佐賀バルーンフェスタ

んだ秋空を見上げていると、空を飛べる鳥が羨ましく感じます。そんな願いを叶える道具の一つが、ふわりと空を飛べる熱気球

その気球を競技として楽しむ大会が、毎年10月に佐賀県で開催されています。それが、「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

沢山の気球が空に舞う様子が美しく、また様々なイベントあって朝から晩まで楽しめます。

そんな「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」2018の開催日程や見どころについて紹介します。

スポンサーリンク

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2018年のイベント日程・スケジュール

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

賀インターナショナルバルーンフェスタ(Saga International Balloon Fiesta)とは、熱気球の国際競技大会のこと。

開催期間は年によって変わりますが、2018年の日程は次の通り。スケジュールも合わせて紹介します。

  • 大会名称…2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
  • 開催日程…2018年10月31日(水)~11月4日(日)
  • 開催場所…佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷一帯

※競技イベント以外も含めた大会自体は10月30日(火)~11月5日(月)の期間開催されます。

■佐賀インターナショナルバルーンフェスタのスケジュール

日にち 時間 イベント
10月31日(水)
※初日
7:00~9:00 バルーン競技
9:00~10:30 バルーン・ファンタジア
15:00~17:00 バルーン競技
11月1日(木) 7:00~9:00 バルーン競技
9:00~10:30 キッズデー&バルーン・ファンタジア
15:00~17:00 バルーン競技
11月2日(金) 7:00~9:00 バルーン競技
9:00~10:30 バルーン・ファンタジア
15:00~17:00 バルーン競技
11月3日(土・祝) 7:00~9:00 バルーン競技
9:00~10:30 バルーン・ファンタジア
11:00~11:30
14:00~14:30
ホンダトライアルバイクショー
15:00~17:00 バルーン競技
18:30~19:15 ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)
11月4日(日) 7:00~9:00 バルーン競技
9:00~10:30 バルーン・ファンタジア
14:30~17:00 キー・グラブ・レース
18:30~19:15 ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)

他にも、バルーン広場内の南側にて、13:00~14:00に、パイロットやクルーたちと一緒に「バルーン作りの体験」ができる気球教室も行われますよ。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタとは?

国内最大の熱気球大会!

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは、佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷をメイン会場に、熱気球の腕を競う大会となっています。毎年参加する熱気球は110機以上で、これだけの熱気球が一度に見られるのは珍しいことなんです。

※2018年度は「115機」予定されています。

元々は福岡で

佐賀でこのような熱気球の大会が行われるようになったのは、実は福岡県の発展に関係があります。

元々バルーンフェスタは、1978年(昭和53年)より福岡県甘木市で開催されていました。しかし1980年(昭和55年)になって、福岡空港での飛行機の離発着に影響が出ることが判明しました。

そこで隣県の佐賀で開催することになり、それと同時に世界選手権が開催できるように誘致も開始。その甲斐あって世界大会が開催されるような、大きなイベントに成長しました。

世界選手権開催も!

2年に1回、熱気球競技の世界大会が世界各地で開催されていますが、この佐賀でもこれまで数回開催されました。

実は、一昨年の2016年はその世界大会が開催され、大会名も「2016佐賀熱気球世界選手権」(22nd FAI World Hot Air Balloon Championship)ということで、大変盛り上がりました。

この熱気球世界選手権の大会の第1回は1973年。佐賀での開催は1989年の第9回、1997年の第13回に続いて昨年は3回目だったんですね。次はいつ佐賀で世界大会が開催されるのか今から楽しみですね。

バルーンフェスタの見どころ・楽しみ方!

昼のバルーン

やはりバルーンフェスタですから、熱気球は絶対見ておきたいですね。

昼間の競技で押えたいポイントは、早朝開始直後に一斉に熱気球が飛び立つところ

何十基もの熱気球が飛び立つところは、通常ではなかなか見ることが出来ません。また飛び立った後に地上に、手を振る選手もいるので、ほのぼのした気分にもなれますよ。

□佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

*色とりどりの気球がまだ暗いうちから飛び立つ姿は感動的ですね。

夜のバルーン

昼間のバルーンが飛び立つ迫力なら、夜のバルーンは灯りに寄る幻想を作り出します。

「夜間係留」では、気球を浮かせるためのバーナーを灯して気球ライトアップ。バンドの生演奏もあって、ぐっと大人の雰囲気が漂いますよ。

□佐賀インターナショナルバルーンフェスタ ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン

*次々とライトアップされて、とても綺麗です!

イベントも盛りだくさん!

バルーンファンタジア

熱気球の競技の合間に、あるいは熱気球を見ながら楽しめるイベントも盛り沢山!

例えばバルーン競技の合間に行われる、バルーンファンタジア

こちらはアニメキャラクターや動物の形の、巨大バルーンが登場するイベントです。通常は立ち入り制限のあるエリアですが、天候が良ければ間近で見ることが可能です。

*アニメや映画の巨大キャラクターが出現!

ステージイベント

イベントステージでは、演奏会・クイズ大会・キャラクターショーなどが行われます。

空を見上げ続けると少々首が疲れてきますので、正面を向いてイベントを楽しみませんか?

うまかもん市場

見てばかりではお腹もすいてくる・・・なんて方には「うまかもん市場」がおすすめです。

朝の7時30分から利用できますが、佐賀県の特産品が集結し、その場でいただけるフードコートも充実しています。生産者自らが販売する産直コーナーもあるので、美味しい食べ方なども聞けるかも知れませんよ。

アクセス

各種アクセス方法

公共交通機関を利用する場合、JRがとても便利です。

というのも会場近くに、この時期限定の「JRバルーンさが駅」ができるからです。

JR佐賀駅から電車で4分ほどでバルーンさが駅に到着し、下車すればもうそこが会場です。

車で行かれる場合は、長崎自動車道・佐賀大和ICから佐賀方面へ約30分ほどで会場に到着します。会場近くは混雑しますが、誘導員もいるので指示に従って移動するようにして下さい。

駐車場はあるの?

バルーンフェスタ期間中は、周辺には合計で4800台以上土日祝には7000台以上が止められる駐車場が用意されています。

この内会場に一番近い「バルーン会場北駐車場」(佐賀市鍋島町大字森田2598付近)では、収容台数4000台な上に期間中は毎日利用が可能。環境整備協力金として1000円かかりますが、何より会場に近いのが魅力です。

その他に土日祝だけ開放される無料駐車場や、有料の駐車場が佐賀市街地に何ヶ所も用意されています。(詳細はこちら⇒会場駐車場案内

また各駐車場とバルーン会場を結ぶ有料シャトルバスも用意されていますし、場所によっては徒歩で移動も可能です。

熱気球を間近で

関連記事:大迫力の曳山!佐賀の唐津くんちの日程と見どころ!

気球はふんわり浮いているイメージが強く、どこかメルヘンチックでもあります。しかし間近で見ると、浮かぶためのバーナーの熱気がすごく、なによりもその大きさに驚くはず。

その上で空に浮いた熱気球を眺めると、今までの印象が変わるかも知れません。何より沢山の熱気球を間近で見られる珍しい大会です。ぜひ一度遊びに来てくださいね。