末に時間が取れず、お正月になってからまとめて年賀状を書く・・・なんて人はいませんか?あるいは出し忘れていた方から年賀状が届き、慌てて書き出すなんてこともよくあるのではないでしょうか。

そんな時に気になるのが、書き出し文でよく使う「元日」「元旦」という言葉。

どちらも新年という意味で同じように使いがちですが、実は違いがある言葉なんです。

そこで今回は、元日と元旦の違いについて、使用例もまじえて紹介します!

スポンサーリンク

元日とは

1月1日

元日とは、その年の最初の日を指す言葉で、1月1日が該当します

元日の「元」には、「はじめ」という意味が。その年のはじめの日、という意味が漢字には込められています。

元日を時間帯で表現した場合、1月1日の日付が変わった瞬間から1月2日なるまでの24時間。1月1日全てが元日であり、どの時間帯でも元日と言っていいんですよ。

時期に意味はない

寒空の下で初詣を行うと、身も心も引き締まる思いがします。日本の元日は冬の季節ですが、なぜこの時期が元日となったのでしょうか。

実は天文学的な考えでは、全ての日は同じ日。1年の区切りをどこに置いても問題なく、1月1日もこの時期でなければという意味はありません。

また暦の上での区切りも、春分の日が3月21日(あるいは20日)になるように決めたという経緯が。そこから逆算することで1月1日が決まり、この時期が元日となったんですよ。

実は現在とは違う暦(ローマ歴)を採用していた古代ローマでは、冬至付近が元日に。フランス革命時に独自の暦(フランス革命暦)を採用したフランスでは、当時春分の日が元日でした。

特別な一日だというイメージが強い元日も、それほど特別ではなかったというのは驚きですね。

元旦とは

1月1日の朝

元旦とは、1月1日の朝を指す言葉です

「元旦」という漢字のうち、「旦」には朝という意味が。地平から朝日が昇る様子を、漢字で表現しています。

ここに「元」がつき、「1月1日の朝日が昇る時間帯」という意味で「元旦」となったというわけなんですね。

どこまでが元旦?

元旦は1月1日の朝と言われても、時間の区切りが曖昧に感じられませんか?

朝という時間帯がどこまでなのかは人それぞれですが、夜明け頃からが朝の時間帯。そして12時はもうお昼ですし、11時をすぎると「お昼前」という表現も。

そのため「1月1日の夜明け頃から朝の10時ごろまで」が、元旦と考えるのが適切です。

スポンサーリンク

元日と元旦の使い分け方は?

時間帯で使い分け

最近では元旦も元日と同じように、1月1日まる一日を指すということもあります。

しかし厳密には意味が違うため、1月1日であっても、昼以降に元旦を使うのはふさわしくありません

きちんと元日と元旦を使い分けるのであれば、次の点に注意しましょう。

■元日
1月1日まる一日のこと

■元旦
1月1日の朝、夜明けごろから午前10時ごろまで

よくある間違いに、「元旦の朝」という表現がありますね。

この表現ですと、元旦に朝という意味が含まれるので二重表現に。そのため「元旦」だけにするか、「元日の朝」とするのが正しいんですね。

同様に「元旦の午後」や「元旦の夜」という表現は、それぞれ「朝の午後」「朝の夜」というおかしな意味に。

「元日の午後・元日の夜」といった表現を使い、元旦は朝から午前中にかけてだけ使いましょう。

年賀状に書くときは?

年賀状では、元日と元旦のどちらを使うのが適切なのでしょうか。

本来年賀状は、1月1日の朝に届くように投函するのが礼儀。そのため文末に日付を書き込む場合、

  • 平成○○年 元旦

…と記入し、元日は使わないようにしましょう。

また「1月元旦」や「1月元日」と書く人がいますが、これは間違い。元日・元旦それぞれに「1月1日」の意味があるため、1月の二重表現となるんですよ。

ちなみに投函が遅れるなどして、1月1日に届くかわからない場合は、

  • 平成○○年 1月
  • 平成○○年 1月吉日
  • 平成○○年 正月

…としたほうが安心ですし、間違いがない表現となります。

関連記事:
年賀状を元旦に届けるにはいつまでに出せばいいの?

元日と元旦は似ているが違う

元日元旦は漢字も似ていることから、同じ意味合いの表現と思いがち。しかし漢字の意味を含めて調べてみると、時間帯の範囲が違う言葉だということがわかります。

元日は1月1日そのものを指す言葉で、元旦は、1月1日の朝を指す言葉。特に元旦は時間帯が制限される言葉なので、1月1日の午前中にのみ使いたいですね。

新年早々から間違いを指摘されないように、元日と元旦はしっかり使い分けましょう!