kagamimochi1

正月には、鏡餅を飾りますよね。

昔は、お正月には、お餅屋さんにお餅を頼んでいて、鏡餅も、時間が経つにつれ「ひび」が入って来たり、かびたりしたのを思い出します。

最近では、真空パックの鏡餅を飾るお宅が多いかも知れませんね。

でも、どうしてお正月には鏡餅を飾るんでしょう?

鏡餅の意味・由来、正しい飾り方、いつまで飾るか?などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

鏡餅の意味・由来は?

お正月には鏡餅を飾りますが、鏡餅はただの飾りではなく「歳神さまへのお供えもの」です。

お正月は、もともと「歳神さま」をお迎えするための行事です。

歳神さまは、新しい年を運んで来られる神様で、鏡餅は、歳神さまの「依代(よりしろ)」とされています。

関連記事:歳神様(年神様)とは?お正月にお迎えする由来や祀り方について

鏡餅の意味

kagamimochi2

では「依代(よりしろ)」とは何でしょう?

依代とは「魂が宿るもの」のことです。

日本では、古来よりあらゆるものに神霊や魂が宿るという自然崇拝があり、鏡餅には、歳神さまの魂が宿っていると考えられました。

鏡餅は、歳神さまの魂の象徴なのです。

お正月に、歳神さまから魂を分けていただくことが「年をとる」ことです。

だから、昔は「数え年」と言って、みんな一緒にお正月に年をとっていたんですね。

鏡餅の由来

では、どうして「鏡餅」って言うんでしょう?

ひとつの説は、丸いお餅の形が、昔の「銅鏡」に似ていることから来たと言うもの。

鏡は、魂が宿るところとされるので、この説にはなかなか説得力があります。

また、鏡餅の「鏡」は「鑑みる」のことだとする説もあります。

良いお手本や模範に照らして「鑑みる」にあやかって、「かんがみもち」と言っていたのが「かがみもち」になったと言うわけです。

いずれにしても、鏡餅にはありがたい由来があると言えそうですね。

スポンサーリンク

鏡餅の正しい飾り方とは?

鏡餅は、丸いお餅を2つ重ねて飾りますよね。

お餅の丸い形は「円満」
2つ重ねるのは「かさねがさね」のこと。

つまり、「円満に年を重ねる」と言う願いが込められているんですね。

お餅を2つ重ねるのは同じですが、飾り方は、時代によって、また、地域によっても違いがあるようです。

鏡餅の基本的な飾り方

  1. 三方(さんぽう)の上に四方紅(しほうべに)を端が垂れるように敷く
  2. 裏白(うらじろ)の葉っぱの白い方を前に向けて載せる
  3. お餅を2つ重ねておく
  4. お餅の上に御幣(ごへい)を載せ、橙(だいだい)を飾る

お餅と一緒に飾るものには、それぞれ意味があります。

kagamimochi5

○橙(だいだい)

大きくなっても実が落ちない橙は「代々家が栄えるように」飾ります。

でも、実際にはミカンを飾っているご家庭も多いのでは?

○御幣(ごへい)

赤い色は魔除けです。

白一色のものは「四手(しで)」と呼ばれ、四方に手を大きく広げて繁栄するようにと願うものです。

○四方紅(しほうべに)

四方を「紅」で囲むことで「天地四方」を拝し災を払って1年の繁栄を祈願するため。

○裏白(うらじろ)

裏白は、葉っぱが左右対称に生えて対になっているところから夫婦円満。また、古い歯が落ちずに新しい葉が出てくるので、家族の繁栄。

さらには、裏が白いことは「清廉潔白」を表し、白髪になるまでの長寿を願う意味もあると言われています。

最近では、真空パックの鏡餅を飾るお宅も多いかもしれませんね。

こんな動画がありました。ご家庭で飾るものは、どんな感じですか?

■鏡餅 かがみもち

鏡餅はいつからいつまで飾るの?

鏡餅に限らず「一夜飾りは良くない」と言われますよね。では、鏡餅はいつ飾ればいいんでしょう?

kagamimochi3

鏡餅はいつから?

「一夜飾り」は良くないですが、鏡餅は、早く飾る分には問題ないとされています。

ただ、「八」が末広がりで縁起がいいことから、12月28日に飾るのが最適とされることが多いです。

逆に「九」は「苦」に繋がることから、29日は避けるべきだと言われます。

この点については、29が「福(ふく)」につながると言う考え方もあります。

12月30日は「悪くない」、31日の大晦日は「一夜餅」なので「良くない」とされます。

ただし、浄土真宗では、12月31日に鏡餅を飾るのでこの限りではありません。

鏡餅はいつまで飾る?

鏡餅は、歳神さまへのお供え物なので、神様がいらっしゃる「松の内」(1月7日)は、下げたり食べたりせずに飾っておきます。

松の内が終わり、神様をお送りした後は、下げていただきます。

お供えをいただく(食べる)ことで、歳神さまの魂をいただくのが「鏡開き」。鏡餅は、神様の魂がこもったありがたいお餅です。必ずいただくようにしましょうね。

鏡開きは、一般的には1月11日ですが、地域によっては15日のところもあります。お住まいの地域の習慣に合わせて、鏡開きをしましょう。

関連記事:
鏡開きはいつ?由来は?関西と関東で違うのは何故?
固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?
餅のカビを防止する保存方法4つ!カビがあっても食べられるの?

お正月には鏡餅を飾りましょう

otohidamayurai2

私の出身地の九州では、お餅と言えば丸餅でしたが、関東では四角いお餅です。もっとも、この点については、最近はスーパーで「切り餅」が売られているので今はどうなのかなと思ったりします。

鏡餅も、最近では鏡餅の形のなかに小さいお餅が入っている物もあるとか。確かに、その方が使い勝手はいいですよね。

鏡餅と言えば、子供の頃は、スルメを飾っていましたが、スルメのいわれについては、よくわかりませんでした。

また、少し前までは、真空パックの鏡餅にも「昆布」の飾りがついていたそうです。昆布は縁起物で、「よろこぶ」につながるところから、お正月料理には良く使われます。

でも、最近ついていないところを見ると、昆布自体が昔ほど食べられないのかなと思ったりします。

時代とともに、飾るものは少しずつ変わって来てはいますが、鏡餅を飾る習慣は、続けて行きたいものですね。