5月の「母の日」に対して、6月の「父の日」は、ともすれば忘れがち。

6月に入ってからのチラシを見て思い出し、慌てて準備する・・・なんてこともよくあることです。

毎年必ず父の日はお祝いしてるという人も、毎年のプレゼントがワンパターンになっていませんか?

同じようなものをプレゼントをしても、お父さんは喜んでくれる・・

でも、本当にこれでいいのだろうか?と悩んでしまうこともあるかもしれませんね。

忘れていた人と、毎年贈っている人に見て欲しい、父が喜ぶ「父の日」の人気プレゼントをまとめてみました。

スポンサーリンク

父の日に贈る、プレゼントを選ぶポイント

ワンランク上の実用品を

fatherpresent1

父親へのプレゼントの場合、
どちらかと言えば「実用的なもの」が喜ばれる傾向にあります。

女性ならもらって嬉しいお花も、園芸の趣味が無い男性にはあまり喜ばれないことも。

そして実用的なもの贈るのであれば、普段父親が手にするものより、ワンランク上のものが喜ばれます。

自分では手を出しづらいものを貰うと嬉しいのは、男女共に共通の感想のようですね。

趣味の逸品も喜ばれるけれど…

趣味を持つ父親の場合、その趣味に理解を示してもらえることが嬉しく思う傾向にあります。

ですので、「趣味に関連する物」を贈るのも効果的です。

ただ趣味といっても、専門的知識が必要なものもありますね。自分では良いと思った物でも実は駄目だった、という場合もあるかもしれません。

趣味に関連するものを贈る場合は、下調べを行うか、直接本人に尋ねたほうが無難でしょう。

気になる予算は?

プレゼントにこだわれば、それだけ予算が上がってしまいます。

どうしても贈りたい物があるのなら、予算を無視してでも買ってあげたいけれど、そうもいかない現実も。

一般的な父の日のプレゼントの予算の平均は、3000円から5000円。

それ以上の予算の場合は、兄弟で出し合って購入する場合もあるようです。

一方で父の日の予算の特徴として、一切お金を掛けないという意見も意外ですが聞かれます。

これは贈らないのではなく、お金を掛けない方法でプレゼントを渡しているのだと考えられますね。

どんなプレゼントが人気なのか

fatherpresent6

定番はネクタイ・ハンカチ・ベルト

父親が貰って嬉しいプレゼントと言えば、

  • ネクタイ
  • ハンカチ
  • ベルト


が登場しますね。

サラリーマンなら幾つあっても困りませんし、常に身に着けて感謝の心を感じられるのが人気の理由です。

また、腕時計カバンも根強い人気の商品です。

こちらも常に身につけるものですので、いつでも子供と一緒の気分になるのが人気の理由です。

通販でオーダーメイドなんてのも素敵ですね!

高いビールが飲みたい

その他に根強い人気があるのがお酒です。

特に最近は、
「高級ビール・ちょっと変わったビール」に人気が集まっています。

普段はお小遣いの関係もあって、発泡酒や第三のビールを飲んでいるお父さんも、たまにはビールが飲みたい。

そして飲むのなら、普段なかなか飲めないちょっとお高いビールを飲みたい、というのが本音なのでしょう。

お父さんだってスイーツが食べたい

fatherpresent4

他にもお父さんに意外と人気なのが、「スイーツ」

女性が食べるイメージがありますが、男性だって甘いものは大好き。

今でこそ男性がスイーツを買う光景が見られますが、年配の方にはまだ少し抵抗があるのかも知れません。

そんなお父さんの為に、お取り寄せスイーツを贈ると、こちらが驚くほど喜ばれます。

質より量というお父さんも、有名パティシエのスイーツを食べると、その贅沢な美味しさにきっとびっくりしますよ。

スポンサーリンク

父の日のプレゼント、こんなことがありました。

お父さんと一緒に

私事ですが、父が喜ばない贈り物をするよりはと、何が欲しいのかを聞いたことがあります。

その時にお酒好きな父は、
「発泡酒じゃなくてビール、それもプレミアム系が欲しい」
と答えました。

しかしその後に一言、
「ついででいいから酒に付き合ってほしんだよなあ」

ちょっと高いビールが飲みたいのもあるのでしょうが、恐らく父は家族と飲みたかったのでしょうね。実家ではお酒を飲むのは父一人。小さい時から晩酌は一人だったので、飲む相手が欲しかったのかも。

そう言えば父と一緒にお酒を飲んだ事がなかったので、その年の父の日は親子で飲むことにしました。

我が家はお酒を飲みましたが、お父さんと1日を一緒に過ごす、というのが喜ばれるのかも知れませんね。

父親に頼ろう!

fatherpresent3

父の日は、お父さんがかっこよくなれる日、という「特別な一日」をプレゼントするのはいかがでしょうか。

父親にとって子供は、幾つになっても可愛い存在。大人になってもたまには頼られたいもの。そこでプレゼントを贈りつつ、父親に頼ってみるのはいかがですか?

知人のお父さんは車関係の仕事をされていて、趣味も車いじり。

そんな父親へのプレゼントは、父親の愛車の整備費用の一部負担と、自分の車の整備点検。整備の時に必要になった部品や道具を一緒に買いに行き、一緒に車を整備するのだそうです。

車ぐらい自分で何とかしろ、と毎年言われるそうですが、その時の父親は普段よりも嬉しそう、とのことでした。もちろん自分の車は、自分である程度は整備していますが、父親に見てもらう安心感は格別なのだそうです。

きっとお父さんも、娘に頼られる事が嬉しいのかも知れませんね。

一言感謝を添えて

fatherpresent5

父の日のプレゼントは、ある程度、定番のものが決まってしまっています。

それでも父親は喜んでくれるでしょうし、定番の中から工夫をこらす事で、特別なものにもなるでしょう。

しかし定番を贈るにしても、父親の好みを把握して贈るにしても、ただ贈るだけではちょっと作業的。プレゼントと一緒に、カードに感謝の言葉を添えるだけでも、温かみが違ってきます。

直接言いづらい感謝の言葉も、カードならストレートに伝えられますよ。

ぜひ試してみてくださいね。