町を見渡して俯瞰する

社で企画書を提案した時に、上司に「もっと俯瞰的に物事を見ろ!」と指摘されたことはありませんか?またビジネス書でも、「俯瞰的に見る事が大切」といった言葉もよく見かけます。

このようにビジネスシーンなどで見聞きすることの多い、「俯瞰」(ふかん)という言葉。

日常生活ではあまり使わない言葉かもしれませんね。ですがビジネスシーンでは良く使われるので、その意味や使い方はぜひ知っておきたいもの。

そんな、俯瞰の意味や使い方、そして類義語・対義語もあわせて紹介します。

スポンサーリンク

俯瞰の意味とは

高いところから見下ろすように

高いところから俯瞰する

俯瞰「ふかん」と読みます。普段なかなか書くことのない難しい漢字が使われていますね。

  • (ふ)」は、「身をかがめて下を見る、うつむく」という意味がある文字。
  • (かん)」は、「高い所から見下ろす、下を見る」という意味がある文字。

これらを組み合わせた「俯瞰」は、「高いところから下を見渡す」という意味となります。

またこの意味から転じて、次の意味でも使われています。

  • 物事の全体を高い視線で見渡す。
  • 客観的な視線で、物事全体を見て把握する。

ビジネスシーンで「俯瞰」といった場合、こちらの意味で使われることがほとんどでしょう。

例えば、高層ビルの屋上や山頂から下を眺めると、町並みや麓の様子などが一望出来ますよね?

このように物事を小さな一面からのみ見るのではなく、全体像をしっかり見る。そうすることで新たな発見があったり、わからなかったことが理解できるようになる。

仕事上で「俯瞰」と言われた場合、全体を見て物事を把握することが求められているということですね。

俯瞰の類義語や対義語は?

俯瞰の類義語は?

鳥瞰

俯瞰の類義語には、「鳥瞰」(ちょうかん)があります。

鳥瞰には、空を飛ぶ鳥の目線で下を見るという意味から転じて、高い視点で下を見渡すという意味が。「鳥瞰図」という、上空から斜めに下の地域を見渡した図でよく使われる言葉でもあります。

大局

また、「大局」(たいきょく)も、俯瞰の類義語としてよく使われる言葉。

大局は、「囲碁の盤面全体の情勢」という意味があります。また、「大局を見る」で囲碁の展開を見るという意味にもなります。

そこから「物事の成り行きや情勢」という意味になり、全体的な動きを見守ったり把握する時に使われます。

マクロ

さらに「マクロ」も、全体を見渡す・把握するという意味で使われる類義語です。

ただしマクロは、エクセルやテキストエディタなどのコンピューターソフトにおいては、「事前に作成した命令を自動的に実行させるプログラム」という意味の言葉にもなります。

そのため「マクロ的」という表現を使うと、より親切ですね。

俯瞰の対義語は?

俯瞰の対義語(反対語)としては、次の言葉があげられます。

  • 仰望(ぎょうぼう)
  • 仰視(ぎょうし)

仰望とは、「仰ぎ見る」「心を寄せ、慕う」という意味がある言葉。

「仰」には、「下から上をむいて高い所を見る」という意味があり、そこから転じて、偉大なものや高い存在を下から見上げて慕うという意味となりました。

仰視も同じ様に「下から上を仰ぎ見る」という意味があり、そこから転じて「下から上を見る」意味に。

俯瞰が「上から下を見渡す」のに対し、仰望・仰視は「下から上を見渡す」ことになるんですね。

スポンサーリンク

ビジネスシーンでの俯瞰の使い方

広い視野で見渡す

ビジネスシーンで「俯瞰」が使われる場合、「広い視野で見渡す」意味で使われます。

  • もっと俯瞰的な立場で意見を求めないと、自分好みの偏った意見ばかり拾うことになる。
  • その提案は一方的すぎるので、提案内容を俯瞰した上で再提出を求める。
  • 自分に何が足りなかったのか、これまでの行動を俯瞰的に振り返ることから始めた。

いずれも広い視野を持って、客観的に物事を見ようとするものです。

人はそのつもりはなくても、時には視野や思考が狭く偏ることが。特に企画書や提案書では広い目線が求められる事もあるため、俯瞰する意識は持ち続けたいですね。

また他の人の意見などで良い点があるが偏りがある場合にも。俯瞰を用いて指摘するとスマートです。

指摘する

俯瞰を使うときの注意点

俯瞰という言葉を使うときに少し注意してほしい表現としては、

  • 俯瞰的に見る
  • 俯瞰的な視界で

といった表現があります。

俯瞰には既に「見渡す・見る」という意味が含まれているので、「視点で」と組み合わせると二重の意味になってしまいます

「俯瞰的に見直す」「俯瞰的な視点で」という表現は使いやすく便利なんですが、この点を気にする人もいます。

  • 俯瞰する
  • 俯瞰的に

とし、「見る」という表現を重ねないほうがより適切と言えますね。

俯瞰を意識して

瞰には、「高いところから下方を見渡す」という意味がある言葉。

ここから転じて、

  • 「広い視野を持つ」
  • 「客観的な視点を持つ」

というビジネス用語としても良く使われます。

「俯瞰的に」と指摘された場合は、自分の発言などに偏りがある可能性があるかもしれません。一度冷静になって全体像を見直し、客観的にまとめなおしたいですね。

俯瞰する意識を常に持ち、柔軟かつ新たな提案ができるように心がけましょう!