重陽の節句の意味や由来。その時期の食べ物と言えば何があるの?

| 日本の習慣・行事 | , , ,

3月3日のお雛様の日は、正式には「桃の節句」といいます。また5月5日のこどもの日は、別名「端午の節句」ともいいますよね。

このような「節句」とつくお祝いの中で、ややマイナーなのが「重陽の節句」

聞いたことが無いという方も多いかもしれませんね。いつ行われるのか、またどういった由来があるのかも気になりませんか?

今回は、重陽の節句の意味と由来、そしてその時期に食べられる食べ物についてまとめました!

スポンサーリンク

重陽の節句とは?その意味は?

9月9日の節句

「重陽の節句」の読みは、「ちょうよう」の「せっく」というもの。

9月9日が重陽の節句の日になります。

別名で、
「菊の節句」
「栗の節句」

とも呼ばれているんですね。

重陽の節句では、菊を使い、邪気を払って長寿を願うお祝いをします

例えば、

  • 菊の花を飾って長寿を願ったり
  • 菊の花を浮かべた「菊酒」でお祝いをしたり
  • 前日に詰んだ菊の花を一晩綿にくるみ、当日にその綿で体を清める

など、菊には不老長寿の力があると言われたため、特に重陽の節句では活用されたんですよ。

節句とは

重陽の節句の「節句」とは、どういうものなのでしょうか。

節句とは季節の節目に当たるもので、中国の陰陽五行説という考え方が基になっています。

節句は同じ奇数が重なっていますが、奇数は陽の属性を持つ良いもの。しかし同じ奇数が2つ重なる事で、属性が強くなりすぎて不吉だと言われていました。

そこでお祓いの行事を行うことで邪気を払い、平穏に過ごせるよう祈願したのが節句の始まりなんですよ。

ただし時代を重ねるごとに、陽の属性が重なるおめでたい日という考えに。そのため現在ではおめでたい日として、日本では定着しています

スポンサーリンク

重陽の節句の由来

もっとも強い「節句」

重陽という時は「陽」が「重なる」と書きますが、これはもっとも強い「陽の気」を持つ日だから。

先ほどの「節句」の説明で、奇数には陽の属性があると説明しましたよね?

9は奇数の最後の数字となり、もっとも強い陽の属性を持つと考えられています。その強い9の数字が重なる9月9日は、とても強い陽の属性を帯びた日

そのため特におめでたい日として、お祝いが行われていたんですよ。

他の節句と比べると

強い陽の属性を持つ重陽の節句ですが、現在の日本ではあまりお祝いは行われていません。

これは明治時代になって太陽暦が使われるようになり、菊の開花時期とずれてしまったからというのが原因のようです。

菊の花がないと重陽のお祝い事ができないため、次第に廃れてしまったというわけですね。

ただし現代ではハウス栽培や品種改良の結果、重陽の節句に菊を使うことは可能になっています。だからこそ重陽の節句を見なおして、みんなでお祝いするのはいかがですか?

ちなみに重陽以外の節句は、

  • 1月7日の「七草」
  • 3月3日の「桃の節句」
  • 5月5日の「端午の節句」
  • 7月7日の「七夕」

…の4つがあり、合わせて5つで「五節句」と呼ばれています。

重陽の節句の時期の食べ物といえば

食用菊

重陽の節句では観賞用の菊も使いますが、食用菊があると食卓が華やかになります。

食用菊もハウス栽培のおかげで、1年中入手が可能。しかも露地物の開花時期は9月~12月のため、重陽の節句には特に新鮮な食用菊が楽しめます

食べ方としては。サラダやちらし寿司の上に散らしたり、天ぷらにするのがおすすめ。

また食用菊を使った「菊酒」は、重陽の節句によく飲まれるもの。日本酒に食用菊を散らすだけで完成ですが、散らし過ぎると苦味が強くなるので注意してくださいね。

関連記事:色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

重陽の節句には「栗の節句」の別名があり、9月に旬を迎える栗を食べる風習が。特に農村で食べられることが多く、収穫のお祝いを兼ねていました。

栗はビタミンB1が豊富で疲労回復効果もあるので、9月の残暑で疲れた体にも嬉しいですね。

栗の食べ方ですが、栗ご飯が最適。炊きたての栗ご飯に食用菊を散らせば、重陽の節句らしいごちそうになりますよ。

□「栗ご飯」の作り方(炊飯器レシピ)

*栗ご飯は炊飯器でも炊けるので、挑戦したいですね。

関連記事:
栗はダイエット向き?調理法によるカロリーの違いとおすすめの食べ方!
簡単にできる「栗」の茹で方と保存方法。冷凍しても大丈夫?

秋ナス

「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざがありますが、これはナスがとても美味しいから。意地悪な意味もありますが、食べ過ぎで体を壊さないようにという配慮もあるんですよ。

そんなナスですが、「9の付く日に食べると中風にならない」という言い伝えがあります。

中風とは脳溢血や脳卒中のことで、体のしびれや歩行障害を指す言葉。特に9月9日は9が重なる日なので、効果があると言われていたんですよ。

関連記事:ナスに含まれる栄養と効能とは?「茄子は栄養が無い」は嘘?

菊を愛でて長寿を

「重陽の節句」は他の節句と違い、最近ではあまり盛んにお祝いを行いません。しかしかつては盛大にお祝いをし、長寿を願った大切な行事でした。

見頃となった菊を楽しみながら、お酒を楽しんだり栗ご飯をいただいたり。長寿は誰でも願いたいものですし、これをきっかけに見直すのも素敵です。

重陽の節句をみんなで祝い、楽しい1日を過ごしませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

寒露の意味とは?2017年はいつ?この時期の食べ物もご紹介!

日本は四季の移り変わりが美しく、その季節内でも日ごとに細かな変化が見られます。 特に秋は一日ご

記事を読む

帰省(きせい)の意味とは?帰郷(ききょう)との違いは何?

年末年始やお盆になると、故郷へ帰省する人も多いかと思います。 その結果、高速道路が大渋

記事を読む

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書かれています。その中には、読み

記事を読む

ひな祭りの食べ物!ちらし寿司の由来と具のそれぞれの意味は?

ひな祭りの食べ物と言えば「ちらし寿司」ですよね。 子供の頃、母が大きな桶にいっぱい作っ

記事を読む

節分・豆まき・鬼の由来や意味!節分の正しい作法は?

節分と言えば「豆まき」ですよね。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、 お父さんが鬼

記事を読む

安産祈願の戌の日に着ていく服装はどうする?腹帯の巻き方は?

妊娠の報告をすると、周囲の方から「戌の日のお参りは?」と聞かれることがあります。 戌の日のお参

記事を読む

浅草寺の初詣、2017年の混雑予想!参拝時間はいつがいい?

浅草と言えば、江戸の「粋」がぎゅっと詰まった下町。国内外で大人気のスポット。 中でも浅

記事を読む

つるし雛の由来!お飾りに込められた意味とは?

3月3日の桃の節句には、雛人形を飾ってお祝いしますよね。 その周囲に、天井から飾り物をつる

記事を読む

処暑(しょしょ)の意味と食べ物について。2017年はいつ?

夏の暑い季節などに、良くニュースのお天気コーナーで、「暦の上ではもう秋なのですが…」というフレーズを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑