といえばお花見が楽しみ、という方も多いのではないでしょうか。

花見といえば桜がメインとなりますが、桜よりも早く楽しめるもおすすめです。桜とはまた違ったしっとりとした美しさは、思わず写真を取りたくなるほど。

そんな梅をたっぷり楽しみたいなら、茨城県つくば市で開催される筑波山梅まつりはいかがですか?

そこで、
・筑波山梅まつりとは
・梅の開花状況や見頃は
・2018年の開催日程や場所は
・見どころ
・アクセス情報

について順に紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

筑波山梅まつりとは

筑波山中にある梅林

筑波山梅まつりは、茨城県つくば市にある「筑波山梅林」で毎年春に行われているイベント。2018年で45回目を迎え、例年20万人以上の方が訪れるほどなんです。

筑波山梅林は筑波山にある、市営の梅林。標高877mの筑波山の中腹(約250m)地点にあり、気軽に散策が楽しめる場所です。

また筑波山自体もケーブルカーが設置されているため、登山初心者向けの山となっています。

観光のために開発

筑波山梅林は1966年(昭和41年)に、観光開発のために植林されたもの。また昭和49年に筑波山梅まつりが開催されるようになり、毎年春の風物詩となりました。

しかし梅林自体は管理が行き届かず、一部は放置されるように。その後2005年につくばエクスプレスが開業する事となっため、先立って2000年(平成12年)より再生計画が実施されるようになりました。

その結果、梅林が美しくなり、今では合計1000本以上もの梅が楽しめるようになったんですね。

梅の開花状況や見頃は?

筑波山梅林には白梅を中心に、約30種ほどが植えられています。

早咲きの品種もありますが、2月初旬ごろより紅梅から開花。追いかけるようにして白梅が開花し、2月中旬に見頃を迎えます

2017年の場合ですと2月中旬より見頃を迎え、梅林全体が満開となったのは3月の初め頃でした。

2018年の長期予報を見ると、関東地方の冬は例年通りの予報が。そのため梅の開花時期も例年通りと予想され、2月中旬頃に開花し下旬に見頃を迎えそうです

2018年の筑波山梅まつりの日程や場所は?

梅の開花に合わせて

筑波山梅まつりは例年、梅の開花時期である2月下旬から3月中旬に合わせて開催。2017年の開催期間は2月25日から3月20日まででしたので、2018年度も同じ頃に開催されると予想されますね。

2017年の情報を参考に、開催期間や会場のなどの情報もとに紹介します。

■開催期間(※2017年を参考にしての予想)
2018年2月24日(土)~3月21日(水・祝)

■会場
筑波山梅林(茨城県つくば市沼田)

■開園時間
原則自由(ただし施設などは16時に営業終了)

■入園料
無料

スポンサーリンク

筑波山梅まつりの見どころは?

絶景の梅林!

筑波山梅まつりで見てほしいのが、各所で楽しめる絶景です。

散策路には絶景ポイントがいくつもあり、いずれも美しい梅林が楽しめます。

特に梅林頂上付近にある、「展望あずまや」からはこれぞ絶景と言える風景が。天気が良ければ富士山やスカイツリーが見え、梅林との組み合わせは贅沢とも言えますね。

□第44回 筑波山梅まつり

*絶景ポイントも多く、体全体で春を感じられますね。

散策しながら美味しい食事を

花見と共に楽しみたいのが美味しい食事。散策路の中程にあるお休み処では、期間限定のお弁当が毎年販売されています。

梅をふんだんに使ったいなり寿司や、お肉をふんだんに使ったお弁当などが限定販売。またお肉入りの「つくばうどん」や、梅を使ったスイーツもあるので見逃せませんね。

楽しいイベント

筑波山梅まつりでは、例年楽しいイベントがたくさん開催されています。

2017年に行われたイベントの例ですと、ガマの油売りといった大道芸が。囲炉裏を囲んでお餅や梅茶をいただきながら、お花見を楽しむイベントも行われました。

また、お子様に嬉しいイベントとしては、「筑波山宝探し」があります。

これは筑波山全体で行われていたもので、各所に設置されたスタンプを集めるというもの。無事にゴールにたどり着けたら「金のガマ」がプレゼントされ、大人気となりました。

しかもこの「金のガマ」ですが、ひとつだけ「黄金でできたガマ」が当たるというおまけ付き。

2018年に開催されるかは未定ですが、ぜひ実施してほしいイベントですね。

アクセス

筑波山梅林へのアクセスは次の通りです。

電車・バスでは

つくばエキスプレスの「つくば駅」降りてすぐの「つくばセンター」バスターミナルに向かいましょう。

つくばセンターバスターミナルへは、東京駅から「つくばセンター行き」の高速バスに乗車しても到着しますよ。

梅まつりの時期は、つくばセンターバスターミナルからは「筑波山シャトルバス」が30分ごとに出ています。40分ほど乗車し「筑波山神社入口」で下車すれば、徒歩5分で筑波山梅林です。

車では?駐車場は?

車で行かれる場合は、常磐自動車道、あるいは北関東自動車道が便利です。

  • 常磐自動車道では土浦北ICを降り、下妻・つくば方面へ国道125号線を経由しで約20km
  • 北関東自動車道では桜川筑西ICを降り、つくば方面へ国道50号→県道41号を経由して約20km

で筑波山梅林へ到着します。

また、筑波山梅林周辺には、合計で500台程度停められる有料駐車場(普通車1日500円)があります。

ただ例年梅まつり期間中は大渋滞が発生していますので、可能であれば公共交通機関で行くことをおすすめします。

筑波山で楽しい一日を

光名所として作られた筑波山梅林は、歩道なども整備されて散策にうってつけの場所。そんな場所で開催される「筑波山梅まつり」は、様々な角度で私達を楽しませてくれます。

絶景ポイントも多く、富士山を眺めながら撮影を楽しむのもあり。美味しい食事を味わいながら、イベントを楽しむのも素敵ですよ。

早春の暖かな一日を、梅林が素敵な筑波山で過ごしませんか?