短冊が揺れる

七夕と言われて思い浮かべる光景は、笹の木に吊るされた、色とりどりの短冊ではないでしょうか。

短冊に書かれたお願いは、可愛いものから、現実的すぎるものまであって、思わず見てしまいますよね。

ところで「短冊」と言っているのに、そのほとんどが折り紙に書いているのはどうしてでしょう?短冊の様々な色の意味についても気になりませんか?

そんな気になる、七夕の短冊に使われる色の意味を風水の意味合いもあわせて、まとめてみました。

スポンサーリンク

短冊の色、それぞれの意味や由来は?

どうして短冊に願いを書くの?

笹につるされた短冊

七夕の風習が日本に広まった当初は、短冊を飾る風習はありませんでした。

その代わりに飾られていたのが、五色の糸。というのも七夕には、「裁縫の上達を願うお祭り」という側面があったからです。

織姫さんは、実は「織」姫という事もあって、機織りや裁縫の象徴でもあるんですよ。

その後、五色の糸が布に変わり、江戸時代には紙の短冊へと変わって行きました。そうした紙の短冊へと変わった頃に、短冊に願い事が書かれるようになりました。

短冊に願い事を書くようになったのには、更に別の理由があります。

まだ七夕の風習が貴族の行事だった時代に、木の葉に和歌を書いて吊るす風習がありました。和歌の披露という側面もありましたが、墨と筆を用いることで、書道の上達を願う事が本来の目的。

これが後に、短冊に願い事を書く風習へと変化していきました。短冊に、色画用紙や折り紙が使われるのは、五色の糸を飾った名残なんですね。

□簡単 おりがみ 短冊 七夕

*作るのも簡単です。ぜひ自分で作ってみてはいかがですか?

色は五色!

短冊に使われる色ですが、実は五色と決まっています。

七夕の歌でも歌われていますが、赤・青・黄・白・黒の「五色の短冊」を吊るすのが正式なものです。

これは陰陽道において自然を表す、「五行説」というものが由来となっています。五行の色は、それぞれの自然の特徴を表していますが、その意味は次の通りです。

  • (緑) → 木々の緑を表すので「木行
  • → 炎を表すので「火行
  • → 大地の象徴なので「土行
  • → 大地に埋まる金属を表すので「金行
  • (紫) → 命を育む「水行

紫はすべての上位に

短冊に使われる色のうち、現在ではの代わりに「紫」が良く使われています

実は五行説の考えでは、黒と紫は近い色という考え方があります。

元々紫は高貴な方だけが使える色という考え方があり、色の中では最上のもの。黒に対するイメージが、祝い事向きではないという事もあって、黒の代わりに紫が使われるようになりました。

スポンサーリンク

願いがかなう短冊の書き方のポイントは?

短冊の色は、五行説に基づいたものと説明しましたが、実はこれら色には「徳」と呼ばれる、人間の正しくあるべき心構えにも対応しています。

願い事を書くときには「徳」を意識すると、願いがかないやすくなると言われています。また、風水的な考え方で色を選ぶと、更に後押ししてくれますよ。

短冊

赤は感謝

が表す「徳」は「仁」

これは親や先祖への感謝を表す、という意味があります。そのため赤い短冊に書くお願いも、「両親が長生きしますように」といったような内容がぴったりです。

風水的な考え方でいけば、赤は決断の色。「前向きに元気になりたい」といった願いを書くのに適した色となります。

自分も両親も、ポジティブに明るくなりたいなら、赤がおすすめですね。

青(緑)は人間力

が表す「徳」は「礼」

「周囲への感謝を忘れず自分自身の人間力を高めていこう」という意味があります。そのため、願い事には自分自身を磨き、成長を願うものが適してます。

風水的な意味での青色は、冷静沈着を表し、安心信頼といった意味があります。

こちらでも、自分を高めるような願いが向いていますね。

黄は友情!

が表す「徳」は「信」

人を信じること、大切にすることを表します。そのため、願い事も友達との仲が続くことや、人間関係の向上を願うものが適しています。

風水的な黄色の意味は、ズバリお金。金運アップを願うのに適してますが、
はっきりとは短冊には書きづらいかもしれません。

「大金持ちになりたい」というのも良いですが、「商売が上手くいきますように」といった、お金稼ぎにつながる願いごとなどが良いのではないでしょうか。

白は厳守の色

が表す「徳」は「義」

義務や決まりごとを守る心を表します。願い事に関しても、自分で決めた事を守り通す事に向いています。例えば禁酒禁煙を誓ったり、ズルをしたりサボったりしない、という事を願います。

風水的な意味での白は、人間関係を良くして幸せに導く色です。

他の色の力を強める色ですので、裏が白い折り紙を短冊にするのは理にかなってますね。

黒(紫)は勉強の色

が表す「徳」は「智」

これは学業などの向上を頑張る意味があります。学校の成績アップや資格取得、物事をもっとよく知りたいといったものを願いましょう。

風水的に紫は、持っているだけで強い力を発揮する色とされています。

願い事を書くだけで、その願いに強い力が加わる、という事ですね。

*お遊びかもしれませんが、ピンクを使うのもありかも!?

「なりたい」ではなくて「なる!」

お願い

最後に短冊に願い事をかくコツですが、言い切ってしまうことです。言い切ってしまうことで、実現しようという力が働き、自然と願いを叶えるために動くとも言われています。

願うだけなら誰でも出来ますからね。短冊に願いをかいたなら、それに向かって自分も頑張ってみましょう!

頑張る姿はきっと神様も見ているはず!何もしない人よりは見えない手助けをしてくれるはずですよ。