宅で飲むコーヒーや紅茶も美味しいですが、喫茶店カフェで飲む一杯はやはり格別。

カフェ・喫茶店という「特別な空間でのひととき」も、コーヒーや紅茶を更に美味しく感じさせてくれるものですね。

最近ではスターバックスをはじめとした全国チェーンの店舗も増えて、気軽に利用できるようになりました。

そんな良く利用する「カフェ」ですが、「喫茶店」との違いは何なのか気になりませんか?また、スタバ・ドトール・タリーズなどは、カフェなのか、喫茶店なのか・・どっちなんでしょう?

そこで、カフェと喫茶店の定義や違いについてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

カフェや喫茶店の定義や違いは?

喫茶店とは

一般的にイメージされる喫茶店とは、次のようなものではありませんか?

  • カウンターとボックス席がある。
  • カウンターにいるマスターが、こだわりのコーヒーや紅茶を入れてくれる。
  • メニューにはサンドイッチやスパゲティなどの軽食と、ケーキやパフェなどの甘味がある。

このようなイメージが定着している喫茶店ですが、その成り立ちは大正時代の「カフェー」に行き着きます。

明治時代よりコーヒーを提供する店はありましたが、大正時代になって様々なカフェーが登場。その中でも女性店員が接客を行う店が、人気となっていました。

一方で、飲食物の提供をメインとする事で住み分けを狙うお店も

これが現代まで続く、喫茶店となっていったんです。

ちなみに女性がサービスするタイプのカフェーは、昭和初期に規制されることに。しかしこれらは営業方法を変え、バーやスナックなどに繋がっていったんですね。

カフェとは

一方、カフェには、次のようなイメージがありませんか?

  • 店内がおしゃれ。
  • コーヒーなども飲めるが、限定スイーツやこだわりの料理が楽しめる。
  • テラスに椅子や丸テーブルがある。
  • スターバックスやドトールのように、ちょっとした時間潰しに使える。

このようなイメージのあるカフェですが、元々カフェとはフランス語で「コーヒー」のこと。そこから転じて、コーヒーを始めとして飲食物を提供するお店を指すようになりました。

特にフランス・パリでのカフェは、文化人が集まる社交場の側面も。コーヒーを飲みながら、様々な議論を交わす場だったんですよ。

日本では「カフェー」という形で登場し、それから、喫茶店という名称で浸透してきました。

その後、こだわりの雑貨で店内を飾り軽食を提供するお店がブームに。その際にフランスなどのカフェを参考にした店舗が多かったことから、「カフェ」と呼ばれるようになったんですよ。

違いは「営業許可」

お店のイメージの違いで区分されることの多い、喫茶店とカフェ。しかし法律の上では、「営業形態の許可」という点で違いが出てきます。

飲食物を扱うお店を始めるには、食品営業許可というものが必要。

この許可には、

  • 「飲食店営業」
  • 「喫茶店営業」

という区分が存在します。

飲食店営業と喫茶店営業の違いは、次の通りです。

◆飲食店営業
 …酒類の提供が可能。調理全般が可能。

◆喫茶店営業
 …酒類の提供は出来ず、飲み物と茶菓子のみ提供できる。調理は基本的には出来ない。

実は喫茶店とカフェの違いは、「営業形態の許可」の違いのみ

たとえ「カフェ」と名乗っていても、喫茶店営業の許可の場合はごはん類の提供は出来ません。

一方で「飲食店営業」の許可があるなら、店名が「喫茶店」でもお酒や食事メニューが出せるんですよ。

スポンサーリンク

スタバやドトールはカフェ?喫茶店?

カフェでもあるし、喫茶店でもある

スターバックスやドトール、タリーズと言った有名チェーン店は、一般的には「カフェ」だと言われています

それはカウンターで商品を受取るセルフサービスや、おしゃれな内観が「カフェらしい」と言われるからですね。

一方で、メニューを見てみると、コーヒーなどのドリンクと、サンドイッチやパンケーキなどの軽食がメイン。

プレートランチやパスタといった、食事メニューについてはほとんどありません。最近は食事メニューも増えてきてはいますが、それでもやはり軽食がメインと言えますね。

そのためメニューだけを見た場合、喫茶店に近い部分もあります

なので、スタバ・ドトール・タリーズなどは、

  • 見た目のおしゃれさで考えるなら・・・カフェ
  • メニューで考えるなら・・・喫茶店

曖昧に感じるかもしれませんが、どちら側の良いところも取り入れているとも言えます。

どちらも違う!と感じた場合は、「コーヒーショップ」と考えるのも良いかもしれませんね。

【関連記事】
ゆったり贅沢な時間を!一人カフェのメリットと有意義な過ごし方!
アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い!アメリカンは薄い?
人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

どちらも素敵で美味しい!

喫茶店には落ち着いたこだわりのイメージがあり、カフェにはおしゃれなイメージがあると言えるかもしれません。

本格的なフードメニューが出せるのがカフェで、コーヒーがメインなのが喫茶店という人もいます。

しかし喫茶店とカフェの違いは、法律上の営業許可の違いだけ。またスターバックスなどのように、どちらの良い点を取り入れたお店も存在します。

喫茶店もカフェも非日常な時間を過ごせる素敵な場所。あなた好みの味を探しに出かけませんか?