パセリののった料理

エビフライやステーキ等の洋食料理の付け合わせとして、パセリがついてくることがあります。パセリの鮮やかな緑色は、料理の良いアクセントとなっていますよね。

ところで付け合わせのパセリは、食べてもいいのか気になりませんか?栄養があるなら積極的に食べたいところですね。

そこで、付け合わせのパセリは食べられるものなのか?また付け合わせになっている意味や、パセリの栄養についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

付け合せのパセリは食べられる?

パセリは食べられる!

パセリ料理

理の付け合わせに出てくるパセリは濃い緑色をしているので、プラスチックでできた飾り物にも見えます。しかし付け合せで出てくるパセリは、食べることが出来る「野菜」なので安心してくださいね!

パセリは使い回ししていない?

付け合わせのパセリは食べられると分かってはいても、食べない!という人も多いかもしれません。その理由の一つとしてあげられるのが「使い回しをしているから」というもの。

しかし、良識のあるお店ではパセリの使いまわしは行っていません。お客様が残した料理と同じように、戻ってきたらそのまま廃棄しています。ですので、付け合わせのパセリは安心して食べてくださいね。

パセリは食べなくてもマナー違反ではない

食事のマナーとして考えた場合、付け合わせのパセリは、食べてもいいですし食べなくても大丈夫です

パセリの味は苦味が強く、好き嫌いが別れる野菜です。せっかくの料理がパセリの苦味で台無しになるようなら、無理をして食べなくてもいいんですよ

もちろん食べてもマナー違反ではありませんし、後述しますが栄養価も高いので、パセリが好きならぜひ食べてくださいね。

食事のマナーの一つとして良く言われいることに、「出された料理は残さず食べる」というものがあります。作ってくれた料理人と材料の生産者、食べた野菜・肉・魚へ感謝するためですね。

ただし食事のマナーというのは、同じテーブルでお互い気持ちよく食べるために生まれたもの。苦手なパセリを食べることで食事の印象が台無しになるなら、無理に食べなくてもいいんです。

もし食事の相手がパセリを残したとしても、マナー違反ではありません。「そうか、苦手なんだ」と受け流して、楽しい食事時間を過ごしたいですね。

スポンサーリンク

付け合せのパセリの意味は?

パセリで料理が美味しそうに見える

パセリが付け合せに使われる理由の一つが、とても濃い緑色であることです。メインとなる肉料理はどうしても茶色が多くなり、お皿の彩りが少し寂しくなりますよね。

そこに鮮やかな緑色のパセリを添えることで、お皿全体を美味しそうに見せる効果が期待できるんですよ。

パセリののった肉料理

パセリは口臭対策になる

パセリは独特の苦味と香りをもつ、香味野菜です。

パセリの香りは「アピオール(Apiol)」という成分からきていて、強い殺菌効果があります。そのため口の中の雑菌をおさえて、口臭予防効果が期待できます。

またパセリには、「ピネン(pinene)」や「クロロフィル(Chlorophyll)」という成分もありますが、こちらの成分からも口臭を防ぐ効果があるんです。

美味しい料理を食べたあとは、口のにおいも気をつけたいですよね。食後早めに歯磨き・うがいが出来ればいいですが、外食だと難しいでしょう。

そんな時は付け合せのパセリを最後に食べれば、気になるにおいも防ぎやすくなるということですね。

パセリは実は栄養豊富!

野菜としてパセリを見ると、実は他の野菜にも負けないぐらい栄養豊富なんです。そこで付け合せのパセリ一つ分(5g)の、主な栄養について紹介します。

主な栄養素 パセリ一つ分(5g)の栄養価
カロリー 2kcal
脂質 0g
ビタミンA 31μg
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.01mg
ビタミンB6 0.01mg
葉酸 11μg
ビタミンK 43μg
ビタミンC 6mg
ビタミンE 0.2mg
カリウム 50mg
カルシウム 15mg
0.4mg
食物繊維 0.3mg

パセリには食べ物全体でトップクラスの、ビタミンKが含まれています。一日の必要摂取量が150μgで、付け合せのパセリを食べるだけでかなりの量が摂取できるんです。

ビタミンKは血液をサラサラにする効果があるので、肉料理と一緒に積極的に食べたいですね。

この他には葉酸・ビタミンC・ビタミンEも、特に多く含まれています。ビタミンEやビタミンCは強い抗酸化作用があり、体やお肌の老化対策には欠かせません。

葉酸は体作りに欠かせない成分で、特に妊婦さんは赤ちゃんのためにも摂りたい成分です。食べられる量が少ないですが、パセリは積極的に食べたい野菜なんですよ!

気になるならパセリを食べてみよう!

【関連記事】※お弁当にもパセリを!

料理の付け合せでよく見かけるパセリは、料理を美味しそうに見せてくれる効果が期待できます。しかも栄養豊富で口臭予防も期待出来る野菜なので、お皿の料理と一緒に食べたいですね。

ただし独特の苦味があるので、苦手なら食べる必要はありません。食事のマナーで考えた場合でも、食べてもいいですし、食べなくてもOK。無理はしなくて大丈夫ですよ。

パセリの生産者に感謝しつつ、食べられるなら付け合せのパセリも美味しくいただきましょう!