しい友人へは、メールで済ますことも多くなったとはいえ、目上の方や会社関係、親戚の方へは、やはり年賀状は出すべきですよね。

我が家でも、お世話になっている方へ出す年賀状を作ろうかと、年賀状ソフトを購入したのですが、デザインを見ていると、「謹賀新年」「恭賀新年」と書かれているものを見つけました。

この2つ、似たような四字熟語ですが、言葉の意味にどんな違いがあるのでしょうか?

年賀状ではどう使い分けるのでしょう?

そんな気になる「謹賀新年」と「恭賀新年」の違いや、年賀状でどう使い分けるのか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状に使われる言葉の意味を知ろう!

「謹賀新年」「恭賀新年」を始め、それ以外にも年賀状で使われる熟語をピックアップしてみました。

これらお祝いの場で使う、四字熟語や二字熟語は、
「賀詞(がし)」
と言われてるんですね。

kingakyouga2

四字熟語の賀詞

四字熟語の賀詞(がし)は、目立ったものでは4種類あり、それぞれ次のような意味があります。

  • 謹賀新年(きんがしんねん)
  • 「謹賀には謹んで」という意味があり、「謹んで新年の喜びを申し上げます」となります。

  • 恭賀新年(きょうがしんねん)
  • 「恭賀にはうやうやしく」という意味があり、「うやうやしく新年のお祝いを申し上ます」となります。

  • 恭賀初春(きょうがしょしゅん)
  • 「初春は新年のこと」を指すため、「うやうやしく初春(新年)のお祝いを申し上げます」となります。

  • 笑門来福(しょうもんらいふく)
  • 「笑う門には福来る」の四字熟語表現。「来福笑門」とも書きます。

謹賀新年も、恭賀新年も、相手に対して、丁寧に新年の挨拶をしていますという事でしょうか。

どちらを使っても、相手には失礼にはならないようですね。

二字熟語の賀詞

一方、二字熟語の賀詞(がし)では、四字熟語の重複分を除いたものから、特に使われていた5種類を取り上げました。

  • 新春(しんしゅん) …新しい年、転じてお正月。
  • 迎春(げいしゅん) …新春を迎える。
  • 慶春(けいしゅん) …新春を喜ぶ。
  • 賀正(がしょう)   …正月・新年を祝う。
  • 頌春(しょうしゅん)…新春を迎えて喜ばしい。

どの賀詞も、お正月を祝い、喜ぶといった、意味がありますね。

これが英語表記だと、「Happy New Year」一択なのに、日本語だと、これだけの言葉が、お正月に使われるのかと驚きました。

スポンサーリンク

年賀状の言葉の使いわけは?

どの賀詞を使っても、年賀状に使うのには問題が無いと言えます。

でも、これだけ言葉が多くなると、使うべき対象が決まっているのではないでしょうか。

kingakyouga1

二字なら、正月と言っているだけ

目上の方への年賀状に、「新春」や「迎春」といった、二字の賀詞を使うのは実は失礼に当たります

というのも、先に挙げた意味のとおり、「新春」や「迎春」と書いただけでは、「お正月です」「新年です」と言っているだけなんですね。相手を敬う事や、丁寧さが足りない事になります。

ですので、これらの二文字からなる賀詞を使う相手は、年下や同僚など、目下や同格に当たる人への年賀状に使うようにしましょう。

目上の方には四字の賀詞を

目上の方に対しては、「謹賀新年」「恭賀新年」といった、四字からなる賀詞を添えるのがマナーとして適切です。

ただし、その後に「あけましておめでとうございます」と付け足すと、賀詞を重ねて使う事になり、いわゆる「頭痛が痛い」という表現になってしまいます。

ですので、謹賀新年など賀詞を添えた後は、「昨年はお世話になりました」といった挨拶文を添えるのが、目上の方にも失礼にならない年賀状となるでしょう。

相手を問わず使える言葉は?

「Happy New Year」や、
「あけましておめでとうございます」
「新年おめでとうございます」

は、相手を問わずに使用できます。

ですが、「新年あけましておめでとうございます」は、賀詞を重ねているので、避けたほうが良いとも言われてます。

でもこの表現はつい使ってしまいますよね?

実際のところ、一般的に使われている文面なので、目上の方へ出す年賀状でないのなら、そこまで気にする事も無いかも知れません。

関連記事:
年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいの?
年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで

知っている人には判ってしまう、年賀状の品格

kingakyouga3

日本語の語彙(ごい)は本当に豊富です。敬語の使い方も難しいものですし、言葉に奥深さがありますね。

今まで知らずに、目上の方へも「賀正」という賀詞を添えた年賀状を良く出していました。

賀詞をよく知ってらっしゃる方が見たら、
「何てマナーのなっていない年賀状だ!」
と思われていたのかもしれませんね。

知らないという事は恐ろしいことだと、今更ながらゾッとしています。

それにしても、私も今年の年賀状を印刷する前に気がついて、本当に助かりました。

細かい違いですが、改めて年賀状の文面を見なおして、失礼のないように適切な言葉を使いたいものですね。