鯉のぼりの由来や意味。こどもの日に掲げるのは何故?

| 日本の習慣・行事 | , , ,

koinoboriyurai5

5月5日は「こどもの日」

こどもの日には、特に男のお子さんがいる家庭では、お祝いをされる方も多いと思います。

鯉のぼりを掲げることもありますよね。

でも、こどもの日にはどうして鯉のぼりを掲げるんでしょうか?

鯉のぼりの由来や意味、
こどもの日に鯉のぼりを掲げる理由について、

まとめてみました。

スポンサーリンク

鯉のぼりの由来・意味

「鯉のぼり(鯉幟)」とは、鯉の形を模した「幟(のぼり)旗」です

男の子の出世と健康を願い、家庭の庭先に飾られる鯉のぼりは、皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも呼ばれます。

koinoboriyurai1

鯉のぼりの由来

鯉のぼりは、「幟(のぼり)」と言う名前ですが、実際には、のぼりではなく「吹き流し」形をしています。

江戸時代中期に、裕福な庶民の家庭で習慣になった「鯉のぼり」。武家社会の風習であった、「旗指物(家紋を染め抜いたのぼり旗)」が起源と言われています。

武家社会には、端午の節句に旗指物を、虫干しをかねて飾る風習がありました。その風習が庶民にも広がり、端午の節句に、「節句のぼり」を立てるようになります。

武家ののぼりは家紋のみのシンプルなもの。

それに対して、庶民のたてるのぼりは、子どもに幸せになって欲しいと言う願いを込めて、武者絵などが多く描かれたことから「武者のぼり」と呼ばれます。

鯉のぼりの意味

江戸時代中期になると、のぼりの図柄も、武者絵から「鯉の滝昇り」へと、変化して行きます。

「鯉の滝昇り」は、多くの魚のなかで、滝を昇ることが出来た唯一の魚「鯉」が竜になったと言う中国の故事「登竜門」にちなむ、立身出世の象徴です。

鯉が描かれるようになったことで、形ものぼりから吹き流し形に変化し、武者のぼりから独立した「鯉のぼり」となりました。

スポンサーリンク

こどもの日に鯉のぼりを掲げるのは何故?

江戸時代、武士の家では、跡取りである男の子が産まれると、玄関にのぼりを飾る習慣がありました

これには、次の意味があります。

・男の子がうまれたことの感謝の気持ちを神様に伝える。
・男の子の無事・健やかな成長を神様にお願いする

この習慣が、庶民へと広がる過程で、 のぼりが鯉のぼりへ、素材も紙から布へと、進化して行ったと考えられています。

koinoboriyurai2

こどもの日に鯉のぼりを掲げる理由

江戸時代には、端午の節句は、「菖蒲」と「尚武」をかけたところから、男の子の誕生と成長を祝う節句になりました。

戦後、5月5日は「こどもの日」として祝日になりました。

男女を問わず、こどもの健やかな成長を願う日となりましたが、男の子のいる家庭で、鯉のぼりを飾る習慣は、今に続いています。

吹流し、天球、矢車の意味

koinoboriyurai3

鯉のぼりは、「鯉」の部分だけでなく、吹流しや、竿の先についている天球矢車にも意味があります。

五色の吹流しは、「魔除け」の意味があり、中国の陰陽五行説に通じるものです。

天球は、神様にわが子の存在を気づいてもらえるようにするため、
矢車は、どこから「魔」が来ても、それを射抜くためのもの。

鯉のぼりは、そのすべてに、こどもの健やかな成長を祈る意味が込められているのです。

関連記事:
端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?
こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

古くから伝わる習慣と気持ちを大切にしよう

koinoboriyurai4

当初、黒しかいなかった鯉も、今では、
・黒い鯉はお父さん、
・赤い鯉(緋鯉)はお母さん、
・青やピンクの鯉はこどもたち

とされるようになりました。

現代では、男女の協力があってはじめて、家庭も社会も成り立つと言う、考えが深く浸透して来ているように感じます。

伝統行事も、親が子を思う気持ちはそのままに、解釈や形は、少しずつ「進化」しているんですね。

日本鯉のぼり協会のホームページ トップ画面には、「鯉のぼりは、逆風に負けない」とあります。
※日本鯉のぼり協会のホームページ

鯉のぼりは順風では舞わず、強い逆風を受けてはじめて大空に舞い上がるもの

困難があっても、それを乗り越えて、強く育ってほしいと言う、親の気持ちに通じるものがありますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

住吉大社の初詣2017年の混雑予想!おすすめの参拝時間は?

神社・寺院がとても多い関西ですが、特に大阪では初詣と言えば「すみよしさん」と答える人が多いん

記事を読む

針供養の日とはいつ?どこの寺社で行われるの?広まった由来も紹介!

最近では何でも購入出来ることから、ぞうきんなどは自分で縫わずに店で買うする人も増えています。

記事を読む

土用の丑の日にうなぎを食べる由来とは?2017年はいつ?

夏が近づくとスーパーなどでは、「土用の丑の日」とのぼりが立つのをよく見かけますね。 土用の丑の

記事を読む

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。 端午の節句には、五月人形や鯉の

記事を読む

大暑(たいしょ)の意味とは?2017年はいつ?その時期の食べ物と言えば?

日本の気候は「春・夏・秋・冬」の、四季だけでは表現しきれないと思うことはありませんか?

記事を読む

秋分の日の意味や由来。2017年の日にちはいつ?何をして過ごすの?

秋の9月下旬の連休をシルバーウィークといいますが、年によっては連休が続く時もあれば、そうでない時もあ

記事を読む

お月見団子の作り方。簡単に出来る手作りレシピをご紹介!

毎年9月ごろに楽しむお月見は、季節の移り変わりを楽しむ日本人らしい風習ですね。そのお月見に欠

記事を読む

戌の日の安産祈願に行くならココで!東京で有名な神社5選!

医学が発達した現代でも出産は命がけで、母子ともに負担なく軽く済ませたいものです。 その

記事を読む

お彼岸のお供え物には何がいいの?のしはどうする?

春と秋には、「お彼岸」がありますね。 お彼岸には、昼の長さと夜の長さがほぼ同じくらいになる

記事を読む

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黒糖に含まれる栄養とカロリーは?効果的な摂取方法もご紹介!

料理やお菓子に欠かせない砂糖は、健康のことを考えるとあまり摂り

体や心に良いジャスミン茶の効果とは?おすすめの飲み方も紹介!

毎日口にすることの多いお茶は、香りで選ぶという人が多いのではな

健康にも美容にも!ルイボスティーの効果とおすすめの飲み方!

毎日の生活でホッとしたいときに、ふと飲みたくなるのがお茶。おな

高血圧気味の方におすすめの飲み物5選!飲料を選ぶポイントは?

高血圧を放置すると、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こす可能性が

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑