進捗のチェック!

ジネスシーンでは、日常ではあまり聞かない言葉が使われることがあります。また音ではよく聞くものの、文字で見た時に同じ言葉だとわからないこともありますよね。

そういった言葉の一つに「進捗」というものがあります。

ビジネスにおいて「進捗」は良く使われる言葉ですので、その意味や使い方についてはぜひ知っておきたいところですね。

そこで、進捗の意味やビジネスシーンにおける使い方、また進捗に似た類語についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ビジネスシーンで使われる進捗の意味は?

ビジネスの進捗をノートにつける

進捗は「しんちょく」と読む言葉で、次の意味があります。

  • 物事が進み、捗る(はかどる)こと。
  • 官位などの位をすすめ、のぼらせること。

このうちビジネスシーンなどで良く使われるのは、前者の「物事が進み、捗る」方です。

進捗の「進」は、その言葉のとおり「すすむ」という意味があります。

そして、進捗の「捗」は「捗る」と書いて、「はかどる」と読む言葉。その捗るには、「物事が順調に進んでいる」という意味があります。

この「進」と「捗」の2つの言葉を組みあせた進捗は、「物事が順調に進んでいる」ことを強調しているんですね。

ビジネスシーンにおける進捗の使い方

会話での進捗

進捗を確認する

進捗には「順調に進んでいる」という意味がありますが、ビジネスシーンではやや意味が変わってきます。

ここでは「物事が進んでいるか」という意味となり、業務・仕事が順調であるかどうかを確認する言葉として使われることがあります。

例えば、

  • 進捗はどうですか?

…とは、「作業は順調に進んでいるか」と聞いていること。

  • 順調です。
  • 予定より1日程度遅れています。

など、作業の状況を返答しましょう。

また、

  • 進捗状況を報告してください。

…と言われた場合も、現在の作業がどこまで進んでいるかを報告します。

ちなみに砕けた表現になりますが、進捗に対する返答として、

  • 進捗はだめです。

…と言うことがあります。

これは「作業が遅れている・順調ではない」という意味ですが、正しい表現ではありませんね。

上司や目上の方に正確に返答するなら、

  • 進捗が遅れています。
  • 進捗が早いです。

…というように、「早い・遅い」という表現を使いましょう。

進捗を使う表現

進捗状況という表現の他にも、「進捗+別の言葉」を付け加えて使うことがあります。

  • プロジェクトリーダーが進捗管理を行うことで、より早く仕事を終わらせることが可能となる。

これは、仕事の進み具合がどうかを管理すること。手分けして仕事を行っているときなど、上司や責任者が全体像を把握する時に使われます。

  • 進捗率ですが、当初の計画より5%ほど遅れています。

ここでは仕事の進み具合がどれほどかという意味で、「進捗率」が使われています。進捗状況・進捗具合とすることもありますが、具体的な数字を出したい時は進捗率がピッタリです。

スポンサーリンク

進捗の類語には何がある?

進行・進展

「進捗」は便利な言葉ですが、場合によっては相手に伝わりにくいこともあります。また、よりわかりやすさを優先させたいなら、別の言い方も覚えておくと便利ですね。

例えば「進行」は、物事がより良い方向に進むという意味が。

  • 仕事の進行状況はどうですか?

と、置き換えやすい言葉でもあります。

また「進展」は、次の段階や新しい状況に進むという意味が。

  • 進展具合を報告してほしいです。

など、やはりこちらも進捗の代わりに使える言葉となります。

ビジネスの進行状況は?

進み具合

進捗の意味は「物事が進み、はかどること」ですが、そのまま「進み具合」という言い方も使えます。

また会話で使うなら、「仕事は捗ってますか?」と捗る(はかどる)という言い方も。新入社員や一般の方などに、特にわかりやすく表現したい時はこちらのほうが親切ですね。

オンスケジュール・マイルストーン

人によっては進捗の代わりに、横文字を使うことがあります。

例えば「オンスケジュール(on schedule)」は、予定通りという意味が。

「オンスケ」と省略して、

  • 作業はオンスケです。
  • そちら、オンスケですか?

というように使われます。

また「マイルストーン(Milestone)」という、一定の区切りや目標地点という意味の言葉を使うことも。

【関連記事】
マイルストーンの意味とビジネスシーンでの正しい使い方!例文も交えて紹介!

いずれも進捗と同じような意味なので、現在の作業状況を返答しましょう。

作業状況の確認に

捗という言葉は日常ではあまり使われませんが、ビジネスシーンではよく使う言葉の一つ。その意味は「物事が進み、はかどること」というものですが、ビジネスでは作業状況の確認などに良く使われます。

「進捗はどうですか?」と聞かれた場合、「作業が順調か?」ということを聞いているので現在の状況の報告をしましょう。

また進捗状況・進捗率・進捗管理という言葉もよく使われるので、それぞれの意味を知っておきたいですね。

会社での作業は多くの人が関わるもの。進捗をはっきりさせて遅れが出ないようにしましょう!