然ですが、のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしていますか?

大好きだけれど改めて愛を告げるのは、どこか照れくさく感じるものです。そんな旦那様にぜひ知ってほしいのが、1月31日愛妻の日

「愛妻の日」という理由があれば、日頃の感謝も伝えやすいですよね。

そんな「愛妻の日」の由来や、どんなイベントがあるのか?といった内容について紹介します。ぜひどんな記念日なのか覚えてくださいね!

スポンサーリンク

愛妻の日の由来は?

1月31日は愛妻の日

夫婦で歩く

愛妻の日1月31日に制定された記念日。その歴史は2006年(平成18年)からと比較的新しいものです。

1月31日に制定された理由は、1と31の語呂合わせから。「1」は英語の「I(アイ)」に見えますし、「31」は「サイ」とも読めますよね。

アイ(I)+サイ(31)=アイサイで、「愛妻」の日となったんですね。

夫婦関係から平和を!

愛妻の日を制定したのは、「日本愛妻家協会」という団体。2005年(平成17年)に発足したこの団体は、いつまでも妻との関係があたたかであるように願う事を目的としています。

妻という最も身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね。

というコンセプトを元に、愛妻家というスタイルを広げようと様々な活動を展開しています。

また「夫婦関係が健全であれば、世界平和と地球環境の保全につながるかも」という提唱も行っているんです。ユニークな考えですし、身近な平和という意味では夫婦仲がよいことは幸せにつながりますね。

ちなみに、日本愛妻家協会の本拠地は、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)。日本神話のヒーロー「ヤマトタケル」が亡くなった妻を忍んだことが、村の名前の由来となっています。

妻に恋する村が本拠地なんて、とても面白いですね。

スポンサーリンク

愛妻の日にはどんなイベントがあるの?

男の帰宅大作戦

愛妻の日に行われるイベントで、もっとも参加しやすいのが「男の帰宅大作戦」です。

これは愛妻の日には、早く帰宅して、妻に「ありがとう」というイベント。開始時刻は、1月31日の午後8時となっています。

この時間までに帰宅して、妻の目を見て「ありがとう」と言おうというものですね。

日本愛妻家協会の公式サイトにて参加表明を受け付けてはいますが、参加表明はしなくても自主的に参加するのは当然OK。普段は言いにくい妻への感謝を、愛妻の日をきっかけにして伝えてみませんか?

日比谷の中心で、愛を叫んだ夫

もっと積極的に妻に感謝を伝えたいなら、東京、日比谷公園でのイベントがオススメです。

例年「愛妻の日の前後」に、日比谷公園で愛を叫ぶ「ヒビチュー」が開催されています。

ヒビチューとは、「日比谷公園の中心で、妻に愛を叫ぶ」を略したもの。事前エントリーを行った男性が、壇上で妻や恋人へ盛大な愛を叫ぶものなんです。

ヒビチューでは例年、多くの方が愛を絶叫します!見ているこちらがホカホカするほどの愛を、日比谷公園で体験しませんか?

※2018年度は諸々の事情で開催されませんでしたが、2019年の開催には期待したいですね。

□ヒビチュー |日比谷公園の中心で愛を叫ぶ

*様々な愛の言葉を叫ばれると、みんなが幸せな気分になりませんか?

コラボ企画も

愛妻の日に合わせて、コラボ企画も毎年行われています。

お花屋さんの「日比谷花壇」とのコラボでは、「男の帰宅大作戦」にて、花を購入して妻にプレゼントしようと呼びかけられています。

また前回2018年では、Twitterで「#柄じゃない男の帰宅花作戦」というハッシュタグをつけて投稿した方には抽選で5000円相当の花束をプレゼントするという企画も行われました。

参考:日比谷花壇 愛妻の日HP

2019年もプレゼント企画を期待したいですね。

また、過去2017年になりますが、「すみだ水族館」では愛妻の日の1月31日を含めた4日間で、「愛妻の日ナイト」が開催されました。

これはペンギンの中でも特に夫婦仲がよい、マゼランペンギンをメインとしたもの。マゼランペンギンの生態が学べるイベントや、カップルでハグを楽しむイベントなどが行われたんですね。

すみだ水族館のイベントは2018年は行われていませんが、2019年はぜひ期待したいところですね。

妻に愛と感謝を伝えよう!

婚して夫婦になると毎日顔を合わせるからか、いつのまにか妻がいて当たり前だと思いがち。また愛していると言わなくても、妻には伝わっているし、理解していると思いこんでいませんか?

感謝の言葉や愛情の言葉は、きちんと口にしないと相手には伝わらないもの。妻の方は分かっていても言葉と態度で伝えてほしいですし、好きな人からは何度でも言ってほしいんですよ!

1月31日の愛妻の日をきっかけにして、愛する妻に感謝の言葉を伝えませんか?