レンタインデーが終わると、ホワイトデーが気になりますね。

チョコをもらった男性は、もうホワイトデーのお返しは用意しましたか?もしかすると、お返しに頭を悩ませているかもしれませんね。

そんなホワイトデーのお返しには、お菓子が使われることも多いもの。でも実は、お菓子によって「意味」が違ってくるんですよ

それ、知らないと大変なことになることも・・

ホワイトデーのお返しによく使われるお菓子に込められた意味についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しに使われるお菓子の意味は?

ホワイトデーのお返しには、やはりお菓子が定番!

代表的なところでは、

  • マシュマロ
  • クッキー
  • キャンディ

などがあげられますが、それぞれに意味があるんですね。

マシュマロ

マシュマロ
  • あなたが嫌い
  • ごめんなさい、お付き合いできません

「あなたの気持ちを柔らかく包んでお返しします」と言う意味から。「溶けてなくなるから」と言う意味も。

クッキー

クッキー
  • 友達のままでいよう
  • このままの関係でいましょう

実は、ホワイトデーのお返しとしては一番人気のクッキー。さくっとした食感から「ドライな関係のまま」の意味になります。

キャンディ

キャンディ
  • あなたが好きです
  • 交際OK

キャンディは「長く楽しめる」ことから。本命の彼女ならキャンディですね。

マカロン

マカロン
  • あなたは特別な人

マカロンは、他のお菓子に比べてお値段的にも「特別」ですよね。スペシャル感のあるマカロンは、本命の彼女へのお返しにピッタリです。

スポンサーリンク

ホワイトデーに配るお菓子については、いろいろな意味があるのが分かりますね。

実はお菓子以外に、これらについても要注意ですよ。

ハンカチ

ハンカチ
  • 別れ

「普段よく使う物だからあげるものだから」とホワイトデーに限らず、気軽にあげてしまいがちなハンカチ。

「義理」ならともかく、本命の彼女には絶対にやめた方が賢明です。

渡す時には、「いつもお世話になっているから」など、さりげなく言葉を添えた方がいいかも知れませんね。

ホワイトデーにはメッセージを添えて

whitedayrank6

レゼントの上手な人って素敵ですよね。プレゼントやお返しの上手な人は、贈る相手のことをよくわかって気配りのできる人なのではないでしょうか。

ホワイトデーのお返しは、品物によってそれぞれ「意味」があるわけですが、今回初めて知ったという方も多いかもしれませんね。知らないときには気にならなかったことも、知ってしまうとやはり気になるもの。

マシュマロを貰ったら落ち込んでしまいそう…でも、もしかしたら、贈った人は、お菓子の意味をしらず、そんなつもりは全くないかも知れませんね。ですので、最終的には、相手の「態度」で判断するしかなさそうです

また、場合によっては、本命の彼女にだって、クッキーやマシュマロもあげたいときもあるかも知れません。

そんなときには、「いつもありがとう」と言う感謝の気持ちとともに、そのプレゼントを「あなたのために選びました」とのメッセージを添えて上手に贈れたらいいなと思います。