界には様々な料理がありますが、その中には「お米と合う料理」もたくさんあります。その一つがハワイの料理「ロコモコ」。最近はコンビニやスーパーの弁当などでもおなじみになってきましたよね。

ボリューム満点で子供が喜びそうなロコモコですが、どんな歴史があるのでしょうか。また「ロコモコ」という不思議な響きの名前は、どんな意味があるのかも気になりませんか?

そんな「ロコモコ」の意味や語源、由来、また失敗しないで簡単にできる作り方について紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ロコモコの意味や語源は?

ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せる

美味しいロコモコ

ロコモコはハワイ料理で、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せて、グレイビーソースをかけたものです

グレイビーソースとは肉汁に香味野菜や小麦粉を加えたソースで、肉の旨味がぎゅっと詰まっています。またレタスやトマトを加えたり、テリヤキチキンでアレンジすることもありますね。

日本でもここ数年でおなじみのメニューになり、ご飯に乗せるスタイルから「ロコモコ丼」とも呼ばれています。

ハンバーグ・目玉焼き・ご飯の組み合わせはボリューム満点ですし、「どんぶり」ということもあって、どこか日本風でもありますね。

スペイン語とハワイ語が組み合わせて

ロコモコという不思議な名前は、スペイン語とハワイ語が組み合わせて出来たものです。

「ロコ」はスペイン語の「Loco」から取られたもので、「イカれた奴・クレイジーな人」という意味があります。また英語で地元という意味がある「Local(ローカル)」の、掛詞(かけことば)にもなっています。

ここにハワイ語で「混ざる・入り乱れる」という意味がある、「moko(モコ)」をつけて「ロコモコ」となりました。

ただし混ぜる要素はそれほどなく、語呂の良さから「ロコモコ」の名前が定着したんですね。

ロコモコの由来は?

学生の要望で作られたメニュー

ボリューム満点のロコモコ

ロコモコはハワイの料理ですが、その歴史は意外と浅く、しかもはっきりしていない部分があります。その中で最も有力とされているのが、ハワイの若者の要望から生まれたというものです。

ロコモコが誕生したのは1949年。ハワイ島最大の町ヒロで、「リンカーングリル」というレストランを営んでいた日系人のナンシー・イノウエさんが考案しました

近くにはスポーツクラブがあり、ここに通う若者が「安くてすぐ食べられるメニューがほしい」と言い出したことがきっかけです。そこでご飯にハンバーグをのせ、料理人の夫が作る「グレイビーソース」をかけたものを出します。これが大人気となり、さらに目玉焼きを加えたものが、現在のロコモコとなったというわけです。

また、これには少しだけ違った別の説もあります。「近くでフットボールをしていた少年が、25セント(または35セント)で、お腹いっぱい食べられるメニューを作って!」とナンシーイノウエさんに頼んだというものです。

いずれにしても若者の懐に優しく、お腹いっぱいになるメニューがロコモコなんですね。

少年の名前からつけられた

ところでロコモコの由来となった「ロコ」の意味と、ロコモコのイメージが合わないように感じませんか?

実は「ロコ」とは、最初にこの料理を注文した若者のあだ名です。スポーツで大胆なプレイをする若者だったので、「イカれたクレイジーなやつ」として「ロコ」と呼ばれていました。

そのロコが最初に食べたのでメニューが「ロコ」と呼ばれ、これが定着したんですね。

スポンサーリンク

簡単にできる!ロコモコの簡単な作り方

簡単ロコモコ

初めてでも簡単で失敗しない、市販のレトルトハンバーグできるロコモコの作り方を紹介します。

ロコモコ丼

□材料(2人前)

  • 市販のレトルトハンバーグ 2枚
  • 卵            2個
  • レタス          3~4枚
  • トマト          1個
  • ご飯           茶碗2膳分
  • ★ウスターソース    大さじ1
  • ★ケチャップ      大さじ1
  • 塩・こしょう      少々

市販のハンバーグはソース付きタイプの方が、よりロコモコらしくなりますよ!

□作り方

  1. レタスは食べやすい大きさにちぎり、トマトは串切りまたはざく切りにする。
  2. お好みの固さで目玉焼きを焼く。
  3. ハンバーグを温めてから、肉汁だけを別の容器に移す。
  4. (3)の肉汁に★印の材料を加えて混ぜ、塩・こしょうで味を調節する。
  5. お皿や丼にご飯を盛り付け、その上にレタス・ハンバーグ・目玉焼きを乗せる。
  6. ソースを全体にかけてから、トマトを盛り付けて完成。

□山ごはん【1分動画】ロコモコ丼を作りました?

*時間がないならソースを作らず、温めたハンバーグと目玉焼きを乗せるだけでも十分おいしいですよ。

ロコモコを食べてハワイ気分を!

ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、ソースをかけるのがロコモコです。ハンバーグも目玉焼きも子供が大好きですし、ボリューム満点なので育ち盛りにうれしいですね。

野菜不足が気になるなら、ハンバーグの下にレタスや千切りキャベツを敷けば、味もしみて子供も食べてくれますよ!

不思議な響きの名前は、初めて注文した若者のあだ名からというのも、変わっていて面白いですね。休日のお昼はお家でハワイアン・ミュージックをかけながら、ロコモコを食べてハワイ気分になるものいいですね!