コーヒーは香りがとても良い飲み物ですが、独特の苦味が苦手に感じる人もいますよね。そんな時にカフェラテにすれば飲めるという人もいますが、砂糖たっぷりでも飲めないという人もいるほど。

実はそんな人におすすめしたいのが、ベトナムコーヒーなんです。苦味が苦手な人でも飲めるベトナムコーヒーとはどんなコーヒーなのでしょう?

そこで、

  • ベトナムコーヒーとは?
  • ベトナムコーヒーの味の特徴
  • 日本では飲むには?
  • ベトナムコーヒーのおいしい飲みかた

…について順に紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

ベトナムコーヒーとは?

二層に分かれている

二層に分かれているベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーは、ベトナム独自のコーヒーの淹れ方のことを言います。専用ドリッパーを使う淹れ方は、ベトナムのカフェではおなじみの光景です。

ベトナムコーヒーの特徴は、コーヒーが白い層と黒い層に分かれていることです。グラスに入れて出されることもあるので、見事に二層に分かれた見た目に、思わず撮影したくなりますよ。

ベトナムコーヒーの味の特徴は?

ベトナムコーヒーの「白」の正体は練乳!

二層に分かれたベトナムコーヒーの、白い部分の正体は「練乳」です。練乳を混ぜて飲むため、ベトナムコーヒーは他のコーヒーにはない強い甘みがあります

その一方でコーヒーは濃いめに入れているため、混ぜないで飲むと驚くほど苦味を感じます。この濃いコーヒーと練乳をしっかり混ぜることで、甘く濃厚な味わいが楽しめるんですよ。

なぜ、甘く濃厚な味に?

ベトナムコーヒーを淹れる

ベトナムコーヒーがこのような甘く濃厚な味になったのには、ベトナムの歴史が関係しています。

ベトナムにコーヒー文化がやってきたのは、フランス植民地時代の19世紀のこと。同時にベトナムでのコーヒー栽培が始まったのですが、栽培されたのはロブスタ種というコーヒーでした。

ロブスタ種は病気に強く栽培しやすいのですが、味に強い癖があるためそのままでは飲みにくいコーヒーでした。そこで、甘みと香りの強い練乳を混ぜることで、ロブスタ種の味を中和したんですね

最近ではバターを加えたり、チョコレートの香り付けをして、新しいベトナムコーヒーの味が作り出されています。豆も風味の良いアラビカ種を使う事もあり、ベトナムではお店ごとに違った味わいが楽しめるんですよ!

スポンサーリンク

ベトナムコーヒーを日本で飲むには?

ベトナム料理を出しているお店へ

日本でベトナムコーヒーを飲むなら、ベトナム料理をだすカフェへ行くと提供していることがあります。またベトナムに限らずアジアのエスニック料理を出すカフェでも、提供していることがありますよ。

ベトナム料理店のベトナムコーヒー

東京近郊では

東京近辺では、代々木上原(代々木公園近く)にある「バタフライカフェ(BUTTERFLY CA PHE)」が、ベトナムコーヒーを出すお店として知られています。ベトナム料理を食べた後に飲むベトナムコーヒーは、本場の気分が味わえて素敵ですね。

  • 店名:バタフライ カフェ (BUTTERFLY CA PHE)
  • 場所:東京都渋谷区西原3-21-3 SINISIビル 1F
  • 最寄り駅:千代田線・小田急線「代々木上原駅」東口

また原宿や下北沢にお店を展開する「ヴォルール・ドゥ・フルール(Voleur de Fleur)」でも、ベトナムコーヒーが味わえます。こちらはコーヒーショップなので、より本格的なコーヒーが味わえますね。

  • 店名:ヴォルール・ドゥ・フルール(Voleur de Fleur 花泥棒)
    • 場所:下北沢店:東京都世田谷区北沢2-26-17 TSKビル 2F
    • 最寄り駅:小田急電鉄・京王「下北沢駅」北口

    • 場所:下北沢南店:東京都世田谷区北沢2-12-15 水内ビル 2F
    • 最寄り駅:小田急電鉄・京王「下北沢駅」西口

    • 場所:原宿店:東京都渋谷区神宮前1-10-23
    • 最寄り駅:千代田線「明治神宮前〈原宿〉駅」・JR「原宿駅」

サンマルクカフェでも

全国にあるコーヒーチェーン店の「サンマルクカフェ」でも「ベトナム珈琲」を扱っています。コーヒーが苦手な人でも飲みやすいため、やみつきになっている人もたくさんいます。

ホットもアイスもありますので、近くにサンマルクカフェがあればぜひ飲んでみてはいかがですか?

通販でインスタントコーヒーを

ベトナムコーヒーは通販でも販売されています。インスタントがほとんどですが、お湯を入れるだけで、手軽に家でも飲めるのはメリットですね。

ベトナムコーヒーの美味しい飲み方

道具や材料は?

近くにベトナムコーヒーを出すお店が無い場合は、自宅で道具を揃えて飲むのもおすすめです。道具さえ揃えれば、いつでも家で楽しめますよ!

ベトナムコーヒーを淹れる道具
□必要な道具

  • ベトナムコーヒー専用ドリッパー
  • ステンレス製の容器に、金属のフィルターなどが付属しています。コーヒー豆を取り扱うお店で販売していることがあります。

  • 耐熱グラス
  • 見た目にこだわらないならコーヒーカップでも代用可能。ドリッパートセットで販売していたら、直径が合うのでこちらを選びましょう。

□材料(一人前)

  • 細引きで深煎りのコーヒー コーヒースプーン2~3杯
  • アラビカ種でも大丈夫ですが、こだわるならロブスタ種を用意しましょう。

  • 練乳(コンデンスミルク) 大さじ2~3程度
  • 熱湯 120cc~150cc

ベトナムコーヒー専用ドリッパーは、通販でも購入できますよ。

ベトナムコーヒーの淹れ方

次に、ベトナムコーヒーの淹れ方を紹介します。

  1. フィルターにコーヒー豆をセットする。
  2. 耐熱グラスに練乳をいれ、グラスの上にフィルターをセットする。
  3. フィルターに少量お湯を注ぎ、2分程度蒸らす。
  4. 残りのお湯を注ぎ、落ちきるまで5~6分ほど待つ。
  5. コーヒーが抽出されたら、スプーンでしっかり混ぜてから頂く。

□おいしいベトナムコーヒーの淹れ方!ホットの場合

*抽出に時間がかかるので、ゆっくり待つ事が大切です。

甘くておいしいベトナムコーヒー

コーヒーと言えば苦味が強いイメージがあり、その味がどうしても苦手という人もいます。しかしベトナムコーヒーは練乳が入っているため、とても甘みが強いんですよ。

コーヒーそのものも時間をかけてじっくり抽出するため、濃い香りと味わいが楽しめます。そのため甘いものが大好きな方にも、コーヒーが好きな方にも嬉しいコーヒーです

ゆったりとした時間を楽しみたいなら、甘くておいしいベトナムコーヒーはいかがですか?