康のためには、バランスの良い食生活が大切だと言われています。その一方で様々な理由から、「あえて食べない」・・という選択を行う人も。

そういった人たちの中で、最近良く耳にするのが「ビーガン(ヴィーガン)」というもの。

ベジタリアンと似ていると言う話も聞きますが、ビーガンの言葉の意味や、具体的には何を食べているのか気になりますね。

そんなビーガンについて、その意味や分類。そしてベジタリアンとの違いや、どんな料理を食べるのか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ビーガン(ウィーガン)とは

動物を食べない・使わないという考え方

ビーガンとは、1944年にイギリスでドナルド・ワトソンによって提唱されたものです。

ビーガン(vegan)はこの時作られた造語。

その内容(意味)は、

人間は動物を搾取することなく生きるべきだ

…という考え方からきています。

ここで言う動物とは、肉・魚・卵・乳製品・毛皮・革・羽毛・羊毛・角・骨などを加工した物。変わったところでは虫も含まれ、シルク製品や虫から抽出した着色料なども対象となります。

更には、動物実験などを行って誕生した薬品や化粧品も、ビーガンでは避けるべき対象。

ビーガンは肉を口にしないだけと思われがちですが、生活や信条にまで及ぶ考え方ということなんですね。

主義主張により限度が異なる

ビーガンは考え方により、いくつかのタイプに分かれます。

■エシカル・ビーガン(Ethical Vegan)
動物を使った食品を食べず、毛皮などの動物製品を一切使わない人たちのこと。

・・・ビーガンの中でも特に厳しく、動物愛護の観点からこの道を選ぶ人もいます。

■ダイエタリー・ビーガン(Dietary Vegan)
動物を使った食品は食べないが、動物を使用した衣服などは身につける事もある人たち。

・・・一般的にビーガンといった場合、このタイプの人が多くなりますね。

■フルータリアン(fruitarian)
エシカル・ビーガンより更に厳しく、収穫により植物を伐採しないものだけを食べる人のこと。例えば、果物の実は収穫しても樹木は生きているので、食べてもいいと言う考え方です。

・・そのため、こちらのビーガンでは、主に食べるのは果実と木の実となります。

ベジタリアンとの違いは?

ベジタリアンとは

そもそもベジタリアンがどういうものなのかと言うと、語源はラテン語の「vegetus」。意味は「活気ある・健全な」というものです。

野菜を意味する「vegetable」は、実はベジタリアンの語源というわけでは無いんですね。

ベジタリアンは、広い意味で「菜食主義者」を指す言葉。そのため、ベジタリアンの中に、ビーガンも含まれます

肉は食べないが野菜以外も食べる

ベジタリアンの定義は広く、ビーガンも含めて様々なタイプのベジタリアンが。

そこで、ビーガン以外の主なベジタリアンを紹介します。

■ノンミートイーター(Non Meet Eater)
肉は食べないがその他の食べ物は口にし、動物製品も使う。

■ラクト・ベジタリアン(Lacto vegetarian)
植物性食品・乳製品は食べるが、卵は口にしない。革製品も使う。

■ラクト・オボ・ベジタリアン(Lacto-ovo vegetarian)
植物性食品・乳製品・卵を食べ、動物製品を使う。

■ベスコ・ベジタリアン(Pesuko vegetarian)
肉以外は食べるが、養殖などの「工業的手法」で生産された食品を食べない。

ベジタリアンの中でもビーガンは、特に厳しく動物を制限する考え方なんですよ。

スポンサーリンク

ビーガン料理では何を食べる?

工夫次第で意外と食べられる

ビーガンが食べられるものは、次の食物となります。

  • 野菜
  • 穀物類
  • きのこ類
  • 果物
  • ナッツ
  • 上記を加工したもの(ただし動物・魚由来の成分を加えない)

ビーガン料理は作るのが難しそうに思えますが、普段の料理にも取り入れることが可能なんです

例えば和食ですと、野菜の煮物は大丈夫ですし、お味噌汁も昆布だしにすればビーガン向けに。カレーもルーを使わずにカレー粉で味付けし、お肉を使わなければビーガンメニューとなるんですよ!

この中で注意したいのが砂糖。白砂糖は製造過程で牛由来成分を使用しているのでビーガンでは禁止です

黒砂糖などの、精製されていない砂糖を使うことが求められます。

ビーガンでスイーツ

白砂糖・はちみつ・牛乳・卵が使えないため、ビーガンでスイーツは難しいと思っていませんか?

しかしこれらの原料を使わなければ大丈夫なので、工夫次第でクッキーもケーキもアイスも食べることが可能です

例えばケーキでは、バターを使わずココナッツオイルを使用。ココアパウダーを生地に入れれば、チョコレート風味のケーキも楽しめるんですよ!

食べ方・生き方を考えるきっかけに

ビーガンは肉を口にしないだけでなく、動物の命を奪わないという考え方。

制限が多く大変そうに思えますが、実は食べ物に関しては日本食に近いので取り入れやすい部分もあります

一部の栄養素が偏る、どこまで厳密にするのか・・などの議論もあるビーガン。

しかし何気なく口にしている食べ物が、どうやって作られるのかを考えるきっかけにもなりますね。

ビーガンという生き方を通じて、衣・食・住について考えてみませんか?