豊橋祇園祭2017の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

| イベント・お祭り | , , ,

toyohashigion2

火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか?

祇園祭と言えば京都を代表するお祭りですが、こちらの祇園祭は愛知県豊橋市で行われるもの。

そして、「打ち上げ花火」「手筒花火」が、
見る人を魅了するお祭りなんですよ。

そんな愛知県豊橋市の「豊橋祇園祭」について、
・豊橋祇園祭とは?
・2017年の日程と花火のスケジュール
・見どころ
・アクセスや穴場の見学スポット

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

豊橋祇園祭とは?

神社なのに仏様のお祭り?

豊橋祇園祭は、愛知県豊橋市にある「吉田神社」で行われるお祭りです。

実は「祇園祭」の「祇園」とは、「祇園信仰」という牛頭天王を拝む仏教系信仰から来ています。現在は「スサノオノミコト」を祀る吉田神社ですが、昔は仏教の神様「牛頭天王」を祀っていたんです。

神社なのに仏教系のお祭りなのは、仏教の神様をお祀りしていた名残なんですね。

花厄除け花火

toyohashigion3

豊橋祇園祭と言えば、花火がとても有名です。

どうして花火を打ち上げる様になったかというと、火で悪霊退散を行う祭りが起源だからなんです。そのお祭りが花火と合わさったのは、戦国時代の武将・今川義元の部下が1588年に花火を奉納したから。

打ち上げ花火ではなく、竹筒を職人が持って打ち上げる「手筒花火」を奉納したからと伝わっています。奉納された花火を、各人が技を駆使して披露したことで、今に伝わる花火大会となりました。

ちなみに吉田神社と豊橋祇園祭は、「手筒花火発祥の地」とされています。ここに奉納された手筒花火が、記録に残る一番古い手筒花火と言われています。

2017年の日程とスケジュールは?

花火は金曜日と土曜日に

豊橋祇園祭は、毎年7月の第三金曜日から日曜日までの3日間開催されます。

そのうち日曜日は本祭となり、神輿や奉納舞などが披露されます。豊橋祇園祭は花火が有名ですが、実は花火は前夜祭。主役ではないんですよ。

2017年の豊橋祇園祭の日程は、
7月21日(金)、22日(土)、23日(日)

花火が見られるのは、初日と2日めの7月21日・22日となります。

手筒は金曜日から、打ち上げ花火は土曜日に

toyohashigion1

花火大会は21日(金)と22日(土)の2日間に分かれて行われます。

初日の21日(金)吉田神社内「手筒花火」の披露がメインとなります。時間は、18時30分から22時頃まで

翌日22日(土)には、場所を移動して豊川河畔「打ち上げ花火」が披露されます。

時間は、22(土)の19時頃開始の予定です。

その後21時頃までの間に約1万発以上の花火が打ち上がり、豊橋の空を明るく染め上げます。

スポンサーリンク

見どころや穴場の見学スポットは?

手筒花火は混雑覚悟で

手筒花火が披露される吉田神社は、花火披露前の儀式などの関係で、場所取りが禁止されています

また、手打ち花火は一歩間違えれば危険なもの。

安全上の問題もあって、一定以上離れた所で見学となります。

このように職人さんたちが、文字通り体を張って見せてくれる花火は、悪霊も逃げ出す迫力です。

場所取り出来ない事もあって、なるべく早く神社に行って場所を確保する必要があります。

混雑するものとある程度割り切った上で、周りの人と譲り合って見学しましょう。

打ち上げ花火の穴場、あります。

一方の打ち上げ花火の会場となる豊川河畔も、毎年場所取りが加熱しています

良い席は桟敷席として有料で販売されますが、協賛金として一人あたり4000円支払う事が必要となります。無料でよい場所となると。場所取りが必要となりますが、こちらは前日から陣取る人も。

実は河川敷まで行かなくても、ゆっくりと見物できる場所があるんです。

それは豊橋河畔から、川を挟んで向かい側にある「豊橋公園」

公園内の三の丸会館や吉田城付近の芝生から、花火見物か可能です。

豊橋河畔と違って場所も広く、芝生の上にシートを広げて花火見物も可能です。穴場ではありますが、少し早めに行ったほうが見やすい場所を確保できますよ。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR東海道本線 豊橋駅または、名鉄名古屋本線 豊橋駅を目指しましょう。

JRですと新幹線の停車駅ですし、東京・大阪両方向から行きやすいですね。

そして豊橋駅から運行している豊橋鉄道(路面電車)に乗車します。

「市役所前」で下車しますと、吉田神社・豊川河畔・豊橋公園へはいずれも徒歩5分ほどで到着です。

車でのアクセス

東名高速道路・豊川インターを降りて、国道151号線から国道1号線を経由して豊橋市内を目指します。

インターを降りておよそ20分前後で到着しますが、毎年花火大会前後は大渋滞が発生します。

各会場には駐車場がありませんので、近くにある市役所の有料駐車場(300台)を利用することになります。

手筒と打ち上げ、二つの花火を楽しんで

打ち上げ花火は全国各地で見られますが、手筒花火はめったに見ることができません。

豊橋祇園祭は手筒花火発祥の祭というだけあって、これだけの手筒花火を見られるのはとても珍しいこと。花火を持つ職人さんたちの、勇猛果敢で華やかな手筒花火をしっかり目に焼き付けましょう。

打ち上げ花火も、これだけの数が打ち上げられる事はなかなかありません。二つの花火大会をたっぷり堪能して、夏本番を楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

岩手花巻まつり2017年の日程と見どころ!山車・神輿が圧巻!

暑さも一段落する9月になると、どこか遠くへ遊びに行きたくなりませんか? そんな方におす

記事を読む

東京麻布十番祭り2017年の日程は?おすすめの屋台をご紹介!

東京には様々なイメージがありますが、おしゃれな地域と言われるとどこを思い浮かべますか?

記事を読む

ミュンヘンクリスマス市2017年の日程と楽しみ方!ポストカードにも注目!

ハロウィンが終わると、街角はあっという間にクリスマスの装飾でいっぱいになります。友人・恋人・家族とど

記事を読む

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありませんか。 大勢の人が一斉に踊

記事を読む

長崎くんち2017年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせないもの。 全国各地で開催さ

記事を読む

名古屋熱田神宮の熱田祭り!2017年の日程と花火の時間は?

梅雨入りの頃ともなると、どうしても外に出たくなくなりますよね。 そんな梅雨の時期に行わ

記事を読む

大迫力!岸和田だんじり祭り、2017年の日程や見どころ!

毎年秋になると、岸和田だんじり祭りの迫力ある映像を見ることがあります。 勇ましく荒っぽ

記事を読む

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われない印象がありますよね。

記事を読む

播州秋祭りとは?2017年の日程と屋台の魅力に迫る!

秋になると全国各地でお祭りが開催され、毎週のようにイベントが楽しめます。お祭りが大好きな人に

記事を読む

Comment

  1. k・s より:

    こんにちは!私の娘が新聞スクラップで豊橋祇園祭について調べることになりサイトを探していたらこのサイトを見つけました。とても分かりやすく記載されていますね。大見出しと小見出しに分かれていて、豊橋祇園祭とは何なのか、日程、スケジュール、見どころや穴場、アクセスの仕方などなど丁寧に書かれていますね!
    動画も載っているので実際の花火(手筒花火)がどんなものかもわかって良かったです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

春一番の意味とは?気象庁の定義や名前の由来について

https://youtu.be/Urp6lWZ82io 天気の

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑