングの窓が隠れる程度の大きさのが一般的となっています。

よしずとは

漢字で書くと「葦簾」

よしずは漢字で書くと「葦簾」と書き、日除けや虫よけ・目隠し目的で使われる道具です。

すだれと同様に奈良時代から使われていて、夏の風物詩となっています。

よしずの漢字に使われている「葦」ですが、これは材料のこと。

主に使われているのが「葦(ヨシ)」という、イネ科の植物の茎だからなんですよ。これを主にシュロの糸で編んで止めたものが、よしずとなります。

またすだれと同様に、最近ではプラスチック製のよしずも登場しています。

大きさは

よしずの大きさですが、実は幅が六尺(約180cm)に統一されています。

高さも尺単位(一尺は約30cm)で販売され、主流は六尺(約180cm)~九尺(約270cm)がメイン

小さいよしずはほとんど無く、2m前後の大型のものとなります。

スポンサーリンク

すだれとよしずの違いは?どっちが涼しいの?

大きさと素材が違う

「すだれ」と「よしず」には、素材や大きさの違いがあります。

すだれは主に竹製で、大きさは様々。一方のよしずは主に「ヨシ」の茎が使われ、幅が六尺と決められています。

しかしホームセンターでは大きさ・素材に関係なく、どちらも「すだれ」として販売していることも。あるいは大きいものをよしず、小さいものをすだれとして販売している場合もあります。

涼しさはよしずが上

「すだれ」も「よしず」もどちらも暑さ対策に使用されますが、実はよしずの方が涼しさは上

というのもよしずの方が面積が大きく、また目が詰まっていて日光を通しにくいからです。

すだれもある程度日光は遮断できますが、大きさの関係でやや劣る部分が。しかし風に揺れる様子は涼しげで、見た目にはすだれも涼しく感じられますよ。

すだれとよしず、それぞれの使い方と使い分け

「掛け簾」と「立て簾」

すだれは主に、窓の外や内側に吊し下げる「掛け簾」という使い方をします。

設置方法ですが、編んだ竹が地面と平行になるようにカーテンレールや窓の上部に設置。その上で床や地面に接するようなら、少し巻き上げるなどして高さを調整します。

あるいは好みの長さのすだれを購入して、窓の半分だけ隠れるようにする…といった使い方も可能です。

一方のよしず「立て簾」という、窓や壁に立てかける使い方をします。

設置方法ですが、編んだヨシが地面に対して垂直になるように壁や窓に立て掛けます。

よしず自体にコシがあるので、立てかけるだけで設置完了。もし風で飛びそうならば、上部を止めるなどすればより安心です。

水を掛けて更に涼しく

涼感効果が期待できるよしずですが、さらに工夫することで涼しく感じることが出来ます。

それは「窓を開けた上で、よしずに水をかける」方法。

するとヨシに水分が含まれた状態となり、そこに風が通ると水分が蒸発する「気化熱」が発生。気化熱は周囲の熱を奪う現象なので、部屋に入る風が少し涼しくなるんですよ。

なおこの方法は、プラスチック製のよしずでは使えないので注意して下さい。

【関連記事】

使い分けて涼しい夏を!

「すだれ」や「よしず」は見た目が似ているため、同じものとして扱われがちです。

しかし”すだれ”は竹製でやや小さく、窓に吊り下げて使うもの。一方の”よしず”は「ヨシ」でできた大型のもので、窓や壁に立てかけて使用します。

涼しさではよしずが上ですが、見た目の涼しさや風流さではすだれも負けてはいません!

昔から愛されているすだれとよしずを上手に使い分けて、過ごしやすい夏にしたいものですね。