大迫力の曳山!佐賀の唐津くんち、2017年の日程と見どころ!

| イベント・お祭り | , , ,

楽に最適な秋も、11月に入ると少し肌寒くなってきます。しかし九州は11月でも比較的暖かく、旅行を楽しむのに最適な場所。

そんな九州で見て欲しいイベントに、唐津くんちがあります。他では見られないような曳山が楽しめ、街全体がくんち一色となるんですよ。

そんな唐津くんちについて、
・唐津くんちとは?
・2017年の日程やスケジュール
・魅力的な曳山など見どころ
・アクセス情報

について紹介します!

スポンサーリンク

唐津くんちとは?

唐津くんちは曳山のくんち

唐津くんちとは、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋のお祭りのことを言います。「くんち」とは九州地方での秋祭りを指す言葉で、地域によって祭りの内容は全く違います。

例えば長崎県で行われる「長崎くんち」では、独自の踊りや山車(曳山)が名物。それに対して唐津くんちでは、巨大な曳山が街中を練り歩くお祭りとなっています。

唐津くんちが曳山を使う祭りになったのは、明治以降だと考えられています。少なくとも江戸時代初期には、唐津神社でなんらかの秋祭りが行われていました。

しかし現存する最古の曳山が奉納されたのは、江戸時代末期になってから。その後合計15台が明治9年までに奉納され、現在のような曳山メインの祭になったと推測されます。

karatsukunchi1

2017年の日程やスケジュールについて

晴れの特異日

唐津くんちは、毎年11月2日・3日・4日の3日間開催。

2017年は、
11月2日(木)・11月3日(金・祝日)・11月4日(土)
と、平日→祝日→土曜の日程となっています。

中でも11月3日の祝日は、最大のイベントが行われるもっとも盛り上がる日。

そしてこの日は、めったに雨が降らない「晴れの特異日」とも呼ばれる日です。そのため唐津くんちは中止になることがとても少ない、見に行く側にとって嬉しいお祭りとなっています。

karatsukunchi2

スケジュール

唐津くんちは唐津神社や市内各所を、曳山がめぐります。

例年ほぼ同じコースをめぐりますが、2017年のスケジュールは次の通りです。

■11月2日(木) 19:30~22:00
宵山(よいやま)

19:30に一番曳山が大手口を出発。市内を一巡しながら他の曳山が合流後、唐津神社前にて整列。

■11月3日(金・祝) 9:30~16:30
御旅所神幸(おたびしょしんこう)

曳山が唐津神社を出発して市内を一巡後、曳き込みを行い、曳山を管理する各町へ戻ります。

■11月4日(土) 10:00~17:30(12:30~14:30頃まで休憩)
町廻り(翌日祭)

各所から曳山が唐津神社に集合後に市内を一巡し、曳山展示場へ引き上げます。

スポンサーリンク

唐津くんちの見どころ

大迫力の曳山

唐津くんちと言えば、大迫力の曳山を抜きにしては語れません。

これらは江戸末期から明治初期の間に制作され、唐津神社に奉納されたもの。合計15台が奉納されましたが、一台消失して現在は14台で運行されています。

唐津くんちの曳山は、赤獅子や酒呑童子や兜といった巨大な「工芸品」を山車の上に乗せています。この工芸品は和紙を重ねばりした上から漆を塗り、金箔や銀箔を乗せて着色したきらびやかなものです。

そのためとても丈夫で、人が乗っても大丈夫。更に重量は2トン以上にもなり、曳山を動かすのに十数人の曳子が必要なほど。

そんな曳山が合計14台も一斉に移動するため、大迫力の光景が見られるんですよ!

*これだけ巨大な曳山を、乱れること無く角を曲がる技量にも注目です!

曳き込み

唐津くんちは、その日ごとに見どころが変わります。

初日(11月2日)であれば、次々と合流して合計14台が勢揃いする唐津神社前

最終日(11月4日)であれば、14時30分頃に再開された直後の町廻りの勢い

そして2日目(11月3日)で見て欲しいのが、西の浜地区に設けられた「お旅所」での曳き込みです。

ここの砂浜は普段は固く引き締まっていますが、この日のためにわざわざ土壌を掘り起こして砂地に。そこを重量のある曳山が、砂に車輪を取られながら大移動。

砂地に車輪が埋もれないように動かす技量が必要で、そのため毎年大盛り上がりするんですよ!

*大迫力の曳き込みに圧倒されますね!

アクセス

唐津くんちは、3日間で合計50万人以上の人出が見込まれる大イベント。更に佐賀市内では、気球大会・バルーンフェスタが行われるため大混雑します。

車での移動は極力避けて、公共交通機関の利用を強くオススメします。

公共交通機関でのアクセス

本州方面から唐津へ行く場合、飛行機で福岡空港を目指すルートが一番解りやすいです。

福岡空港からは地下鉄「福岡市営空港線」の西唐津行きとなっている便に乗車。

この路線はJRの電車も乗り込む路線のため、乗り換えなしでJR唐津駅まで行くので安心して下さい。

唐津駅を降りたら、もうそこは唐津くんちの巡回場所の一つです。

駐車場は?

駐車場は、臨時駐車場も含め各地に計2000台以上停めることができます。主な駐車場は次の通りです。

駐車場名 収容台数 唐津神社へ徒歩で 利用できる時間 場所
有料 東城内駐車場 170台 徒歩15分 24時間 唐津市東城内242−1
ふるさと館アルピノ 130台 徒歩10分 24時間 唐津市新興町2881−1
材木町駐車場 90台 徒歩10分 24時間 唐津市材木町2087-1
旧高取邸駐車場 90台 徒歩5分 24時間 唐津市北城内5−40
南城内駐車場 80台 徒歩2分 3日間とも7時30分~22時 唐津市南城内126
臨時 松浦河畔公園駐車場 1,430台 2日は17時~22時30分、3・4日は9時~17時30分 唐津市鏡字下新田
浄水センターグランド駐車場 120台 徒歩20分 3・4日の9時~17時30分 唐津市二タ子3丁目1−6

曳山の魅力に触れて

関連記事:
2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタの日程と見どころ!
長崎くんち2017年の日程と見どころ!

津くんちは巨大な曳山と、それを動かす曳子の迫力に圧倒されるお祭り。曳山は唐津市内14地域に所属し、それぞれの地域の曳子が自分たちの曳山を動かします。

そのため地元の盛り上がりがものすごく、唐津市内は文字通りくんち一色に

主役とも言える曳山の工芸品も、素晴らしい細工で歴史を感じるものばかりです。

精緻さと迫力に圧倒される唐津くんちを間近でみて、その魅力を体験してみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

佐賀・有田陶芸市2017年の日程と見どころ。おすすめの駐車場は?

毎日腕をふるって作る料理も、お皿が適当だとせっかくの盛り付けも台無し。またお気に入りのお皿が

記事を読む

岩手花巻まつり2017年の日程と見どころ!山車・神輿が圧巻!

暑さも一段落する9月になると、どこか遠くへ遊びに行きたくなりませんか? そんな方におす

記事を読む

湯島天神梅まつり、2017年の開催日と見どころは?

https://youtu.be/Ob5cQwmOTgY 「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ

記事を読む

伊達政宗由来の山鉾も!仙台・青葉まつり2017年の日程と見どころ!

ゴールデンウィークも終わり、夏休みまでの間は時間が空いたように感じられます。 梅雨の時期も重な

記事を読む

春のディズニーイースター2017!見どころや楽しみ方は?

ここ数年でおなじみになった春のイベントに、イースターがあります。別名「復活祭」とも言われ、キ

記事を読む

播州秋祭りとは?2017年の日程と屋台の魅力に迫る!

秋になると全国各地でお祭りが開催され、毎週のようにイベントが楽しめます。お祭りが大好きな人に

記事を読む

豊橋祇園祭2017の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

花火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか? 祇園祭と言えば京都を代表するお祭り

記事を読む

大迫力!岸和田だんじり祭り、2017年の日程や見どころ!

毎年秋になると、岸和田だんじり祭りの迫力ある映像を見ることがあります。 勇ましく荒っぽ

記事を読む

姫路ゆかた祭り2017年の日程や見どころ。浴衣で行くとお得?

最近は和装が見直されていて、夏になると浴衣を着ている方を見かけることが多くなっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

春一番の意味とは?気象庁の定義や名前の由来について

https://youtu.be/Urp6lWZ82io 天気の

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑