coffietigai5
朝は1杯のコーヒーから!
という方、多いんじゃないでしょうか?

私もその1人ですが、
コーヒーは香りがとても良くて、
飲むと本当にリラックス出来ますよね。

そういえば、カフェなどでホットコーヒーを注文する場合、
ブレンドコーヒーアメリカンコーヒー
2つあることも多いですが、
この2つのコーヒーはどう違うんでしょう?

ブレンドコーヒーを薄くしたのが、
アメリカンコーヒーなのでしょうか?

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いについて、
気になったので確認してみました。

スポンサーリンク

ブレンドコーヒーとは?

喫茶店やカフェで注文するホットのコーヒーと言えば、
ほとんどが「ブレンドコーヒー」

でも、このブレンドコーヒー、
お店によって、味が違います。

coffietigai1

コーヒーの原料である、コーヒー豆には、
ブルーマウンテン、キリマンジャロなど、様々な品種があります。

豆によって味や香りが異なりますし、
更にその豆を機械などで焙煎する過程で味も香りも変化します。

そうして作られたコーヒー豆の中から、
数種類選んで淹れたものが、ブレンドコーヒーなのです。

これがブレンドコーヒー!という組み合わせはありません。

ブレンドするところ(店や人)によって、原料やブレンドの仕方が違うので、
当然なから、お店によってブレンドコーヒーの味は違ってくるのです

ブレンドが美味しいお店は、それだけお店の人が、
コーヒー豆を熟知してブレンドしている、とも言えますね。

コーヒー豆の焙煎工程については、興味深い動画もありますよ。

■MOKICHI珈琲〔コーヒーの焙煎工程〕

ちなみに、一種類だけの豆で入れたコーヒーのことは、
「ストレート」と呼びます。

アメリカンコーヒーって本当に薄いの?

では、アメリカンコーヒーとは、どのようなコーヒーなのでしょうか。

coffietigai2

「アメリカン=薄いコーヒー」ではない

一般的に、アメリカンコーヒーは、
「お湯が多めに入っている薄いコーヒー」
という認識があるんじゃないでしょうか。

でも本当は違うんですね。

本来のアメリカンコーヒーは、
浅く焙煎した豆を使って淹れたコーヒーのことを指します。

アメリカンコーヒーの豆は、浅く焙煎するため、
他のコーヒーに比べて、色が薄くなります

お湯が多いわけじゃないんです。

それが誤解を受けて、
「アメリカンは薄いコーヒー」として広まったようです。

アメリカンはこのコーヒー豆 という指定はありませんので、
何種類ものコーヒー豆を使用すれば、
ブレンドでありながら、アメリカンコーヒーにもなります。

アメリカンコーヒーの味は、使用する豆にもよりますが、
見た目よりも濃い味で、酸味が強いものですね。

アメリカンコーヒーはアメリカにはない?

アメリカンコーヒーという呼び名は、
アメリカはもちろんのこと、他の外国でも通じません。

アメリカでも浅煎りのコーヒー豆は存在するものの、
アメリカンコーヒーという呼び方は、日本独自のものと言えますね。

スポンサーリンク

レギュラーコーヒーやカプチーノは?

ブレンドやアメリカン以外にも
コーヒーには、様々な種類があります。

レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーとは、コーヒー豆を挽いて淹れたコーヒーのことです。

一般的にインスタントコーヒーに対して使うことが多い言葉ですので、
アメリカンも、ブレンドも、コーヒー豆で淹れたものなら、
それらは全て、レギュラーコーヒーになります。

エスプレッソ

coffietigai6
エスプレッソは、深煎り豆を特に細かく挽きいてから、
専用のマシンを使って、濃く淹れたコーヒーの事を言います。

小さいカップを使用し、少量ながらも濃厚な味わいを楽しめます。

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ

濃い目のコーヒーと暖めた牛乳を、半々の割合で注いたものが、カフェオレ
コーヒーの代わりに、エスプレッソを使うと、カフェラテ
エスプレッソに入れる牛乳を泡立てると、カプチーノになります。

ラテアート

coffietigai3
カプチーノや、カフェラテの上に、絵を書いたものがラテアートと呼ばれています。

厳密には、カプチーノの上に書かれるものは「デザインカプチーノ」、
カフェラテを用いるものが「ラテアート」と呼びますが、
日本では、どちらも「ラテアート」と呼ばれています。

【関連記事】
人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!
カフェと喫茶店の定義や違いとは?スタバやドトールはどっち?
ゆったり贅沢な時間を!一人カフェのメリットと有意義な過ごし方!

本格的な「アメリカンコーヒー」が飲みたい

coffietigai4
アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いについてご紹介しました。

私もコーヒーは大好きですが、
あまりコーヒーの種類については、これまで意識することが少なかったですね。

それにしても、アメリカ人は飲まないのに、
「アメリカンコーヒー」とは、考えてみると凄い名前がついているものですね。

これを機会に、本格的なアメリカンコーヒーが飲める喫茶店で、
コーヒーを飲んでみたいです。

そして、よくあるブレンドコーヒーとの違いを意識しながら、
じっくりと味わって飲んでみたいものですね。

コーヒーは気分をリラックスさせる効果が抜群ですし、
あなたも今日は近くの雰囲気のいいカフェに行ってみませんか?