本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

一方で「菊の御紋」に代表されるように、「菊」もまた日本を代表する花。

高貴な印象もありますし、お墓に添える「仏花」としても使われる菊。

そんな菊には、どのような花言葉があるのでしょうか。

そこで、
・菊の花言葉(全体・色別)
・菊とはどういう花なのか?プレゼントに贈っても良いのか?

といった内容についてご紹介しますので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

菊の花言葉は

菊全体の花言葉

菊全体の花言葉は、次の3つとなります。

  • 高貴
  • 高潔
  • 高尚

「高貴」とは、身分の高く社会的にも立派な方を指す言葉。

「高潔」は、人の模範になるように自らを厳しく制して立ち振る舞う人のこと。

そして「高尚」とは、高水準で上品な技量・趣味・能力などを意味します。

これらはすぐに身につくものではなく、本人が意識して努力して身につくもの。出来ればこう有りたいと憧れますが、現実には難しい部分もありますよね。

また菊の花は姿が美しく、また皇室の家紋として長く用いられているもの。これらの印象から、高貴・高潔・高尚という花言葉がつけられました。

黄色い菊の花言葉は

菊の花といえば黄色、というイメージが強いかもしれません。

黄色い菊の花言葉は、

  • 破れた恋
  • 軽んじられた恋

というもの。

黄色い菊はお葬式の花の印象もありますが、実は西洋でも同じような花言葉です。特に恋人に贈るプレゼントの花として選ぶと、別れを願ってる暗示にもなるので要注意ですね。

白い菊の花言葉は

白もまた菊に多い色で、こちらもお葬式のイメージがあるかもしれませんね。

そんな白い菊の花言葉は、

  • 真実
  • 誠実
  • あなたを慕っています

というもの。

何色にも染まらない真っ白な花は、嘘偽りのない状態を表すもの。

誠実さを表現したい時には、白の菊が最適。しかしお葬式の印象も強いため、白い菊を贈るのは避けたほうが無難かもしれませんね。

その他の色の花言葉は

白・黄色のイメージが強い菊ですが、品種によって様々な色や形が存在します。

赤い菊

赤い菊の花言葉は、「愛情」

赤い色は情熱を表すことが多く、菊もまた情熱的な感情を表す花言葉となっています。

スプレー菊

スプレー菊の花言葉は、「あなたを愛しています」

スプレー菊(スプレーマム)とは西洋菊の一種で、一つの茎から花がいくつも咲く品種。

ピンク・サーモンピンク・ピーチピンク・黄色など、日本の菊にはない様々な色が楽しめます。

そんな多様性が、愛の告白にも繋がっているのかもしれませんね。

寒菊

寒菊の花言葉は、「健気な姿・真の強さ」

寒菊はその名の通り、冬に咲く菊のこと。色は普通の菊と変わらず、黄色や白い花が多め。

しかし寒い冬に咲くことから、健気さや強さが花言葉で表現されています。

スポンサーリンク

菊はどんな花?開花時期は?

秋が見頃

菊はキク科キク属の植物で、原産国は中国。日本には平安時代初期に持ち込まれ、広まったと考えられています。

そんな菊の開花時期は、10月~11月ごろ。秋に咲く花として、秋の季語にも採用されています。

しかし菊は一年を通じて需要があるため、ハウス栽培などで1年中出荷出来る状態に。そのため花屋などでは、常に菊の切り花を購入することが可能となっています。

□電照菊方法で栽培されるスプレー菊

*農家の皆さんのおかげで、一年中菊が楽しめるんですよ。

菊の御紋とは

仏様の花の印象が強い菊ですが、「菊の御紋」と呼ばれるように高貴な花としても扱われます。

菊の御紋とは皇室の家紋のことで、正式には「十六弁八重表菊紋」というもの。花弁が16ある八重菊をモチーフとしており、黄色・黄金色に着色されています。

菊の御紋は菊が好きだった後鳥羽上皇が、自らの印として菊を用いたのが始まり。その後も歴代の天皇が印として、菊の紋が使用されました。

これが定着し、菊の御紋が皇室の家紋として伝わることになったんですね。

なぜお葬式などに使われるのか

皇室の家紋としても用いられる菊ですが、一方でお墓に供える「仏花」という側面も。これは明治時代以降に広まったもので、西洋の風習が定着したという説が一般的です。

  • フランスでは祭壇に白い菊を飾る風習がある
  • 無宗教の葬儀に白い菊が使われる。

これらが日本に伝わって広まったと言われていますが、決定的な説にまではなっていません。

しかしお葬式などで白い菊が多く使われ、お墓や仏壇にも菊が。これらの印象がとても強いことから、お見舞いやお祝い事に白い菊は贈ると失礼にあたりかねません。

菊の花をプレゼントに贈りたい場合は、西洋菊で赤やピンクの花がつくものを選びましょう。

明るいイメージになるように

の花はが見頃で、この時期になると、品評会や「菊人形」の展示イベントが開催されています。

春の桜と並んで秋の菊は日本を象徴する花でもあり、パスポートの表紙にも菊の紋が。

一方でお葬式やお墓に供える花としても使われるため、プレゼントや贈り物にするには注意が必要です。特に高貴なイメージで年長者に贈ると、悪い印象にもつながる可能性もありますよ。

菊はとても素敵な花ですが、色や形から明るいイメージとなるものを選びたいですね。