仕事初めに神社へ

末が近づいてくると気になるのが、今年の仕事納めや、年明けの仕事始めがいつなのか?ということです。

連休の予定や、仕事上での挨拶周りの日程など、何かと準備することもありますからね。

しかし、その年のカレンダーによっては、そうした仕事納めや仕事始めの日が変わって来るので要注意です。また官公庁などの役所と、一般企業や銀行とでは休みの日はどう違うのかも気になるところ。

そこで、2018年の年末から2019年の年始にかけての仕事納め、仕事始めの日程についてまとめてみました。

スポンサーリンク

官公庁の年末年始の休みは?

行政機関の休日に関する法律では?

門松

官公庁については、年末年始のお休みが「行政機関の休日に関する法律」により決められています。

この法律によると、お休みは12月29日から1月3日までと規定されているので、

  • 御用納め(仕事納め)は、12月28日
  • 御用始め(仕事始め)は、1月4日

となります。

土日と重なった場合は?

年末年始をカレンダーで確認

ところが、その年のカレンダーによっては、12月28日や1月4日、またその前後が土日と重なることがありますよね。

仕事納めは、その前後の土日によって、次のようになります。

  • 12月28日が土曜日の場合:前日の「12月27日」が仕事納め
  • 12月28日が日曜日の場合:前々日「12月26日」が仕事納め

また、仕事始めが、1月4日が土日と重なった場合は、次のようになりますね。

  • 1月4日が土曜日の場合:翌々日「1月6日」が仕事始め
  • 1月4日が日曜日の場合:翌日の「1月5日」が仕事始め

2018年〜2019年の仕事納め・仕事始めは?

2018年(平成30年)~2019年(平成31年)は、

  • 12月28日が金曜日
  • 1月4日が金曜日

・・と、どちらも平日になっています。

そのため、

  • 仕事納めは、2018年12月28日(金)
  • 仕事始めは、2019年1月4日(金)

年末年始のお休み期間は、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

…とカレンダー通りということになります。

一般企業の年末年始の休みは?

一般企業においては、サービス業などを除き、年末年始のお休みを官公庁に合わせるところが多いです。

ですので、基本的には、

  • 仕事納めは、12月28日
  • 仕事始めは、1月4日

となります。

2018年(平成30年)~2019年(平成31年)は、官公庁と同じく、

  • 仕事納めは、2018年12月28日(金)
  • 仕事始めは、2019年1月4日(金)

年末年始のお休み期間は、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

…とカレンダー通り。ただし、企業によって独自に休み期間を設けていることも多いので、必要に応じて早い段階で確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

金融機関・ゆうちょの年末年始の休みは?

銀行・ゆうちょの仕事納め・仕事始め

銀行などの金融機関や、ゆうちょの仕事納め・仕事始めは次の通りです。

  • 仕事納めは、12月30日
  • 仕事始めは、1月4日

年末は12月30日まで窓口対応を行っており、仕事始めは官公庁と同じです。年末年始は、何かと物入りですし、お正月は金融機関もお休みですから、30日まで営業しているのは助かりますね。

また、仕事納め・仕事始めが土日と重なった場合には、やはりその分ずれ込むこととなります。

  • 12月30日が土曜日の場合:前日の「12月29日」が仕事納め
  • 12月30日が日曜日の場合:前々日「12月28日」が仕事納め

  • 1月4日が土曜日の場合:翌々日「1月6日」が仕事始め
  • 1月4日が日曜日の場合:翌日の「1月5日」が仕事始め

となります。

2018年(平成30年)~2019年(平成31年)は、12月30日が日曜日、1月4日が金曜日ですので、

  • 仕事納めは、2018年12月28日(金)
  • 仕事始めは、2019年1月4日(金)

年末年始のお休み期間は、2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

…となり、仕事納めが早くなりますので注意してください。

ただし郵便局では、

  • 土曜日に窓口営業を行っている局
  • 「ゆうゆう窓口」が設けられている局

もあるので、年末年始に利用できるところもあります。前もって確認しておきたいですね。

【関連記事】
ゆうゆう窓口では何ができるの?営業時間は何時から何時?

キャッシュコーナー(ATM)は?

年始の初詣

銀行がお休みの場合、お金をおろすことが出来ないので困りますよね。でも大丈夫です。

銀行やゆうちょのキャッシュコーナー(ATM)コンビニATMとも、年末・年始も年中無休で利用可能です

ただし、ATMを利用できる時間帯は、銀行や設置場所によっても違いがあります。また時間帯によっては、時間外手数料などもかかりますので、あわせて事前にチェックしておきましょう。

証券取引所では?

証券取引所では、仕事納め・仕事始めではなく、「大納会」「大発会」と言います。

以前は、大納会は12月28日、大発会が1月6日でした。

でも今では証券業界の業績不振から、営業日を増やすために、

  • 大納会は12月30日
  • 大発会は1月4日

にそれぞれ変更されています。

大納会、大発会も、土日と重なった場合には、ずれ込むことがあります。

2018年(平成30年)~2019年(平成31年)は、12月30日が日曜日、1月4日が金曜日ですので、

  • 大納会は、2018年12月28日(金)
  • 大発会は、2019年1月4日(金)

となり、大納会の日が少し早くなります。

年末年始の休暇を楽しもう

こたつでのんびり

レンダーによっては、仕事納めの日も仕事始めの日も休日と重なり、いつもより多くお休みがとれる年もあります。今年もそんな日程を期待したいところですが、カレンダー通りの年末年始の休みということになりますね。

とは言え、正月は6日も休みがあるわけですから、その分、どこかへお出かけするのもよし、ゆっくりするのもいいですね。また年始の1月4日は金曜日ですので、有給などで休みがとれれば9連休にすることも可能です。

ただ考えておきたいのは、サービス業の方は、年末年始の期間も働かれているのかもしれません。

自分がお休みだと、何となく「今日はお休み」だと思ってしまいますが、土日や年末年始にも、働いている方もいると言うことは、頭の片隅に置いておくようにしたいものですね。