nenga2015to1

賀状は、普段なかなか会えない親戚や友人に近況を伝えることのできる、いい機会ですよね。

ところで、年賀状は、いつ頃出してますか?

中には、「大晦日に書いている」なんて言う人も、いるかも知れませんね。

でも、せっかく年賀状を出すのなら、元旦に届くように出しませんか?

今回は、
・2018年の年賀状をいつまでに出せば元旦に届くのか、
・年賀状の受付開始日や、遅れてしまった場合の対処法、
・年賀状を出せるのはいつまでか?

などについて順にまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状は、いつまでに出せば元旦に届くの?

今年の年賀状の受付期間

  • 引き受け開始日:2017年12月15日(金)
  • 全国への元旦配達のための最終投函日:2017年12月25日(月)

となっています。

12月25日までに出せば、全国どこへでも元旦に届けてもらえるわけですね。

nenga2015to2

年賀状は、郵便局に持って行くこともあれば、近くのポストに投函することもありますよね。ここで注意しなければならないのは、年賀状を近くのポストに投函する場合です。

ポストに投函された年賀状は、集荷されてから配達されますが、最終集荷時刻より後に投函されたものは、翌日集荷されることになります

つまり、翌日に出したことになってしまうんですね。

年賀状を元旦に確実に届けるためには

  • 「12月25日 最終集荷時刻より前」

に、年賀状を出せばいい、と言うことになります。

お近くのポストに出す場合、事前に最終投函時刻をチェックしておき最終集荷時刻に間に合うように、出しましょうね。

ちなみに郵便ポストの集荷時間が分かるこんな便利サイトもあります。

ポストをひたすらマッピング

ただ必ずしも正確では無いようなので、ポストの時間は足を運んで確認しておくのが何よりですね。

Print

12月25日以降でも、元旦につくことも

日本郵便では、例年

12月25日までに差し出していただいた年賀状は元日に、12月26日以降12月28日までに差し出していただいた年賀状もできる限り元日にお届けできるよう取り組みます。

とWeb上に掲載しています。

つまり、12月26日以降28日までに出された年賀状は、「可能な限り」元日に届くようにしてもらえるんですね。

具体的には、

  • 隣接都道府県への年賀状 :12月27日 夕方集荷分まで
  • 同一都道府県内への年賀状12月28日 午前中集荷分まで

となります。

あまり遠くの場合には、やはり元日配達は難しいようです。

送付先が近隣地区の場合は、さらに余裕があり

  • 引き受け郵便局と同じ地域への年賀状    :12月30日 午前集荷分まで
  • 引き受け郵便局と郵便番号上2桁が同じ地域へ12月29日 夕方集荷分まで

となっています。

ただし、これらはあくまでも「目安」です。

仕分け作業に間に合うかどうかなどにより確実とは言えないので、できるだけ12月25日までに出すようにしましょう

スポンサーリンク

遅れた場合はどうしたらいいの?

12月25日に年賀状の投函が間に合わなかった場合ですが、近い場所であれば、元旦に届けてもらえることがあります。

でも、それ以外の場合、どうしたらいいんでしょう?

nenga2015to3

配送局に出す

この方法は、配達する地域へ行く必要があるため、近いところへの年賀状限定です。

年賀状の宛先と同じ地域の郵便局の窓口、またはポストに、12月30日までに出すのです。窓口に出す場合は、担当者に、この地域への配達であることを、伝えた方がいいでしょう。

配達日指定で送る

郵便物が翌日に届く地域への年賀状なら、12月30日までに、郵便局の窓口で配達日指定の葉書として送れば、元旦に届きます。

この方法の欠点としては、「配達日指定」であることが、受取人にわかってしまうこと。でも、「そこまでして元旦に届けてくれたんだ」と、感激してもらえるかも知れませんね。

速達で出す

年賀状を「年賀扱い」ではなく「速達」で出す方法です。

郵便物が翌日に届く地域なら、12月31日に速達として出せば、元旦に届きます。遠距離の場合は、元日の午後には届くようです。

この場合も「速達」であることが、相手にわかってしまいます。また、12月30日に出すと31日に届いてしまうこともあるので、注意が必要です。

最終手段は「郵頼」

封筒に年賀状を入れて、「元旦に配達してほしい」との依頼状を添えて配達先の郵便局へ速達で出します。

この方法なら、相手に特殊な手段(?)を使ったことはわかりません。

でも、配達先の郵便局を調べ、郵便局へ出向いて速達で送ることを考えると素直に期間内に送った方が良さそうですね。

自分で持って行く

すぐ近所なら、「自分で郵便受けに入れる」と言う方法もありますね。以前、近所の人がそう言っていたのを、思い出しました。

年賀状 年明けはいつまで送っていいの?

nenga2015to4

年内に年賀状を出せなかった場合だけでなく、年賀状を出さなかった人から、年賀状が届くこともありますよね。

年が明けてからは、年賀状はいつまで送っていいんでしょう?

一般的には「松の内」つまり1月7日までは、年賀状を送っても良いとされます。

また、郵便制度としても、1月7日投函までの公社製年賀はがきには、消印がつきません。1月8日以降は、消印が付くところからも、年賀状のシーズンは松の内までと言えるでしょう。

ただ、小正月(1月15日)までは、いわゆる「正月」と言えるので、「あけまして」と言う言葉を使うことはできます。

そして、松の内を過ぎたら、年賀状ではなく「寒中見舞い」にしましょう。

寒中見舞いは、寒い時期に相手の健康などを気遣う便りです。「お祝い」の意味は無いので、喪中に年賀状を受け取ってしまった場合にも出すことができます。

寒中見舞いは、2月4日の節分頃までに届くようにしましょう。

関連記事:
謹賀新年と恭賀新年の違いとは?年賀状ではどう使い分ける?
年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで
喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?
元日と元旦の違いと正しい使い分け。NGな使い方は?

年賀状は元旦に届くように出しましょう

元旦に届く年賀状は、相手の「気持ち」がいっそう伝わるようでうれしいものですね。

今は、パソコンで印刷したものが多いですが、それでも、デザインを選んだり、ひと言添えてあったりと、それぞれの人柄がわかって、楽しいものです。

年賀状のデザインに悩んだら、きれいで豊富なデザインが用意されているこちらのサイトで探してみるのも良いですね。

せっかくの年賀状、どうせなら、元旦に届くように送ってみませんか?

2017年の正月から1月2日の年賀状配達は中止されることになりましたので、今まで以上に元旦に届けられるようにしたいですね。

師走の忙しい時かもしれませんが、年賀状は受け取る相手のことも考えて、できるだけ早めに準備をしましょう!