生時代に学校で、避難訓練を行った経験はありませんか?

いつ避難命令が出るのかわからず、ドキドキしながら授業を受けた人もいるのではないでしょうか。

いざという時にとっさの行動が取れるように、定期的に行われる避難訓練。なぜか9月に行われることが多いですよね。

これは実は「防災の日」が関係しているんですよ。

防災の日がいつでどのような由来があるのか、そして防災の日の取り組みについてまとめてみました。

スポンサーリンク

防災の日とは

毎年9月1日に

9月1日「防災の日」として、1960年(昭和35年)に閣議決定により制定さました。

制定された目的は、

「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」

…というもの。

記念日ではありますが祝日ではないため、この日は休日にはなりません。

また毎年9月1日を含む前後1週間は、「防災週間」となっています

2017年の防災週間は、8月30日(火)から9月9日(月)までの7日間

9月1日の防災の日と合わせて、防災意識を高める期間となっているんですね。

防災の日が制定された由来

関東大震災

9月1日が防災の日となったのは、1923年(大正12年)9月1日に発生した「関東大震災」が関係しています。

関東大震災は日本最大級の被害をもたらした大災害。地震による家屋倒壊・津波・火災などによる被害はとても大きく、死者・行方不明者が10万人以上にもなりました。

関東大震災が大災害になったのは、地震の規模もありますが、発生時刻も影響しています。発生時刻が午前11時58分だったために、昼食準備中の台所から火事が発生。この火事はあっという間に燃え広がり、膨大な被害が出てしまいました。

後に大災害が発生したこの日に防災意識を高めようということで、9月1日が防災の日として選ばれたということです。

伊勢湾台風

もう一つの理由としては、9月は台風が多い月であることが挙げられます。

8月31日から9月1日にかけては、雑節の「二百十日」にあたります。二百十日は立春から数えて、ちょうど210日目に当たる日のこと。昔から特に台風が通過しやすい日として、注意するよう呼びかけられていました。

また防災の日が制定される前年の1959年(昭和34年)9月末には、大きな被害をもたらした「伊勢湾台風」が。伊勢湾台風による被害もとても大きく、全国で5000人以上の死者が出るほどでした。

このような背景もあって防災意識が非常に高まり、「防災の日」の制定へとつながりました。

スポンサーリンク

防災の日の取り組み

避難訓練

毎年「防災週間」には、全国各地の自治体を中心として避難訓練が行われています

2016年の東京都を例に取ると、9月1日に東京スカイツリー周辺での避難訓練を実施。外国人観光客や修学旅行生への避難誘導訓練や、防災対策本部を立ち上げて訓練を行われました。

また避難場所に指定されている水元公園では、消火訓練や救助訓練が。更には参加者全員が一斉に行動する「シェイクアウト」を通じて、防災意識を高める活動も行われました。

避難訓練を行うことで実際に災害が発生した時に、スムーズに行動を起こすことができるようになります。また避難訓練を通じて、避難経路の見直しといった問題点を洗い出すことも可能です。

お住いの地域で避難訓練が行われる際は、ぜひ参加して、いざという時に備えましょう!

□2016年9月1日(防災の日)東急列車一斉停止訓練の様子

*鉄道によっては、9月1日に緊急停車訓練を行うこともあります。

防災グッズの確認を

避難訓練とともに重要視されているのが、防災グッズの確認です。

9月1日は防災用品点検の日にも指定され、防災グッズや非常食の点検を推奨しています。

もし万が一の備えがないようでしたら、これを機会に購入することを強くおすすめします。

ちなみに「防災用品点検の日」は年4回あり、

  • 3月1日
  • 6月1日
  • 9月1日
  • 12月1日

がそれぞれ該当します。

すでに購入しているという方も、いざという時に使えるかどうかのチェックが必要です。

食料に関しては賞味期限切れの確認を、電池で動作するものは電池切れのチェックを行いましょう。

突然起こる災害に備えて

地震などの災害は突然発生するため、普段からの意識付けと備えが重要になります

しかし常に「万が一」を考えるのは難しく、時間の経過とともに忘れてしまいがち。9月1日の防災の日は、防災意識を高めていざというときの心構えを確認する日です。

いざという時にどこに避難するのか…
あるいは自宅でどう対処するのか…

自分の命を守るためにも、9月1日の防災の日をきっかけに防災意識を高めましょう!