レーライスが大好きだという人は、具材にもこだわりが多いのではないでしょうか?

肉や野菜の具材も美味しいですが、「やっぱりシーフードカレーが大好き!」と言う方も多いですよね。魚介類からでる旨味がカレーに加わり、肉中心のカレーでは出せない味を醸し出すのがシーフードカレーの魅力。

そんなシーフードカレーですが、あなたはどんな具材が大好きですか?

そこで、シーフードカレーのおすすめ具材を7つ紹介するので、ぜひカレー作りの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

シーフードカレーに合う定番の具材

シーフードミックス

シーフードミックス

魚介類で面倒なのが、下ごしらえ。しかし冷凍のシーフードミックスを使えば、手軽にいろいろな魚介類を味わうことが可能です。

シーフードミックスを使ってカレーを作る時は、次の点を注意するとより美味しくなります。

  • 自然解凍してから、水気をよく切る。
  • 自然解凍しない場合は、凍った状態でさっと湯通しする。
  • あまり火を通さず、煮込みすぎない。

凍ったままのシーフードミックスは塩気が強いので、解凍して水気を切りましょう。自然解凍した場合は、油でさっと炒めた後に白ワインで軽く煮込むと風味が良くなります。

ただし火を通しすぎると固くなりすぎて、せっかくの食感が台無しになってしまいます。これはシーフード全般に言えることなので、「煮込まない」ということを覚えておきましょう。

以上を踏まえて、シーフードミックスを使った簡単シーフードカレーの作り方を紹介します。

□材料

  • 冷凍シーフードミックス 1袋(100g)
  • カレールー       2皿分
  • *シーフードカレー用があれば使いましょう。

  • 水           2皿分の分量
  • 玉ねぎ         1/2個
  • バター         15g
  • サラダ油        小さじ1
  • ご飯          お好みの量

この他にお好みで、「ナス」・「エリンギ」などを加えても美味しいですよ。

□作り方

  1. 沸騰したお湯の中に凍った状態のシーフードミックスを入れ、さっと湯通しをして水気をよく切ります。
  2. 玉ねぎは薄くスライスし、バターとサラダ油を入れて熱した深めのフライパンでさっと炒めます。
  3. (2)に水を加えて沸騰させ、一旦火を止めます。
  4. カレールーとシーフードミックスを加えます。
  5. 焦がさないように中火で3分程度煮込んだら火を止めます。
  6. ご飯を盛った皿にカレーをかけて完成。

実はシーフードミックスを使ったカレーは、時短メニューとしても優れています。その上見た目が豪華なので、楽したいときのメニューに加えてみませんか?

□安くてウマイ!シーフードカレー

*シーフードミックスを自然解凍し、炒めてからカレーと合わせるレシピも紹介します。

エビ

エビカレー

エビ(海老)のプリプリとした食感は、カレーに入れても美味しいです。

刺身用のエビをボイルしてから加えても美味しいですし、エビフライを作って盛り付けるのもアリ。魚介類のフライとカレーを合わせると、煮込むのとはまた別の味わいが楽しめますよ。

イカ

イカカレー

イカ(烏賊)を具に使う場合、「足」を使う人と、胴体を輪切りにして「リング」にして加える人とで分かれるのでは。

  • イカの「足」を入れるとコリコリした食感
  • イカの「リング」を入れると柔らかな食感

が楽しめます。

生のイカはバターでさっと炒めてから最後に加えると、固くなりすぎずに食べられるようになりますよ。

ホタテの貝柱

ホタテ

ちょっと贅沢なカレーにしたいなら、ホタテ(帆立貝)もおすすめ!

刺身用の大きめのホタテをバターとにんにくでソテーし、最後にカレーに加えると仕上がりが豪華になりますよ。

ベビーホタテを沢山使って、具だくさんカレーにするのも素敵ですね。

スポンサーリンク

シーフードカレーに合う、変わり種具材は?

タコ

タコ

カレーにタコ(蛸)を入れるイメージが無いかもしれませんが、実は旨味が多いのでカレーにはピッタリなんです。

ただし煮込むと見た目が悪くなるので、スライスしたゆでダコを仕上げにプラス。あるいは、さいの目に切ったタコを、バターとにんにくでさっと炒めてカレーの仕上げにプラスしましょう。

タラ

タラ

ムニエルや寄せ鍋のイメージがあるタラ(鱈)ですが、インドではカレーの具としても使われています。

骨を取り除いてぶつ切りにし、カレー粉で下味を着けてからバターでこんがりソテー。あとはカレーを盛り付ける時にトッピングとして加えると、いつもとは違うカレーになりますよ!

ほっき貝

ほっき貝

最近では回転寿司で見かけるようになったほっき貝(北寄貝)は、主に東北・北海道で取れる貝。実は福島県や北海道の一部地域では、ホッキ入りのカレーが名物なんですよ。

新鮮な生のホッキを使う場合は、カレールーを入れて仕上がる直前にホッキを投入。茹でたホッキを使う場合は、カレーを盛り付けた後のトッピングにしましょう。

お肉もいいけど魚介もね!

【関連記事】

レーの具と言われると、ゴロゴロしたお肉や新鮮な野菜のイメージが強いかもしれません。しかしシーフードを加えると、いつものカレーとはまた違った味わいになります。

プリプリのエビやコリコリ食感のイカは、スパイシーなカレーとの相性も抜群。カレーに入れるイメージのない、タラなどもカレーと合うので一度は挑戦したいですね。

旨味とスパイシーさでおかわりしたくなる、美味しいシーフードカレーを作ってみませんか?