隠し味のきいた美味しいカレー

人の家で食べたカレーは、自分の家で食べたカレーとどこか味が違いますよね?あるいは同じルーを使っているはずなのに、自分で作ったカレーと親が作ったカレーでは味が違うことも。

カレーの味が違う秘密は、作る人によって「隠し味」に加えるものが違うからかも知れません。自分のカレーが今ひとつと感じたときは、隠し味を見直してみませんか?

そこで、定番から変わり種までカレーの隠し味を8つ紹介するので、ぜひカレーづくりの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめのカレーの隠し味

生姜とにんにく

生姜とにんにく

生姜にんにくは、カレーの基本的な材料であって隠し味ではないという人もいるかも知れません。ですが、もし入れていないのであれば、ぜひ加えてほしいおすすめの「隠し味」なんですよ。

ニンニクは1片をみじん切り、生姜もニンニクと同量をみじん切りに。これを玉ねぎを炒めるタイミングで入れ、一緒に炒めて香りを出します。後は普通にカレーを作るだけで、コクと香りがより豊かになります。

チューブタイプのにんにくや生姜を使う場合は、それぞれ1センチ程度が適量。油に入れると跳ねるので、その点は注意してくださいね。

中濃ソース

中濃ソース

インドカレーでは「チャツネ」と呼ばれる、マンゴーやリンゴを煮詰めたジャムを隠し味に加えることがあります。身近な調味料で近いものを探すと、実は中濃ソースが該当するんですよ。

中濃ソースの材料は、野菜や果物のピューレ・お酢・塩・こしょう・その他香辛料など。そのためチャツネと香辛料をカレーに加える事になり、コクと旨味アップが期待できます。

入れるタイミングは、カレールーを溶かした後、小さじ1弱を入れてよく混ぜましょう

ケチャップ

ケチャップ

ケチャップは、トマトピューレに砂糖・塩・お酢・クローブ・シナモンなどを加えた調味料。カレーに入れることで、トマトのコクと酸味・香辛料の旨味をプラスすることができます。

入れるタイミングは炒めた具材に水を入れて煮込む時、またはカレールーを溶かした後。入れすぎると酸味が強くなりすぎるので、小さじ1程度を入れるようにしましょう。

醤油

醤油

日本人にとって醤油の味は馴染み深いからか、どんな料理にも少量加えると口に馴染みやすくなります。また出来上がったカレーにカレーをかける人もいますし、専用の醤油もあるほど。

しかし、入れすぎるとしょっぱくなるので、小さじ1程度をルーを入れたタイミングで加えるのがベスト。

まろやかさを加えたいなら、醤油のかわりにめんつゆを小さじ1/2程度入れるのもおすすめです。

スポンサーリンク

インスタントコーヒー

大人の味わいにしたいなら、インスタントコーヒーを加える方法があります。コーヒーを入れることで軽い苦味とコクが増し、欧風カレーの味わいになるんですよ。

インスタントコーヒー

入れるタイミングはルーを溶かした後、小さじ1/2~1を少量の水に溶かしてからカレーに加えます

ただし入れすぎると苦味とコーヒーの香りが強く出過ぎて、コーヒー風味のカレーに。味見をしながら少量づつ加え、入れすぎないようにしたいですね。

チョコレート

チョコレート

苦味とコクと香りを加えたいなら、チョコレートもおすすめです。

ミルクチョコなら優しい味に、ビターチョコなら苦味の効いた大人の味わいに。入れるタイミングはカレールーを入れた後。1片分を刻んだ上で、少量づつ加えます

入れすぎるとチョコレート味のカレーになってしまうので、コーヒー同様に入れ過ぎには要注意ですよ!

はちみつ

はちみつ

辛いものに甘いものを加えると味がケンカしそうですが、少量ならば辛さをより引き立てる効果が。

特にはちみつは甘みに加えてコクもあるため、カレーの辛味を引き立てつつまろやかにしてくれます。入れるタイミングは野菜を煮込む時に、小さじ1程度

ルーを入れた後に入れるとカレーがサラサラになる効果もあるので、こちらのタイミングもおすすめです。

はちみつが無い場合は、砂糖を小さじ1程度入れても隠し味として効果的ですよ。

プレーンヨーグルト

ヨーグルト

インドカレーで良くみかける「チキンバターカレー」の材料として、ヨーグルトを使うのをご存知ですか?

ヨーグルトの酸味を加えることで、お家のカレーがインドカレー風に仕上がります。

入れる量は大さじ1~2程度、ルーを入れて出来上がる直前に投入。あるいはカレーを盛り付けてから、カレーの上にかけても素敵です。

少量入れて美味しいカレーに

【関連記事】

市販のルーを使ったカレーの場合、作り方通りにするのが一番美味しいとも言われています。しかし「我が家の味」を作るなら、隠し味を加えて更に美味しくしたいもの。

隠し味を加えることで辛味・甘み・コクが加わるなど、カレーが更に奥深くなるメリットが。一方で入れすぎると隠し味の味が全面に出て、台無しになってしまうので注意したいですね。

カレーに少量の隠し味を加えて、最高のカレーを作りませんか?