ち食いそばから名店までと、蕎麦(そば)にも様々なスタイルがありますよね。また食べ方も「かけそば」などの温かいものや、「もりそば」「ざるそば」などの冷たいものと多彩です。

特に「もりそば」「ざるそば」は、その店の実力がわかると言われるほど。

そんな「もりそば」と「ざるそば」は似ていますが、違いがどこにあるのか知っていますか?また「せいろそば」はどう違うのでしょう?

もりそば・ざるそば、そしてせいろそばの特徴や違いについてまとめましたので、そば屋に行かれる時にはぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

もりそばとざるそばの違い

「もりそば」とは

お蕎麦(そば)が現在のような形になったのは、江戸時代に入ってから。当時の主流は「蕎麦切り」というもので、切った蕎麦をつゆに付けて食べるものでした。

今回紹介する、もりそば・ざるそばと同じ食べ方ですね。

しかし忙しい江戸庶民の要望に応えるために、先につゆをかけた蕎麦が誕生。「ぶっかけそば」と呼ばれたこの蕎麦は、現在の「かけそば」の元祖となりました。

ぶっかけそばが流行した際に、それまでのお蕎麦との区別が必要に。

そこで蕎麦を器に盛り付けることから、「もりそば」と呼ばれるようになりました。

「ざるそば」とは

さるそばを考案したのは、江戸中期に深川にあった「伊勢屋」というお店です。

当時のもりそばは、せいろや皿に蕎麦を乗せて客に提供していましたが、伊勢屋では、竹のざるに蕎麦を乗せて提供するようになりました。

すると見た目にも涼しげで美味しそうだと、新しもの好きの江戸っ子に大受け!竹ざるに乗ったお蕎麦、ということで「ざるそば」と呼ばれるようになったんですね。

違いは、器と海苔と価格

さるそばは明治時代に入ると、次のような違いが出るようになりました。

  • もみ海苔や切り海苔を乗せる。
  • つゆに一番出汁を使用したり、みりんを加えてコクやうまみを出す。
  • そば粉もより良いものを使用する。
  • 高級感を出すために、もりそばよりも50円~100円程度高めに設定する。

そば粉や出汁にこだわれば、その分価格が上がるのは当たり前。しかしお店によっては「器が違うだけ」という理由で価格を上げていることもあるんですね。

スポンサーリンク

ちなみに「せいろそば」とは

違いは「せいろ」

もりそば・ざるそばと共に、せいろそばを提供しているそば店もあります。

せいろそばの「せいろ」とは調理器具の一種で、木や竹の枠に蒸気が通るよう「すのこ」を敷いたもの

実は江戸時代初期のお蕎麦は、せいろで蒸した温かいお蕎麦を客に提供していました。

これが現代まで続き、「せいろそば」となったと言われています。

現代では温かい蕎麦ではなく、もりそば同様冷たいお蕎麦を提供することが多いせいろそば。違いは器だけなので、もりそばのあるお店ではせいろそばを出さないことがあります。

苦肉の策のせいろそば

せいろそばには、もう一つの由来があります。

それは、

  • お蕎麦屋さんの値上げ
  • 幕府の対応

に関係していることなんですね

江戸末期のある時、お蕎麦屋さんが蕎麦の値上げを行いたいと要求しました。しかし幕府は、値上げ要求を拒否。その代わりに「器を工夫して、蕎麦の量を減らせばよいのでは」と提案します。

そこで蕎麦屋さんは「せいろ」を底上げし、蕎麦をうず高く盛り付けることで対応したと言われています。

見た目は変わらず価格も同じ、しかし量は減った「山盛りせいろ」が誕生。その後「山盛りせいろ」から「山盛り」の部分が抜け、現代までつづく「せいろそば」となりました。

もりそば・ざるそばとの違いは?

最後に「もりそば」「ざるそば」「せいろそば」の、それぞれの違いをまとめました。

蕎麦(そば) 特徴や違い
もりそば
  • 江戸時代初期からある蕎麦。お皿やせいろに冷たいお蕎麦を盛り、つゆを付けていただく。
  • 「かけそば」と区別するために、もりそばと呼ばれるようになった。
ざるそば
  • 江戸中期に「伊勢屋」が考案したもので、器を竹ざるに変更した「もりそば」。
  • 明治以降は、そば粉の質や出汁の工夫・海苔を乗せるなどして差別化が図られた。
  • もりそばよりも、若干価格が高め。
せいろそば
  • せいろに盛り付けたお蕎麦のこと。基本的にはもりそばと同じ。
  • 江戸初期にはせいろで蒸して温めた蕎麦を「せいろそば」と呼んでいた。
  • せいろを底上げし蕎麦を山盛りにし、量を減らして実質的に値上げした経歴がある。

その日の気分で、美味しく蕎麦を楽しもう

【関連記事】
栄養抜群!「そば湯」の効能・効果と美味しい飲み方とは?
年越しそばの由来! 食べるタイミングはいつ? 英語ではどう言うの?
うどんとそばの違いはどこにあるの?消化が良いのはどっち?

お蕎麦屋さんのメニューは意外と多く、つい迷ってしまいがち。

その中でも、もりそば・ざるそば・せいろそばは、見た目も似ていることからどれも同じだという人もいます。

  • お財布に優しくて器に盛られた「もりそば」
  • せいろに盛り付けた「せいろそば」
  • ワンランク上のお蕎麦が楽しめて、竹ざるに盛り付けられた「ざるそば」

と覚えておくと安心ですね。

日本人が大好きなそば。その日の気分やお財布の中身と相談して、美味しいお蕎麦を楽しみましょう!