ここ数年ですっかり定着したクールビズですが、お勤め先では取り入れられていますか?

業種によっては難しい場合もありますが、今や積極的に取り組む企業は多いですよね。

ある時期を過ぎると一斉に始まるクールビズですが、2018年はいつから開始なのでしょうか。そしてクールビズの時には、どういった服装が望ましいのでしょうか。

2018年のクールビズ期間と、クールビズの服装についてまとめました。

スポンサーリンク

2018年のクールビズの期間はいつからいつまで?

4月下旬に環境省が発表

クールビズ運動を推進する環境省では、例年4月下旬頃(GW前)にクールビズ期間というものを発表しています。

2018年のクールビズ期間は4月下旬まで正式にはわからないものの、2017年・2016年と「5月1日から9月30日まで」でしたので、同じ期間になると思われます。

まぶしいビルの谷間から太陽を見上げる

この期間を見てわかるのは、環境省の推奨する期間は春半ばから秋半ばまでとかなり長いこと。東日本や北海道の5月はまだ肌寒く、クールビズの実感が得られにくい可能性が。一方で九州・沖縄地方などでは、この時期からでもクールビズに取り組みやすいですね。

環境省のクールビズ期間は、あくまでも「この期間に実施が望ましい」というもの。企業によってはクールビズ期間は違ってきますし、地域性も考えて実行するのが一番でしょう。

1ヶ月前倒しで

環境省のクールビズ期間が長期に及ぶのは、いくつかの理由があります。

ひとつは南北に長い日本では、暑い時期が長い地域と短い地域が存在するから。もうひとつは、2011年に発生した「東日本大震災」の影響があります

環境省がクールビズを提案して開始されたのは2005年(平成17年)。当初は6月1日から9月30日までの約4ヶ月間でした。

しかし2011年に東日本大震災が発生し、この年の夏に冷房家電による電力不足が発生する可能性がありました。そのため節電を呼びかけるために、官公庁ではクールビズ期間を前後とも1ヶ月前倒し・延長して実施することに

これが半年間(6ヶ月間)に渡る、クールビズ推奨期間となったのです。

その後、2016年以降は5月1日から9月30日までの5ヶ月間になりました。始まりは同じですが、終了日は1ヶ月前倒しされましたね。

これまでのクールビズ期間を表にすると次の通りになります。

年度 クールビズ期間
2005年~2010年 6月1日~9月30日(4ヶ月間)
2011年~2015年 5月1日~10月31日(6ヶ月間)
2016年、2017年
※おそらく2018年も
5月1日~9月30日(5ヶ月間)

なお、クールビズの終了日については、企業によっては独自に延長することもあります

間違えないように会社に必ず確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

クールビズの服装は?

男性の場合

男性のクールビズの基本は、
「ノーネクタイ・ノージャケット」
となります。

いつものスーツからジャケットとネクタイを除き、Yシャツを半袖にすればクールビズの完成。スーツのズボンの代わりにチノパンを合わせると、きちんと感のあるクールビズとなります。

靴はスニーカーを合わせると、歩きやすいですし革靴よりも涼しいですね。

ノーネクタイのサラリーマン

男性のクールビズで注意したいのが、Yシャツの代わりとなる上着

ポロシャツを合わせたくなるのですが、カジュアル感が強すぎるため業種によってはNGとなります。

また官公庁で推奨されている沖縄の「かりゆしウェア」は、色彩が賑やかなので注意が必要。更に似ているものだからと「アロハシャツ」を着用するのは、ラフすぎるのでやめたほうが無難です。

その他Tシャツ・タンクトップ・ハーフパンツ・ジーンズ・サンダルは、ラフすぎる為基本的にはNG。ただし業種や会社の傾向によっては許されることがあるので、事前に確認しておきましょう

女性の場合

女性のクールビズですが、男性よりも難しい部分が。

普段スーツスタイルで働いている場合、男性と同様に半袖シャツとパンツを合わせると無難です。

シャツを薄手のブラウスに変更すると、堅苦しさが抜けて涼しげに見えますね。一見アンサンブルに見えて生地が一体化しているシャツも、きちんとしつつ薄着が可能です。

男性と違い女性の場合、ポロシャツはOKの企業が多め。これにチノパンやタイトスカートを合わせても、クールビズとして通用しますよ。

女性で気をつけたいのが、素材の透け感

薄手の生地になるとインナーが見えやすくなるため、必ずチェックしましょう。またパンツの代わりにガウチョを合わせるのは、カジュアル感が出すぎるので基本NG。

靴はミュールを避けて、ベルトの付いたサンダルにすると見た目が涼しくなります。

そもそもクールビズとは

気温が上昇するシーン

室温28度でも過ごせる様に

クールビズとは、2005年から環境省が推進している運動の事。

その目的は「節電と地球温暖化対策」で、主にエアコンの使いすぎを防ぐ目的で始まりました。

電気を作る際にどうしても二酸化炭素が発生し、これが地球温暖化の原因の一つとなっています。またエアコンは電力消費が激しく、特に室温設定を低くすると想定以上に電気を使います。

そのため「室内の温度設定を、あまり電気を使わない28度」にすることを推奨。その上で、28度の室温でも涼しく過ごせる服装で働こう、と呼びかけたのです。

簡単に言ってしまえば「家電にあまり頼らず、涼しい服装で夏をのり切ろう」というものですね。

なお、設定温度を28度に設定したとしても、必ずしも室温が28度になるとは限りません。その場合はエアコンの設定温度を下げて温度調整すればOKです。

エコに涼しく過ごそう

ールビズは節電しながら、涼しく働くための呼びかけ。エアコンの温度を上げて涼しい服装で過ごすもので、冷房家電を禁止するものではありません。

またクールビズは楽な服装をというのを勘違いして、ラフすぎる服装で出社するのも間違いです。業種にもよりますが、あくまでも仕事中であることを考慮した服装が求められます。

きちんと感を出しつつ涼しげな服装で、クールビズを楽しく過ごしましょう!