喫茶店やカフェのコーヒーには様々な種類があります。中にはメニューを見て注文するときに、どんなコーヒーか良くわからず、迷うことはありませんか?

「ウインナーコーヒー」もそんな一つかもしれませんね。そのウインナーコーヒー、味も気になりますが、何故「ウインナー」という名前がついているのでしょうか?

そんな、ウインナーコーヒーの意味や由来、そして作り方や美味しい飲み方について順に紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ウインナーコーヒーの意味や由来は?

コーヒーの上にホイップクリームを乗せる

ウインナーコーヒー

ウインナーコーヒーは、コーヒーの上にホイップクリームを乗せて提供するコーヒーです。

お店によってはホイップクリームを別の器にして出し、飲む人が自分で上にのせることもあります。クリームの量は山型になるぐらい入れることもあれば、表面が隠れる程度と様々です。

そんなウインナーコーヒーの「ウインナー」の意味ですが、「ウインナーソーセージ」のことではなく、「ウィーン風の」という意味になります。オーストリアのウィーンのことを指すんです。

ウインナーソーセージの「ウインナー」も同じ由来なので、冗談のネタにされるのも仕方ありませんね。

【参考記事】
ウインナーとソーセージの違い!ソーセージにはどんな種類があるの?

実はウイーンにはない!?

実はオーストリアのウィーンには、「ウインナーコーヒー」はありません。ウインナーコーヒーという名称は和製英語なんです。

日本で飲まれているウインナーコーヒーに近いものだと、

  • アインシュペナー(Einspänner)
  • カフェー・ミット・シュラークオーバース(Kaffee mit Schlagobers)

が該当します。

アインシュペナーはコーヒーの上にたっぷりのホイップクリームを乗せたもの。コーヒーカップではなくグラスで提供する違いがあり、割合はコーヒーとホイップクリームが同量となります。

そしてホイップクリームを別の器で出すのが、カフェー・ミット・シュラークオーバースです。

ちなみに、アインシュペナーは「一頭立ての馬車」、シュラークオーバースは「ホイップクリーム」という意味があります。アインシュペナーの名前の由来は、馬車を操る御者が体を温めるために御者台で飲んだからなんですよ。

スポンサーリンク

ウインナーコーヒーの作り方

ウインナーコーヒーは、道具がそろえば家でもつくって飲めますよ。

上から見たウインナーコーヒー

□必要な材料(1人前)

  • 生クリーム     …30cc
  • グラニュー糖    …大さじ1程度
  • インスタントコーヒー…小さじ2
  • 熱湯        …120cc
  • ザラメ糖      …小さじ1(グラニュー糖でも可)

*生クリームは、乳脂肪分高めのもの(40%以上)がおすすめです。
*グラニュー糖はクリームに甘みがほしい場合に入れますが、入れなくても問題ありません。
*コーヒーはドリップコーヒーでもOK。その場合は、通常より濃い目に淹れます。

次に、本格的なウインナーコーヒーの作り方を紹介します。

  1. コーヒーカップに熱湯(分量外)を注いで温めておきます。
  2. 生クリームを角が立たない程度まで(七分立て)泡立てます。
  3.  砂糖を加える場合は、泡立てる前にいれる。

  4. コーヒーを別の容器に入れます。
  5. (1)のカップのお湯を捨ててからザラメをいれ、その上から静かにコーヒーを注ぎます。
  6. (4)の上に泡立てたホイップクリームを乗せて完成。

生クリームは少し柔らかいほうが、よりおいしさが味わえます。またコーヒーも濃い目に入れることで、ホイップクリームやザラメの味わいが楽しめるんですよ。

アイスウインナーコーヒーを作る場合は、ザラメの代わりにガムシロップを使います。コーヒーもあらかじめ冷やしたものを使い、その上にホイップクリームを乗せれば完成です。

□簡単!ウィンナー珈琲レシピ☆自宅で楽しむ本格カフェ

*こちらの動画では、市販のホイップクリームを使った、手軽なレシピが紹介されています。

ウインナーコーヒーのおいしい飲み方

最初は混ぜずにそのまま飲む

ウィンナーコーヒー

ウインナーコーヒーは、ホイップクリームと苦味のあるコーヒー、そしてザラメによる甘さが楽しめます。

まずは混ぜずにそのまま飲み、コーヒーの苦味とホイップクリームのまろやかさを味わいましょう。ザラメの甘みまで感じたら、お好みで混ぜて飲むとウインナーコーヒーのすべてが味わえますよ。

アイスコーヒーはホイップクリームをすくっていただく

アイスの場合、ホイップクリームが混ざりづらいことがあります。そのため少し飲んだらスプーンなどでホイップクリームをすくい、そのままいただきましょう。

お店によっては混ぜやすくするために、緩めのホイップクリームを出すことがあります。この場合はホットと同じように、ある程度飲んだら混ぜていただきましょう。

いくつもの味わいがあるウインナーコーヒー

【関連記事】

インナーコーヒーはホイップクリームを乗せたコーヒーで、ホットでもアイスでも楽しめます。「ウイーン風の」という名前がついていますが、オーストリア・ウイーンでは飲まれてないと言うから驚きですね。

気になる飲み方ですが、最初は混ぜずに味わい、その後で混ぜて味わうのがおすすめです。こうすることでいくつもの味が楽しめますし、どの味が好みかもわかりやすいですよ。

ウインナーコーヒーは材料さえあれば家でも手軽に楽しめます。ホッと一息つきたいときに、生クリームを用意して楽しんでみませんか?