七夕への願い

7月7日の七夕には、笹の木に様々な七夕飾りを吊るして楽しみます。短冊に書かれたお願いごとを見ると微笑ましく、七夕飾りもとても愛らしいですね。

ところで、丸いくす玉や網状の飾りなど、七夕飾りは可愛いですが、そうした「飾りもの」の意味がよくわからないものも多いのではないでしょうか。

実はこれらには一つ一つ由来があり、七夕飾りとして飾られる意味があるんですよ。

由来や意味を知ると更に面白い、七夕飾りについて、お飾りそれぞれの意味もあわせてまとめてみました。

スポンサーリンク

七夕飾りの由来

そもそも「七夕」って?

沢山の七夕飾り

七夕飾りの由来を知るために、まずは七夕の由来を知っておきましょう。

七夕と言えば、「織姫と彦星が一年に一度だけ会える日」と、覚えている人も多いのではないでしょうか。

この話は実は中国から伝わったもの。「牽牛星」(けんぎゅうせい)と「織女星」(しょくじょせい)というお星様が、年に一度巡りあうというお話なんです。

一方日本では、若い女性が、神様の為に機織りをして布を作り、その布を神様に捧げる「棚機(たなばた)」という行事がありました。

これら二つの話が混ざり合って、今の七夕となったんですね。

七夕飾りは神様のもの?

中国の「織女星」は、裁縫を司るお星様で、日本では機織りをする行事だった「たなばた」。

そのため、七夕の日には織姫にあやかり、織物が上手になれるよう祈願するようになったんです。

最初は織った布や仕立てた着物を捧げていたものでしたが、やがて時代が進むに連れて簡略化されるようになりました。それが、「七夕飾り」の一部となったんですね。

七夕飾りはなぜ笹の木に?

簡略化されて出来た「七夕飾り」ですが、どうして笹の木に吊るされるのでしょうか?

それは、笹の木は神様が宿る神聖な木、とされてきたからです。冬でも枯れずに青々していることから、邪気を払う力を持つと昔の人は考えたのです。

また、まっすぐ空に向かって成長するので、神様の近くまで届き、願いが届きやすいとした説もありますね。

願い事を書いた短冊はもちろんのこと、笹の木は、神様に捧げる七夕飾りを飾るにふさわしい木、なのかも知れませんね。

スポンサーリンク

七夕で使うお飾り、それぞれの意味や由来は?

短冊

短冊が沢山

七夕飾りと言えば、まずは短冊を思い浮かべるのではないでしょうか?

願いをかいて吊るしますが、元々は書道の上達を願うためのもの。木の葉の裏に和歌を書き、笹の木に吊るしたのが始まりだと言われています。

この風習と、布を吊るして裁縫の上達を願う風習が合体して、「色のついた短冊に願いを書く」ようになったんですね。

ですので、お願いごとをするにしても、芸事の上達を願う方が叶うかも知れませんよ。

【関連記事】
七夕に飾る短冊の色にはどんな意味があるの?どう使い分ける?

紙衣

折り紙で作った着物を一番上に飾っているのを見たことはありませんか?

これは「紙衣」(かみこ)というもので、元は織った布を神様に捧げ、裁縫の上達を願う風習が簡略化されたもの。

ですので、紙を縫いあわせて、着物に仕立てあげたものを飾るのが本式となります。高い所に飾るのも、神様に捧げるための風趣の名残なんですよ。

□簡単折り紙 着物の折り方

紙衣には裁縫の上達を祈願する以外にも、作った人の病気や災難の身代わりをしてくれる役割も。裁縫には興味がない人も、ぜひ一つ作って神様に捧げてみませんか。

投網・網飾り

折り紙を細く切って、ネット上にした飾り物を見たことはありませんか?

これは「投網(とあみ)」「網飾り」と呼ばれるもので、その名の通り、漁に使う網を模した七夕飾りです。

投網を使うとたくさん魚が取れることから、幸せを掴みとるという意味が込められています。特に漁師町の七夕では、海への感謝をすることが多く、投網はたくさん作られるんですよ。

□【七夕飾り】網飾り

*作り方も折って切るだけと簡単なので、幸せをつかみ取るために作っておきたいですね。

吹流し

七夕の飾り、吹き流し

風に吹かれると揺れてきれいな吹流しも、織姫と棚機に由来したものです。

吹流しは織姫が使う糸を表していて、それを布や紙で表現したものなんです。吹流しを飾ることで、織物や裁縫の上達を祈願する意味合いがあります。

くす玉の意外な由来

大きな七夕のくす玉

吹流しの上に飾るくす玉は、中国では中に薬草を入れて魔除けとして用いられてきました。

では日本でも魔除けの意味があるの?と思ってしまいそうですが、実はその由来は少し違うもの。

くす玉と吹流しの目立つ組み合わせが、七夕に取り入れられたのは戦後に入ってから。毎年8月に宮城県で行われる、「仙台七夕祭り」が発祥の地とされています。

とあるお店の店主が、庭に咲くダリアの花を見て、くす玉と吹流しの組み合わせを思いつきました。この華やかな組み合わせが評判となって全国に広がり、七夕飾りのくす玉は普及したんですよ。

【関連記事】
仙台七夕祭りの日程について。豪華な笹飾りなど見どころ沢山!

他にもたくさん、七夕飾り

夕飾りには他にも、

  • 天の川をイメージした菱飾り(ひしかざり)
  • 明るく世界を照らす提灯(ちょうちん)

といったものもあります。

中には七夕飾りと関係ない、輪つなぎ飾りといったものも。

一つ一つの由来や意味が分かれば、神様に届くようにと真剣に作るようになるかも…。

たくさん飾れば願いがかなう…かどうかわかりませんが、数が多いほうが七夕らしくていいじゃないですか。

由来があるものや、あまり関係ないものも、たくさん作って笹の木に飾り、七夕祭りを楽しみましょう。