春になると、各地で梅や桜を愛でるお祭りが行われます。
いろいろな花が咲き始める春は、
何か新しいことを始めるにはピッタリの季節ですよね。

そんな春に行われる行事のひとつに「花祭り」があります。

「花祭り」ってご存知ですか?
実は、「花」祭りといっても、
何かのお花を愛でる行事ではないんですね。

花祭りの由来や、
花祭りに甘茶をかける理由などに付いてまとめてみました

スポンサーリンク

花祭りの由来は?

クリスマスは、キリスト降誕祭、つまりキリストさまのお誕生日をお祝いする日ですね。
一方、「花祭り」は、お釈迦様の誕生を祝う行事

hanamatsuriamatya1

「花祭り」は、
本来は灌仏会(かんぶつえ)という仏教行事ですが、

別名として、
 降誕会(ごうたんえ)
 仏生会(ぶっしょうえ)
 浴仏会(よくぶつえ)
 龍華会(りゅうげえ)
 花会式(はなえしき)

とも呼ばれます。

灌仏会を「花祭り」と呼ぶようになったのは明治以降のこと。

「花祭り」は、日本では一般的に毎年4月8日に行われますが、
月遅れの5月8日に行われる地域もあります。

お釈迦様誕生にまつわるエピソード

hanamatsuriamatya2

お釈迦様は、今から2500年ほど前、現在のネパール地方で、
釈迦族の王子さまとしてお生まれになりました。

お母さんの摩耶夫人は、ある夜、六つの牙をもつ白い象が天から降りて
右わきから体内に入る夢を見ました。

象はインドでは「聖獣」とされており、
夢占い師によればこの夢は「お世継誕生の兆し」とのこと。

その後、しばらくして摩耶夫人は懐妊、出産ための里帰りの途中、
立ち寄ったルンビニ園の庭で、
右脇の下からお釈迦様がお生まれになったと言われています。

「右脇」は、武力の象徴であり、「大切なものを抱える」ところ。

インドでは、昔から、王族などの高貴な方々は、
「右腕や右脇から生まれた」
と表現されるようことが多いようです。

お釈迦様は、生まれてすぐに、
四方に七歩ずつ歩いて、右手は天、左手は地を指して

 「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」

と言われたと伝えられています。

スポンサーリンク

天上天下唯我独尊とは?

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」とは、

 天上天下:この大宇宙で
 唯我独尊:唯、我 独り 尊い

と言う意味です。

「天上天下唯我独尊」と言う言葉は、
ときに「自分が一番偉い」と言う意味で使われてしまうこともあります。

しかし、「我 独り 尊い」とは、本来、
「私たちのいのちはみなかけがえがなく、あるがままに尊い」と言うことであり、
「私たち人間だけが、果たすことのできる尊い使命がある」と言う意味です。

「花祭り」は、お釈迦様の誕生を祝うだけでなく、私たち一人一人が、
かけがえのないいのちを生きていることを自覚する日でもあるのです。

花祭りに甘茶をかける理由

○甘茶まつり 加賀温泉郷・山中温泉

花祭りでは、お花で飾られたお堂「花御堂」に祀られたお釈迦様に
柄杓(ひしゃく)で「甘茶」をそそいで拝みます。

花御堂は、お釈迦様が生まれたと伝わるルンビニ園をかたどったもので、
桜や椿、れんぎょう、木蓮、こぶしなどの花々で美しく飾られます

「甘茶」をかけるのは、お釈迦様が生まれたとき、9匹の龍が現れ
「甘露の雨を降り注いだ」と言う伝説に基づくもの

「甘露(かんろ)」とは、中華世界で古来より伝わる
「天地陰陽の気が調和すると天から降る」とされる甘い液体のことで
王の徳が高いと、それに応じて天から降るとも言われます。

灌仏会に甘茶が使われるようになったのは、江戸時代からで
それ以前は、五香水や五食水と呼ばれる香水が使われていたそうです

花祭りでは、「甘茶」がふるまっていただけるお寺も多いとのこと。
「花祭り」には、お寺さんに出かけてみるのも楽しそうですね。

伝統行事を楽しもう

花祭りには、子どもたちの健やかな成長を願い
「稚児行列」が行われるところもあります。

○石手寺でお花祭り 園児ら釈迦の誕生祝う

今では、お釈迦様の誕生を祝う「花祭り」よりも、
クリスマスの方が盛んな気がしますが
日本は、いろんな国の行事を「イベント」として取り入れるのがうまい国だと
つくづく感じます。

「花祭り」も、インドで生まれた仏教が、中国を経て日本に伝わったとは言え
いまでは、すっかり日本の伝統行事になっていると言えますね

最近では、観光地に行くと外国の方を見かけることも多くなりました。

和食や世界文化など、日本の伝統的なものは、
世界的に見ても魅力があるのだと感じます。

それに対し、日本では、昔から続く行事を、
かえって大切にしていないような気もして少し残念です。

昔から続く「いいこと」「いいもの」は、
できるだけ大切にして行きたいですね。