老人の日

9月の祝日の一つに、「敬老の日」があるのは有名ですよね。一方でカレンダーを見ていると、9月15日には「老人の日」と書かれていることが。

老人の日も敬老の日も同じような気がしますが、どこに違いがあるのでしょう?また「老人週間」というものもあると聞いたのですが、こちらに関しても気になりませんか?

そこで、

  • 老人の日・老人週間とは?
  • 老人の日の由来は?敬老の日との違いは?
  • 老人の日にはどんなイベントがある?

…について紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

老人の日・老人週間とは?

老人の日とは?

おとしよりの方

老人の日、「老人福祉法」によって定められた記念日。毎年9月15日に実施されています。2002年(平成14年)からの記念日ですが、祝日ではないためお休みにはなりません。

老人福祉法(第5条第1項)によると、老人の日の趣旨は次の通り。

国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促す

老人福祉への理解も求める一方で、老人自身も毎日の生活をがんばりましょう、としているんですよ。

老人週間とは?

老人週間は、「老人福祉法」によって定められた啓蒙週間のこと。9月15日から21日までの一週間のことを指し、老人の日と同じく2002年(平成14年)より実施されています。

老人週間の趣旨は、老人の日と同じです。一週間を通じて老人福祉を考えたり、見直すきっかけとしているんですね。

老人の日の由来は?

敬老の日が関係している

敬老の日

9月15日が老人の日となったのは、実は「敬老の日」が大きく関係しています。敬老の日は1966年(昭和41年)に制定された祝日で、当時は9月15日に固定されていました。

老人の日が制定されるきっかけは、1947年(昭和22年)に兵庫県多可郡野間谷村で敬老会が実施されたことから。9月15日としたのは、親孝行の「養老の滝伝説」により9月に年号が「養老」となった逸話があるからです。

そして9月15日の敬老会は全国に広まり、同時に「この日をとしよりの日の祝日にしよう」という運動もおこりました。

その結果1963年(昭和38年)に老人福祉法によって、「老人の日」と「老人週間」が定められることになりました。更に1966年(昭和41年)には国民の祝日「敬老の日」が誕生し、老人福祉法での記念日も「敬老の日」となったんですね。

【関連記事】
敬老の日の由来。日にちはいつ?お祝いは何歳から?

ハッピーマンデー制度がきっかけで・・

しかし現在の敬老の日は9月15日ではなく、9月の第3月曜日となっていますよね。これは「ハッピーマンデー制度」により、固定の日付ではなく、連休にしやすいように曜日(月曜日)で指定するようになったからです。

この結果いくつもの高齢者団体が、「9月15日に込められた意味がなくなる」と猛反対することに。それを受けて改めて老人福祉法で、「毎年9月15日は老人の日」と制定し直す事になったんですね

なお、敬老の日が9月第3月曜日になったのは2003年(平成15年)ですので、この年から敬老の日と老人の日は異なるはずですが、2003年の9月第3月曜日はちょうど15日。そのため、実際に日付がわかれることになったのは、2004年(平成16年)からとなります。

スポンサーリンク

敬老の日と老人の日の違いは?

敬老の日と老人の日は、由来をたどると同じもの。しかし現在はそれぞれの日付が違いますし、

  • 敬老の日祝日(祝日法にて定められた)
  • 老人の日記念日(老人福祉法にて定められた)

という違いがあります。

また敬老の日では、祝日法(第2条)により

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

…としているため、老人みずからが生活を振り返る「老人の日」とは目指すところが違っています。

  • 敬老の日は、長寿を祝う日
  • 老人の日は、老人福祉を老人とともに見直す日

このように覚えると、わかりやすいですね。

老人の日・老人週間にはどんなイベントがあるの?

内閣府のキャンペーン

老人の日のキャンペーン

内閣府では毎年、老人の日・老人週間に合わせてキャンペーンを実施しています。

2019年(令和元年)は、スローガン(標語)に「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」を提示。同時に以下の6つの目標がかかげられています。

  1. すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。
  2. 高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。
  3. 高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防への取り組みを進めよう。
  4. 高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等をみんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。
  5. 超高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、お互いに協力して安心と活力ある長寿社会をつくろう。
  6. 減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域でのつながりを築こう。

引用:「老人の日・老人週間」キャンペーン要綱 -内閣府-

内閣府では、スローガン・目標を、老人の日と老人週間を通じて広めるキャンペーンを行っていますので、ぜひ注目しておきたいですね。

全国老人クラブ連合会では三大運動を展開

全国老人クラブ連合会でも、老人の日・老人週間に合わせて 「健康」「友愛」「奉仕」の三大運動を展開しています。

老人自身が健康意識を高めたり、互いに支援したりボランティア活動を行おうというもの。健康的で豊かな老後を目指して取り組んでいるんですよ!

敬老の日とともに「老人の日」も

9月15日の老人の日とそこから1週間の老人週間は、老人福祉を考えるための日となっています。その上で老人自身も生活を見直すきっかけとし、楽しく暮らせるために考えようとしているんです。

9月第3月曜の敬老の日もあるため、忘れてしまうことの多い「老人の日」の記念日。長寿を祝う敬老の日とともに、老人も暮らしやすい社会のために、ぜひ覚えておきたい日ですね。

人生の先輩と一緒に生活を考える老人の日をよく知って、これからのことを考えるきっかけにしませんか?