七福神

日本では「あらゆるところに神様が居る」という考え方があり、仏様とともに日常生活に溶け込んでいますよね。神様の中でも私達にお馴染みなのが、宝船に乗った「七福神」です。

七福神の7神様はとても有名ですが、どんな由来やご利益があるのでしょうか?

そこで、

  • 七福神の名前と意味やご利益
  • 七福神の由来
  • 七福神の名前の覚え方
  • 七福神を英語で言うと?

…についてお伝えしていきますので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

七福神の名前と意味やご利益

おめでたい神様が勢揃い!

七福神のイラスト

七福神(しちふくじん)は、日本で福をもたらすとして信仰されている七柱(はしら)の神様をまとめたものです。

*日本では神様の数え方は「柱(はしら)」となっているので、七福神は七柱といいます。


  • 恵比寿(えびす)
  • 大黒天(だいこくてん)
  • 布袋(ほてい)
  • 福禄寿(ふくろくじゅ)
  • 寿老人(じゅろうじん)
  • 毘沙門天(びしゃもんてん)
  • 弁財天(べんざいてん)

七福神の意味とご利益は?

次に七福神それぞれの神様の意味とご利益を紹介します。

恵比寿(えびす)

恵比寿

日本生まれの神様で、商売繁盛・五穀豊穣をもたらす福の神です。

右手に鯛、左手に釣り竿を持った姿で描かれます。

大黒天(だいこくてん)

大黒天

食べ物や財福を司る神様で、打出の小槌と大きな袋を持った頭巾姿で描かれます。元々はヒンドゥー教の神様「シヴァ」の化身である、「マハーカーラ」という神様でいた。

日本で「大国主(おおくにぬし)」という神様と同一視され、大黒天と呼ばれるようになりました。

布袋(ほてい)

布袋

中国に実在した僧侶「釈契此(しゃくかいし)」が弥勒菩薩と同一視されるようになり、日本に伝わりました。

名前の由来は、常に大きな袋を持っていたからです。そのため絵でも大きな袋を持った、お腹の出たふくよかな姿で描かれます。ご利益としては、無病息災・家庭円満・金運をもたらしてくれます。

福禄寿(ふくろくじゅ)

福禄寿

長寿と幸運をもたらす神様で、長い頭とあごひげ、とても大きな耳という姿で描かれます。また右手に巻物・左手に杖を持ち、一緒に鶴が描かれるんですよ。

元々は道教の神様で、南極星の化身である「南極老人」が日本で変化しました。

寿老人(じゅろうじん)

寿老人

寿老人は福禄寿と同じく、道教の「南極老人」が変化したものです。

あごひげと杖を持つ姿は福禄寿に似ていますが、頭巾と手に持つ桃、一緒に鹿が描かれる点で違いがあります。桃は霊薬や宝珠に変わることもありますが、これは不老長寿のご利益を持つ神様だからです。

毘沙門天(びしゃもんてん)

毘沙門天

必勝祈願の神様で、右手に宝棒・左手に宝塔をもった鎧姿で描かれます。また家内安全財産・金運をもたらす神様として、広く信仰されています。

元々はヒンドゥー教の「クーベラ神」でしたが、仏教に取り入れられ毘沙門天となりました。

弁財天(べんざいてん)

弁財天

七福神で唯一女性の姿で描かれ、琵琶をもった天女の姿または鎧姿で描かれます。

元々はヒンドゥー教の「サラスヴァティ」という、水を司る神様でした。そのため恵みの神と、学問や芸術の神という二つの側面を持っています。

七福神の特徴やご利益まとめると

改めて、七福神の特徴やご利益を表にまとめておきます。

七福神 特徴 ご利益 元の国や宗教
恵比寿
えびす
鯛と釣り竿 商売繁盛・五穀豊穣 日本
(神道)
大黒天
だいこくてん
打出の小槌と大きな袋 食べ物・財福 インド
(ヒンドゥー教)
布袋
ほてい
大きな袋・ふくよかな姿 無病息災・家庭円満・金運 中国
(仏教)
福禄寿
ふくろくじゅ
長い頭・あごひげ・大きな耳 長寿・幸運 中国
(道教)
寿老人
じゅろうじん
あごひげ・頭巾・(桃・鹿) 長寿 中国
(道教)
毘沙門天
びしゃもんてん
宝棒・宝塔・鎧姿 必勝・財産・金運 インド
(ヒンドゥー教)
弁財天
べんざいてん
天女・琵琶 恵み・学問・芸術 インド
(ヒンドゥー教)

七福神の由来

室町時代には信仰されていた

七福神の彫刻

七福神はいつから信仰されるようになったのかは、はっきりしていません。

元々日本の神様だった恵比寿と、インドのヒンドゥー教で信仰されていた大黒天・毘沙門天をまとめて信仰する動きが平安時代末期にありました。そして鎌倉時代になると、毘沙門天の代わりに弁財天を加えて信仰することもありました。

室町時代になると布袋・福禄寿・寿老人も加わり、毘沙門天と弁財天も集まって七福神となったとされています。

中国の八仙からきたという説

古代中国では「八仙(八福神)」という、仙人を信仰する風習がありました。この8仙人は全て実在の人物だったと言われています。

八仙は船に乗った姿で描かれていて、これが日本に伝わって七福神の絵姿となったという説もあります。

スポンサーリンク

七福神の名前の覚え方

海老で鯛を釣るご老人

七福神の名前は独特なので、全員分は覚えづらいですよね。そこで語呂合わせで覚える方法を紹介しますね。

海老を釣るご老人、初めが抜ける「は・ひ・ふ・へ・ほ

それぞれの言葉に、七福神が含まれています。

  • 海老 …恵比寿
  •   …大黒天
  • ご老人…寿老人
  •   …毘沙門天
  •   …福禄寿
  •   …弁天財
  •   …布袋

「は」に該当する七福神はいないので、「初めが抜ける」としているんです。七福神の名前と語呂合わせを、一緒に覚えるとより効果的ですね。

七福神の宝船

七福神を英語で言うと?

ちなみに、七福神を英語で言うと次の通りになります。

七福神:Seven Deities of Good Fortune

他にも、

  • Seven Deities of Good Luck
  • Seven Gods of Good Fortune
  • Seven Gods of Good Luck

と呼ぶこともできます。

七福神、それぞれの神様を英語で表現すると次の通りです。

七福神 ローマ字 英語表現
恵比寿 Ebisu God of Development
大黒天 Daikokuten God of Wealth
布袋 Hotei God of Cleverness
福禄寿 Fukurokujyu God of Happiness
寿老人 Jyurojin God of Hearlth
毘沙門天 Bishamonten God of Success
弁財天 Benzaiten God of Beauty

【関連記事】

いろいろな国の神様が一緒に!

七福神は、ヒンドゥー教・仏教・道教の神様と日本の神様を組み合わせて、まとめて信仰するものです。宝船に乗った姿で描かれることも多く、家内安全や金運などのご利益が得られるんですよ。

神様の名前は地名などでおなじみの方もいますが、ちょっと覚えにくい神様もいらっしゃいますよね。そんな時は語呂合わせを活用すれば、全員の名前が出やすくなりますよ。

お正月などでもおなじみの七福神は、実はすごい神様。しっかり覚えてご利益にあやかりましょう!